10連休 保育所問題で大炎上、そんな連休いる?

社会
スポンサーリンク

今年2019年の10連休で保育所問題が報道されています。

いったい10連休だと保育所にどんな問題が?

10連休保育所問題を調べてみました。

スポンサーリンク

10連休 保育所問題、嬉しくない!の悲鳴

今年のゴールデンウイークは、

皇位継承に伴い 4月27日~5月6日 まで連休になります。

 

そのために、嬉しい業種、嬉しくない業種に分かれてしまいます。

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000179.000003373.html

 

学生や公務員、土日祝休みの会社員は嬉しいとは思います。

でも、サービス業や主婦など困る業種もいます。

 

保育所が休みになるかどうかで、

子供を預けている保護者の家庭にも影響が出ます。

 

保護者からは開園してほしいニーズがあるので、

いまどうしたら良いのか、

様々な問題が出ています。

スポンサーリンク

10連休 保育所問題、現場が大混乱中

今回の問題を報道では次のように伝えています。

 

皇位継承に伴う4月27日~5月6日の10連休の対応で、石川県内の保育所・認定こども園が開園するか休園するか揺れている。保護者からニーズはあるが、運営費の一部を負担する市町の対応が未定で、休日出勤分の人件費などに支援が受けられるか分からないためだ。開園する場合は働き方改革も絡み、人手の確保が課題になる。

 「娘のことを思うと、仕事は休まざるを得ない。ゴールデンウイーク期間中は書き入れ時だが、仕方がない」。金沢市の自営業女性(36)はため息をつく。娘(3)の預け先からは「暦どおり休園になるだろう」と言われているという。医療や介護、美容師、観光業の関係者は「10連勤」もあり、こうした人々からは保育所の開園を求める声がとりわけ大きいとされる。

 122の保育所・認定こども園のある金沢市の場合、通常、多くの園は土曜は開園し、日祝日は休園している。日祝日も開園しているのは7園のみだ。7園以外も日祝日に特別に開園することは可能だが、その場合は人件費などに対する市の予算措置がないと難しいという。

 第一善隣館保育所(野町3丁目)は、休日保育を行う7園の一つだ。ただ、前例のない今回の10連休への不安は大きく、宇野孝一所長は「保育士、職員のスケジュール調整が大変だ。休園日を設けないと、スタッフが回らないかもしれない」と表情を曇らせる。同じく休日保育を行う、認定こども園ひょうたん(瓢箪町)の担当者も「連休中に最低3日は休園が必要だ」と指摘する。

 「保育士にとって大型連休の機会はそうない。ライフワークバランスを保つためにも、今回くらいは休ませたいというのが本音だ」。

 すずらん保育園(西金沢新町)の北篤司園長はこう語り、今のところ暦どおりに休園する考えだ。市から求めがあれば休日の開園を検討する準備はあるものの、「早く方針を決めてほしい」と話す。

 連休中の保育所の対応について、金沢市の担当者は「問題意識はある。ただ、過去に例のない大型連休で慎重に検討を進めている」と語る。連休を決めた国が対策を打ち出していないこともあり、他の市町も「現状は方針が決まらず未定だ」(七尾市)、「休日保育を求める保護者数の予測が難しい」(白山市)などと対応を決めかねている。

 10連休に関する特別法を審議した衆参両院の内閣委員会は「国民生活に支障がないよう万全を期すべきだ」とする付帯決議を採択し、保育についても政府に適切な対応を求めている。

 一方で、内閣府の担当者は「国として一律対応は難しい。自治体の工夫次第になりそう」と漏らす。認可保育所を所管するのは市区町村で、それぞれの判断になるという考えで、休日保育の態勢拡充を検討する自治体も出てきた。

 保育政策に詳しい日本総研池本美香主任研究員は「保護者や施設の自己責任にせず、国が主体的に自治体と連携して実態を把握し、対応すべきだ」と強調する。

出典headlines.yahoo.co.jp

 

・4月27日~5月6日の10連休に、保育所が開園するかどうか揺れている

・人での確保の問題、運営費を一部負担する市町村の対応が決まっていない

・介護、医療、美容師などのサービス業は10連勤の可能性もある

・金沢市の保育所・認定こども園では、日祝が休みの園がほとんど

・10連休は前例がないので、対応を決めかねている

・連休を決めた国が対応を出していないので、市町村が決められない

・国の見解は、市町村がそれぞれの判断になるという考え

・各自治体では、休日保育も検討している所もある

 

スポンサーリンク

10連休 保育所問題、保育士の反応は?

保育士さんはこの10連休問題をどう思っているのでしょうか?

 

保育士さんは現実的に見て、10連休は取れないと思っていますね。

やはり保育士さんの仕事からして、

10連休も取るわけにはいかないとの判断でしょうか。

 


保護者としては、保育所がやっていないと手放しで喜べませんね。

 

 

国が10連休にしたのだから、国が対応を考えて、市町村に必要な補助するべきでしょう。
うちは、夫が対応可能だが、妻は医療関係なので、10連休ではない。
保育士さんも休みたいだろうけど、実際問題として、困る人も多いでしょうね。
10連休を検討した時に、同時に考えないといけなかった問題ですね。

 

休園でいい!
少ない人でまわしたらまた問題が起きてしまう可能性があるし、なにより保育士が可哀想だ!今は保育園を利用する人よりも保育園で働く人へのケアが重要だ。

働き方を見直されているいま、

しわ寄せ先がいつも現場にきてしまうのは問題ですよね。

 

この問題は、もっと大きく報道して欲しいです。政府は連休は経済にもよい…というな感覚ですが、私の仕事はホームセンターです。こういう連休は、売上大チャンスと上は考えます。そうなると、従業員は平日より必要となります。保育園や学童に行ってる子どもの父や母は、どちらかは、仕事を休むことになります。連休が本当によいのか、考えてもらいたいです。(毎年GWだって、大変なのに。)病院が休みになるのも、考えていただきたい話だと、思います。もっと、報道をお願いします。

祝日の場合、サービス業はいつもより忙しく、人を確保しなければいけません。

 

でもパートやアルバイトで働いている若いお母さんなどは、

小さなお子さんを家に置いて仕事に出れませんよね。

 

10連休の負の部分があぶりだされてきましたね。

 

これからもっと様々な問題が出てくると思います。

政府はこのような問題を無視して決定したのでしょうか?

 

皇位継承の儀式は国民みなが祝福すべき行事ですが、

かと言ってこういった問題をないがしろにしていては、

祝福する気が失せてしまいます。

 

政府主導のはっきりとしたのガイドラインの策定が必要と思います。

 

 

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント