セブン時短 正式開始報道がヤバい!奴隷契約にオーナー反旗で?

社会
スポンサーリンク

セブンイレブンの時短営業が、正式に開始と報道されています。

いったいどういう問題なのかをまとめました。

スポンサーリンク

セブン時短 正式開始報道

   出典headlines.yahoo.co.jp

セブン時短 正式開始報道のニュースは、次のように報道されています。

セブンイレブン永松文彦社長は、25日夜放送のBS日テレ深層NEWS」の収録で、年内にも正式に24時間営業をやめる店が出てくる見通しを示した。

セブン-イレブン・ジャパン 永松文彦社長「(Q.例えば年内とか、年度内とかには始まる可能性はありますか?)そのお店では始まる可能性は十分にあります。(Q.年内くらいには?)はい」

人手不足などから多くのコンビニで24時間営業が困難となる中、セブンイレブンの永松社長は、年内にも一部店舗で正式に時短営業が始まる見通しを示した。

これまでセブンイレブンでは24時間営業を原則としてきたが、時短によって売り上げが減少しても、人件費の減少で経営が成り立つなどと加盟店が判断すれば、時短営業の開始を認めるという。

また、経産省が来年4月にもレジ袋の有料化を義務づける方針を示していることについて「やらなければならない」「業界全体でやった方がよい」と述べ、来週にも、コンビニ業界全体で有料化に向けた協議を始めたい考えを示した。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

セブンイレブン 時短営業、全店で?

セブンイレブンは24時間営業が基本で今までやっていました。

いつでも開いているのがセブンイレブンでしたが、

加盟店の判断で時短営業ができる、

と決めました。

 

そのため全店が時短営業をするわけではなく、

加盟店オーナーの判断に任されるようです。

 

あきらかに夜になると車の通り、人の通りも無くなる場所にあるセブンイレブンがありますが、

このようなお店も無理に営業をする必要がなくなるわけです。

 

あくまでも閉めることで採算が取れることが前提ですね。

 

セブンイレブン本体の利益は、

売上フィーだと思いますので、

売上が下がるのは痛手になり、

夜間営業の経費はオーナー側の負担になるため、

中間閉店はやりたくないのだと思いますが、

オーナー側の意向を無視したセブンイレブンの非情さに批判の声が上がっていました。

 

また夜間の商品配送ルートがあるでしょうから、

その組み直しも面倒になるでしょう。

 

スポンサーリンク

セブン時短 正式開始報道に世間の反応は?

公取委がコンビニの「24時間」見直し拒否で独禁法適用を検討していることが報じられたり、世間の強い反発があるなどで加盟店の負担軽減に向けた対策が求められていましたが、ようやく、セブンで24時間をやめる店が出てくるような状況になってきました。一歩前進であり今後の動きを注視したいところですが、抜本的な対策としては、ロイヤリティー(経営指導料)の引き下げなどが必要不可欠でしょう。ミニストップが加盟店との利益配分の見直しを検討すると発表していますが、セブンもロイヤリティーのさらなる引き下げを含めた利益配分の見直しを検討してもらいたいところです。

 

24時間営業にするかしないかを、店のオーナーが自分で選択出来るようにしないとダメだと思う。

 

これだけ早く対応できるなら、問題になった最初から対応してくれれば良かったのに。そうすれば、ここまで大きな話題にもならなかったでしょう。

 

結局は世間や国会での批判に耐えられなくなってやむを得ずに始めるんだろう。問題の発端となった大阪の件での脅迫めいた対応が招いたいわば自業自得。窮状を訴えるFCオーナーの意見に真摯に対応していればむしろ英断だと評価されている結果になったかもしれないが、既に後の祭り。24時間営業の件だけでなくどう見ても不可解なコンビニ会計と言われる本部側ばかりが利益を得られる仕組みやドミナント戦略までもその批判にさらされセブンイレブンのイメージそのものを低下させた本部側には何ら同情出来ない。とりあえずやらざるを得ないという消極的な対応でしょうけど、本来はオーナー側の意向で営業時間等の裁量を認めてるべき時代になっているでしょう。ポーズだけでは更なる批判は免れない。業界最大手という自覚が無ければ今後のコンビニ経営は廃れる一方となる懸念すら否定出来ない。

 

 

状況に応じて、話し合える環境が必要で
その中で時短が可能となる条件を提示し、満たすようであれば選択できるようにすればいい

ただ、フランチャイズオーナー達は思わなきゃいけないが、その店舗で起きた問題や不手際、クレームにつながる行為は全て、セブンイレブンと言う名にかかっていくと言うこと。
そうならないために、無理なシフトでの勤務になるようなら時短ってあるかもしれないが、現状いつでもあいてるが基本のコンビニが開いてないってそれだけで不満につながる可能性があることも知るべき
コンビニ経営は、他にもいろいろなところがあるので、事前に時短可能かとか条件をきちんと見るべきではないかとも思う。
今回の件はセブン側に問題があったと思うが、現状時短が許されていない契約だったのであり、それで契約を交わしているのであれば、オーナーにも問題がないとは言えないと思います。

スポンサーリンク

セブン時短 正式開始報道 おわりに

一時期もの凄い勢いでセブンイレブンが出店しましたが、

バタバタと閉店しています。

 

セブンイレブンオーナーは、

こんなはずじゃなかったと、

かなり苦しんだのかと思います。

 

セブンイレブンオーナーのためにも、

杓子定規なルールが撤廃されて良かったと思います。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント