斎藤工主演映画 お叱り、国会議員が問題にしたシーンは五輪中止だった

芸能
スポンサーリンク

斎藤工主演映画がお叱りを受けていると話題になっています。

なぜ斎藤工の主演映画がお叱りを受けるのか?

とんでもない事件でも起こしたか?

斎藤工主演映画について調べてみました。

スポンサーリンク

斎藤工主演映画がお叱り、相手は国会議員だった

斎藤工主演映画がなぜ叱られ、公開中止になりそうなのか、

詳しくはこちらの記事で報道されています。

俳優の斎藤工(37)が12日、都内で行われた「ベストフンドシストアワード2018」受賞式に登場し、主演映画「麻雀放浪記2020」(4月5日公開)が“公開危機”に陥っていることを明かした。

1月31日に国会議員の麻雀議連限定試写を開いた際、東京五輪が中止となる映画の設定に“クレーム”が入り、斎藤は「(公開中止になる可能性が)あります」と渋い顔。マスコミ向けの試写は行わない方針で「設定自体がお叱りを受けています。試写をしてしまうといろんな指摘を受けて、(公開予定が)ゼロになる可能性もあるので、強行していきたいなということですよね」と内情を明かした。

関係者によると、斬新過ぎる脚本に当初から「公開できるのか…?」と危惧する声が上がっており、昨年末の時点で作品は完成していたもののマスコミ向け試写の中止を決断。試しに議員試写を行ったところ、疑問を呈され「やっぱり…」となったという。

出典headlines.yahoo.co.jp

・俳優の斎藤工さんがイベントで話した内容が話題に。

・主演映画「麻雀放浪記2020」の公開が危機になっている。

斎藤工さんは主演の坊や哲を演じている。

・人気小説「麻雀放浪記」を、白石和彌監督がを大胆解釈した作品

・国会議員の麻雀議連限定試写で、東京五輪が中止となる映画の設定にクレームがついた

・東京五輪が中止になる設定が入っている

・マスコミ向け試写の予定はない

スポンサーリンク

斎藤工主演映画がお叱り、公開中止?

 

 

とは言うものの、これは斎藤工のリップサービスっぽいです。

 

実際には公開中止にはならない雰囲気です。

 

麻雀放浪記は阿佐田哲也の小説が原作です。

漫画にも映画にもアニメにもなっています。

いかさまありの博打打ちの麻雀の世界を描いています。

スポンサーリンク

斎藤工主演映画がお叱り、映画に政治介入?

麻雀放浪記2020が公開中止という噂は、

宣伝の臭いがします。

 

宣伝でしょう。

政治介入によって完成した映画の公開が中止になるなんて聞いたことがないし、そもそも麻雀映画が五輪に影響を与えるわけがない。
真に受けている人もいるみたいだし、これはちょっとたちが悪い。

 

個人的には、政治色が強いとか、犯罪に絡むとかじゃなければ、フィクションなんだから、いいのでは、と思う。
まぁ、賛否あるけど、頑張ってる人が多い中、良い気はしないでしょうね。

しょっちゅう壊されてる、東京タワーもあるし、広い心で、と言うわけにはいかないのかな。

石頭の議員さんは東京五輪絡みの問題が、次から次と出てくるから、映画で東京五輪が中止という設定が、縁起でもないと思われたのでしょうね。縁起でもないと思うのであれば、もっとしっかり問題がでないよう対処してください!

ごもっともです。

東京五輪はフランスの方から捜査の手が伸びていて、

開催前にケチがついています。

東京五輪 汚職

 

映画という影響力によるもので指摘が入るのは分かります。
それを連想させる事象がロゴから工事予算、場所選定にいたるまであったからです。それは、仕方ないことですが中止を訴えた時点で作品表現の規制が厳しいと思います。

麻雀という狭い世界にまで介入しイメージ保護に走るのは早計であり、指摘したことが公になった時点で私はこれまでの東京オリンピックの不手際を思い返すことになったし、またそれをかき消そうとする行為自体が残念で仕方ないと思います。

狭い日本、人口も減少しているなかこれ以上狭くしてどうしたものか。考えてしまいます。

 

そういうことではなくて、

議員さんの言葉尻をとらえて、

宣伝に使っただけだと思いますよ。

 

 

 

私は麻雀はわからないのですが、

麻雀漫画、漫画アニメが好きで、アカギや哲也とか見ていたので、

この斬新な設定の「麻雀放浪記2020」は楽しみです!

コメント