芥川・直木賞 候補作発表がヤバい!候補作一覧表はこちら

社会
スポンサーリンク

芥川・直木賞 候補作が発表ありました!

候補作の一覧をお伝えします。

スポンサーリンク

芥川・直木賞 候補作発表

芥川・直木賞 候補作発表のニュースは、次のように報道されています。

 第161回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が17日付で発表された。芥川賞は2回連続となる社会学者の古市憲寿さん(34)の「百の夜は跳ねて」(新潮6月号)、台湾育ちの李琴峰さん(29)の「五つ数えれば三日月が」(文学界6月号)など5作品が候補となった。直木賞には朝倉かすみさん(58)の山本周五郎賞受賞作「平場の月」(光文社)など女性作家の6作品がノミネート。直木賞の候補が全員女性なのは初めて。

選考会は7月17日夕、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれる。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

芥川・直木賞 候補作一覧

出典headlines.yahoo.co.jp

 【芥川賞】

今村夏子「むらさきのスカートの女」(小説トリッパー春号)

高山羽根子(はねこ)「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」(すばる5月号)

古市憲寿「百の夜は跳ねて」(新潮6月号)

古川真人「ラッコの家」(文学界1月号)

李琴峰(りことみ)「五つ数えれば三日月が」(文学界6月号)

TVコメンテータとしても有名な社会学者の古市憲寿さんが2度目の候補に入っています。

 

【直木賞】

朝倉かすみ「平場の月」(光文社)

大島真寿美「渦 妹背山(いもせやま)婦女(おんな)庭訓(ていきん) 魂(たま)結び」(文芸春秋)

窪美澄「トリニティ」(新潮社)

澤田瞳子「落花」(中央公論新社)

原田マハ「美しき愚かものたちのタブロー」(文芸春秋)

柚木麻子「マジカルグランマ」(朝日新聞出版)

直木賞には窪美澄さん、原田マハさん、柚木麻子さんらが候補になり、6人全員が女性。候補者全員が女性となったのは芥川賞も含めて初めてです。

 

スポンサーリンク

芥川・直木賞 候補作発表に世間の反応は?

実力主義なら良いと思う。良い作品は男女関係なし。

 

選考会は出版社の奢りで飲み食いして
いいあんばいの時に
揉み手でもしながら主催者が受賞作を提案していそう・・・

 

必ずしも学問と絡めるのが正解とは言えないが、文学部の男女比を考えれば、こういうことが起こるのは自然ではある。
読書サークルでも9類好きは圧倒的に女子が多いしな。

 

文学作品はまず男性か女性かで特徴付けられることが多い。
真面目に選考すれば6枠もあるなら1枠は入れるのが本当。今まで一度も無かったと言うがそれが健全だと思う。
おそらく話題作りだろう。

 

ここ数年、なんだ、この程度で受賞出来るのかというものが多い。レベルに達する作品がなければ授賞しない方が良いと思う

 

古市氏が描く世界が候補作。
なぜか違和感を感じてしまう。

 

正直、
世界遺産と芥川賞、直木賞は
増えすぎてもうどうでもよくなった。

 

良作なら全員女性でも男性でも問題はない。各賞の権威なんてもうペラッペラなんだから。せめて年一回にすればいいのに。

 

どうも最近話題先行が過ぎるような気がする。
まぁ目的からしてそういう賞ではあるんだけど、受賞してもほんの一瞬しか話題にならない現状に危機感を持ったほうがいいと思う。

 

この賞レースがどういう選考してるのかは知らない。
世の中の流れをくむ面があるとするなら、全員女性でも全然おかしくないと思う。
ただ、純粋に作品の評価の結果、全員女性になったのかもしれないけど。
最終的には読む人が納得できたらそれでいいと思うなあ。

 

芥川賞も5人のうち3人が女性ですか。でも女性か男性かは関係なく、良い作品かどうかが問題であるのも事実です。
しかし、個人的にはここ数年間、作品内容紹介や選考委員の講評などに目を通した後に、その小説を読んでみようかなと思う受賞作に出会えていません。

スポンサーリンク

芥川・直木賞 候補作発表 おわりに

芥川賞や直木賞は年2回の選考があります。

そして昔から作者の話題性などが大きく報道されているので、

世間受けを狙っているのでは?と思うことがあります。

本当の実力で選べば男女関係ありませんので、

女性だけが候補になっても不思議ではありません。

どの作品が選ばれるでしょうか?

新しいニュースが入り次第、お知らせします。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント