有森也実 事務所独立がヤバい!理由は?介護生活と関係が?

芸能
スポンサーリンク

有森也実が事務所を独立していました。

事務所との間になにかあったのでしょうか?

スポンサーリンク

有森也実 独立

有森也実 独立のニュースは、次のように報道されています。

 女優の有森也実(52)が大手芸能事務所「スペースクラフト」から独立していたことが12日、分かった。今後はフリーとして活動する。民放関係者によると、先月末に円満退社し、社長と連名でテレビ各局に報告を済ませている。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

有森也実 事務所独立の理由は?

有森也実が事務所を独立した理由は、介護生活にありました。

 1984年のデビュー当時から同事務所に30年以上所属していた。だが2015年、長い介護生活の末に母を亡くし、芸能生活40年を目前にして自分自身を見つめ直したとみられる。今後は女優などのジャンルにとらわれずに活動する意思を見せているという。

有森は雑誌のモデルとして活動後、86年に映画「星空のむこうの国」に出演。同年、山田洋次監督の「キネマの天地」でブルーリボン賞新人賞を受賞した。

スポンサーリンク

有森也実 介護生活

有森也実は母親を2015年1月に亡くしました。

9年以上の介護生活の果てに、

母親は胃がんで亡くなりました。

また、父親は2017年1月に肺がんで亡くなりました。

両親は別居しながら最後まで離婚をしませんでした。

 旅行会社を立ち上げた正行さんと久子さんの間に有森が生まれたのは1967年。芸能界に入るという久子さんの夢を有森が叶えてくれた。中学3年のときに芸能界にスカウトされ、1986年に映画デビューを果たすやさまざまな新人賞を受賞し、人気女優となっていった。

しかしその一方で正行さんの仕事は思うようにいかなくなり、会社は倒産。1988年、正行さんは家族と離れ、ひとりで佐賀に戻って宮司になったのだった。

久子さんには娘の芸能活動を支えたいとの思いもあったし、正行さんだってそれを望まないはずはなかった。

引用https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/postseven/entertainment/postseven-556736

スポンサーリンク

有森也実 独立に世間の反応は?

さとみがいたからこそリカが引き立った事を忘れないで欲しい。

 

あのときの4名が
今も俳優 女優をしていて嬉しい。
すごいことだよね、
演技で食べていくって。
みんな素敵なひとたち。

 

当時はさとみにムカついてたけど、30年経ってから再放送見てカンチがさとみを選んだことに納得した。
私も大人になったんだな〜と感慨深かった。

 

この人と裕木奈江さんは、見た目と雰囲気がヒットドラマの役にはまり過ぎてしまい、役のキャラクターへのバッシングが、いつの間にか本人へのバッシングになっていました。それだけ演技力が高いと言うことなんでしょうけど、、、。

 

この方こそ女優って思いますね。
長い間苦しい思いをしたと思いますが、それは演技に皆が引き込まれてしまったから。
覚悟が違いますね。
尊敬ものです。

 

栗山千明さんと有森也実さん。スペースクラフトの有名どころが次々と独立。やはり何かあるのでは…と思ってしまいます。何はともあれ、お二人がこれからも活躍されるのを楽しみにしています。

 

美少女でしたよね。ドラマで宮川一郎太さんとの初々しいキスシーンが記憶に残ってます。セーラー服姿可愛かったなあ。写真の髪型あまり似合ってないので違う髪型にしたほうがいいと思います。

 

東京ラブストーリーで、模範となる女性像が自分なりに把握できました。
今でも、良い思い出です。

 

有森さんがデビュー作になった
キネマの天地という映画にしても
藤谷美和子さんが演じる予定だったのが
藤谷さんの降板により
有森さんに大役が回ってきたのもありました。

スポンサーリンク

有森也実 独立 おわりに

新天地でもがんばってくださいね!

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント