芸能界 バトン疲れがヤバい!みちょぱ「苦手なんで」 同調圧力?

芸能
スポンサーリンク

芸能界のバトン疲れが話題になっています。

バトン疲れとは?

バトンを止める人とは?

スポンサーリンク

芸能界 バトン疲れ

芸能界 バトン疲れのニュースは、次のように報道されています。

新型コロナウイルスの影響による外出自粛を受け、芸人たちの「ギャグつなぎ」はじめ、ミュージシャンの「うたつなぎ」など、SNS上で多数のタレントやアーティストなどがコラボレーションしている。一般ユーザーの間でも自己紹介を繋いだりと“バトン企画”が話題になっているのだが、一方で元AKB48の秋元才加などは「最近よく見かけるリレーとかバトンを私に回すのを遠慮して頂けると有り難いです」と投稿。それに共感の声も多数挙がるなど、多くのユーザーの“バトン疲れ”が浮き彫りとなった。人との接触の8割減を目指す社会のなかで、SNS上のコミュニケーションが有用な“生活必需品”になる一方、同調圧力や義務感による精神的負担もあるなど、本来持つはずの“エンタメ”の側面からやや逸脱しつつあるようだ。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

芸能界 バトン #ギャグつなぎ

たとえば芸能界でも #ギャグつなぎ はこんな形です。

SNS上で「次は○○さん」と指名してユーザー同士で次から次へと繋いでいく“バトン企画”。品川庄司の庄司智春が始めると芸人の間でつながれ、菅田将暉も参加するなどした「ギャグつなぎ」が4月22日には100人を突破。ジャニーズ事務所所属タレントの「Stay home with J」や各局人気女子アナが自作のおにぎりの写真をインスタに投稿する「#祈りのおむすびバトン」、「#家にあるものでコスプレ」で『鬼滅の刃』のコスプレをした藤田ニコルやロンドンブーツ1号2号の田村淳などが芸能界でも話題になった。

スポンサーリンク

バトン疲れってなに?正体は?

しかしバトンが回れば回るほど、

逆にバトン疲れが出てきました。

それが今回のコロナ禍絡みであったり、なにかの支援などの、世間的に“良いこと”と捉えられていることだったら、(断ったら批判を浴びるのでは…)といった不安感、(もちろん繋ぐのが常識だよね?)という義務感をなんとなく強要してくる世間…といった“同調圧力”的なものが生まれてくるのは必然ともいえるのだ。

その果てにあるのが“バトン疲れ”であるわけだが、芸能人・著名人の場合、(それなりの社会的地位があるのだから社会貢献するのも当たり前でしょ?)といった“見えない圧力”も、さらにのしかかってくる。

スポンサーリンク

芸能界 バトン疲れ みちょぱ

芸能界でもバトン疲れで、指名を止めている人もいます。

その結果、元AKBの秋元才加は「本当ごめんなさい」「毎日一生懸命生きているだけでも結構なカロリーを消費しているので、最近よく見かけるリレーとかバトンを私に回すのを遠慮して頂けると有り難いです」「無視した感じになってしまうのもちょっと心苦しかったので」…と“勇気ある”Twitter投稿をして話題になった。

他にも同じく「苦手すぎてやろうとは思ってるんだけど無視しちゃってますが悪気はないんです」と池田美優(みちょぱ)も告白。俳優の浅野忠信も「すいませんバトン系しばらく休みます。」と投稿するなど、芸能界において“バトン疲れのカミングアウト”が相次いだ。

スポンサーリンク

芸能界 バトン疲れは、バッシング警戒?

バトンを繋がないのは、バッシングへの予防線にありました。

これはバトンを繋がなかったことに対するバッシングへの“予防線”ともいえるだろう。だが、その告白には共感の声が多数集まり、一般ユーザーの間でも同じように多少無理しつつもバトンを繋いでいた状況が見られるようになってきている。これらの“バトン疲れ”について、「10年位前のmixiの記憶がぶわっと襲ってきた」と言った経験談や、「バトン疲れが垣間見えるので回すのは遠慮しますね」「バトン疲れの方も散見されますのでひとまずストップ」といった、自ら“アンカー”を志願する一般ユーザーのコメントが多数見受けられたのだ。

2011年の東日本大震災の際の“絆”、そして現在の“STAY HOME”など、有事だからこそ今のSNS時代ならではのバトン企画から人々を勇気づけるコンテンツが生まれ、楽しく続いているものもある。当然、今回のバトン企画も辛い外出自粛を救おうとするものだ。だが、こういったバトンを引き継ぐ“義務感”だけではなく、当然それを断る“権利”もあるはず。エンタテインメントが“苦しいもの”になってはまさに本末転倒であるし、ほんの少しだけの、あえて繋がないことを許す“心の余裕”を心掛けたい。

スポンサーリンク

芸能界 バトン疲れに世間の反応は?

同調圧力が強すぎる。
中には無理して、いやいや参加している人もいるだろう。
それが透けて見えちゃう人もいるからやめた方がいいんじゃないかな。

 

気持ちは理解できるが…
強制的なバトンでは意味が無い。。
相手の気持ちを理解して繋いで行かなければ
ただの「不幸の手紙」にしかならない。。

 

記事中にもあるが、チェーンメールなどは非常に問題があって、「これは良いこと」を掲げてやると誰も逆らえない的な圧力がかかる事、特に悪用する連中もいる事も頭において、しっかり考えないといけない。
気楽にやってる連中はそこまで考えなくてもテキトーに回せばいいでしょくらいでやってるんだろうとは思うが、そういうノリ自体が肌に合わない人もいるし、プレッシャーに感じる人もいる事くらいは認識すべき。

 

これは始まった時から思ってました。
まだ芸能人は外交的な人が多いから成り立ってますが、そうでもない私は想像するだけで苦痛です。

スポンサーリンク

芸能界 バトン疲れ おわりに

やりたい人だけやれば・・・と思います。

芸能界ではうまく話題になる人もいれば、

逆に止めることで個性を発揮する人もいますね。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント