真珠の耳飾りの少女 詳細判明!画像解析で◯◯が見つかった!

社会
スポンサーリンク

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」の詳細が判明しています。

実は◯◯が描かれていました。

スポンサーリンク

真珠の耳飾りの少女 詳細判明

真珠の耳飾りの少女 詳細判明のニュースは、次のように報道されています。

オランダ絵画の巨匠ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)の世界的名画「真珠の耳飾りの少女(Girl with a Pearl Earring)」(1665年)を所蔵するマウリッツハイス(Mauritshuis)美術館は28日、同作に対し初の科学的調査を行ったところ、モデルとなった少女の「人間味」を高める要素が浮かび上がったと発表した。ただ、少女の正体は依然として謎のままだという。

出典headlines.yahoo.co.jp

 

スポンサーリンク

真珠の耳飾りの少女 画像解析

真珠の耳飾りの少女と言えば、次のような絵ですね。

しかし画像解析をかけると、

次のような発見がありました。

 同館によると、国際科学者チームが2018年2月から実施している調査により、少女の目の周りには肉眼では見えない小さなまつげが描かれていることや、一見何もない背景に緑色のカーテンが存在していたことが判明した。カーテン部分は「折り重なった布地」のようになっており、数世紀の間に黒く色あせたとみられる。

こちらが解析に使った合成画像です。

・小さなまつげ

・背景に緑色のカーテン

 

 同館によると、調査では非侵襲性のイメージングやスキャン技術、デジタル顕微鏡法、塗料サンプル分析法を使用。フェルメールが使った顔料や、さまざまな重ね塗りにより作品を生み出した過程が明らかになった。

例えば、フェルメールは少女の耳やスカーフの上部、首筋の位置をずらして絵の構図を修正していた。世界各地の原料も使い、群青色を作り出すために17世紀当時「金よりも貴重」だったアフガニスタン産のラピスラズリ(瑠璃)を使っていた。

一方、真珠自体は「錯覚」であり、「白い顔料の半透明で不透明なタッチ」により描かれ、耳飾りのフックは描かれていないという。【翻訳編集】 AFPBB News

スポンサーリンク

真珠の耳飾りの少女 詳細判明に世間の反応は?

解明されて面白いと思うと共に、謎は謎のままでいいと思う気持ちもあります。
NHKでダヴィンチの絵の謎も解明されてましたが、それもとても面白く、ただ、解明されてしまう少しの寂しさをもって見てました。

 

北方のモナ・リザとも呼ばれ、あの独裁者ヒットラーのお気に入りの絵だったそうだ。ホントかな?
でも、一瞬の表情を切り取った表現は現代的で詩的だ。

 

フェルメールは生前は困窮を極め作品も中々認められず死後に価値が上がった作品が多いですね。
教科書に載っているような作品の背景を知ると面白いですね。

 

この絵をモデルにした映画をかつて観にいきました。少女の配役が絵にぴったりで感激。時代背景も良くできていました。
青に使うコバルトが高価で、そのためにフェルメールがパトロン貴族の家族像を実際より美的に描くシーンが記憶に残っています。画家としては生活にも苦労したようで、ゴッホともども二十世紀以後にこんなに評価されるとは思ってなかったでしょうね。

 

あの自意識過剰な天才サルバドール・ダリが
かつて歴史上の画家の点数表を
いろんな観点から評価したことがあった。
たしかフェルメールはベラスケスと並んで
総合点で最高評価をされていたと思う。
ダリ自身による自己評価は意外にも
それほど高くはなかったので、案外と
謙虚?なところもあるのか、と笑
しかし同じくスペイン出身の天才ピカソに
対してはクソミソにけなしていて
やはりダリはダリだなとも思った。

 

この絵、昔大阪で見た。
美しさに感動した。他の絵も
素晴らしかった。
平日の昼間だったけど
おばちゃんがやたら多かった。
フェルメールブルーは
生で見ると本当に引き込まれる。
生で見ると以外に
他の作品では赤も凄いよ。

 

絵を傷まないように調査をして 何か作者の意図とかバックグラウンドが新たに発見されるので有れば 引き継ぎやってほしい。画家は無名の頃に知られていない人間関係とかあっただろうから そう言う事に想いを馳せるのも楽しみのひとつ。何か発見があっても まだ他もあるだろうから 次は誰の絵を調べるのでしょう。楽しみ!

スポンサーリンク

真珠の耳飾りの少女 詳細判明 おわりに

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」の制作は1665年頃と言われています。

現在の価値は100億とも、150億とも言われています。

今後解析が進むと様々なことがわかってくるのでしょうか。

味気ない気もしますね。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント