元ブルゾンちえみ 限界告白がヤバい!フリーの理由は?真逆のキャラだった?

芸能
スポンサーリンク

元ブルゾンちえみの限界告白が話題になっています。

ブルゾンちえみの名前を手放して、フリーになった理由は?

スポンサーリンク

元ブルゾンちえみ 限界告白

元ブルゾンちえみが、フリーになった理由は単純明快でした。

「ブルゾンちえみ」というキャラクターは、上から目線でバシッと自分の考えを表現するけれど、本当の私の性格は、実は正反対
周りの空気を読みながら、マイルドに本音を伝えようとするタイプです。
だからこそ、「ブルゾンちえみ」というペルソナをつけて、自分とはまったく違う性格を演じることは本当に楽しかった。
それによって自分自身を解放できて、何度も救われてきたのも事実です。
でも、仮面をつけて自分を偽り続けるのはもう限界でした。

スポンサーリンク

元ブルゾンちえみ 「みんな~、本能で生きてる~?」

元ブルゾンちえみは、自分に嘘をついて生きていることが辛かったようです。

ブルゾンちえみがよく言う言葉に、「みんな~、本能で生きてる~?」というのがあります。それに対してみんなが「生きてる~!」ってレスポンスしてくれる。
その場はものすごく盛り上がるし、私もファンの方々が喜んでくださる声を聞くのはすごく嬉しい。
でも、その時間が終わって我に返ると、そう言っている自分自身が本能で生きていないんです。
これじゃ何の説得力もありません。それもつらかった。

スポンサーリンク

元ブルゾンちえみ ピース綾部に励まされる?

元ブルゾンちえみは、妥協していく人にはなれないと言っています。

私は妥協して生きていくような大人にはなりたくなかった。もちろんいろんな人がいていいと思うけど、挑戦しようとする大人もいないと、子供たちが大人になることに夢を描けなくなりそうなのがすごく嫌だったんです。「何のために生きているんだろう?」なんて、若者たちには絶対に思ってほしくない。だから、ピースの綾部(祐二)さんがニューヨークに拠点を移した時は、何歳になっても挑戦するってすごい、私も頑張ろうとパワーをもらえました。

スポンサーリンク

元ブルゾンちえみ フリーのきっかけ

元ブルゾンちえみがフリーを決めたきっかけは、

単独ライブでした。

私が事務所をやめてフリーになろうと考え始めたのは1年前。ちょうど今年の3月31日が契約の更新日だったことも、このタイミングで独立した理由として大きかったです。

でも直接のきっかけは、去年の3月に初の単独ライブをしたことでした。

「ライブで自分のやりたいことはこれだったんだ!」と思えるほどの達成感を得た一方で、終わった後、「よし、打ち上げだ。イエーイ!」という気分にはならなかった。

こういうエンターテインメントをやりたい、こんな私を見てもらいたい、と思っているのに、実際にお金を稼いでいるのはテレビの仕事。

一方、単独ライブのためには自分でお金をかけて、用意しなきゃいけないこともたくさんありました。これじゃ仕事ではなく趣味なんじゃないか、このままでいいのだろうか、と違和感を覚えてしまったんです。

スポンサーリンク

元ブルゾンちえみ イタリア留学の理由は?

元ブルゾンちえみはコロナがなければイタリア留学するはずでした。

なぜイタリア留学だったのでしょう?

本当なら、4月13日からイタリア留学が始まるはずでした。

何でイタリアかって? 私、2018年4月1日から「10年日記」をつけ始めたんですけど、その翌日からもともと興味のあったローマ、フィレンツェ、ミラノの3ヵ所をプライベートで回ったんです。

それはそれは楽しくて、イタリアに一目惚れ。中でもローマがすごく気に入っちゃって、いつか絶対にローマに住むぞって決めて帰って来ました。

スポンサーリンク

元ブルゾンちえみ 限界告白に世間の反応は?

一発屋が一発にしがみつかない生き方
確かに清々しい
ブルゾンの時は何も感じなかったが
これからが気になる方

 

要するに向いてなかったってことだよね。
テレビに出るということは、誰もが少なからず演じているんだと思う。
それを貫き通せなかったということは向いてなかったと言うしかないね。
そこに気が付いて自ら舵を切ったのは正解だと思う。
そういうことで芸能界を去る人っていっぱいいるしね。
職業選択の自由は誰にでもあるんだから、自分に向いている仕事を探すのが一番だ。

 

雛壇にいても、どこか落ち着いた雰囲気を持ってる方だなと以前から感じていて、おそらくお話したら安らぎを感じる人だろうなと思ってました。
人の人格は一つではありません。ブルゾンさんも藤原さんも同居していて、改めて自分を見つめ直した時に、今の自分で生きようと思ったんでしょうね。
そして選択した今のが合ってると思います。
笑顔が素敵な方ですから、多くの方に喜びや安心を与えられるのでは。
応援しています。頑張ってください。

 

個人的には、35億のネタのどこがおもしろいのかはさっぱりわからんかったが、この人結構賢い人だから、一発屋でも売れれば会社も儲かって、本人も次のステップに進めるきっかけになったのだから良いことだと思う。隣にいたブリリアンもついでにメジャーになり、そしてそれぞれ次のステップにつなぐことができてよかったんじゃない?一発も出ない人も沢山いる世界、この機会を無駄にせずにれからも頑張ってください。

 

TVの出演者はあくまで番組を盛り上げる素材であり、本音は必要とされてない。
それでいて共演者が好きでも嫌いでも仲良く振舞うのが仕事。
彼女に限らず芸能人は自分のペルソナで生きる息苦しさを抱えているでしょうね。

 

「しかも求められるのは、あくまでブルゾンちえみとしての発言です。自分自身の言葉でしっかり語りたくても、バラエティ番組のひな壇に並んでいる限り、それは求められない。」
これは非常に意外
ひな壇でも本音で普通のことを話しているようにしか見えなかったので
逆に「自分自身の言葉」だったら何を言っていたのかメチャクチャ気になる

 

素晴らしいと思います。言葉に力がある。きっとこの方は今後も大丈夫でしょう。自分で考え、自分で決めて、後悔しない生き方をする。心から応援します。

 

芸能界は彼女にとって大きなステージだったと思うけど、徐々にそこに固執するだけの魅力ややりがいを感じられなくなっていたんだろうね。
それでも、続ける事も出来ただろうけど、スパッと次の自身の気持ちが向く所にチャレンジする精神や姿勢は中々出来るものではないと思います。次のステージでも頑張ってください。

 

「藤原史織」としてはまだ何も実績がないのに、いきなり表紙とは驚き。ブルゾン時代の末期は、もう「心ここにあらず」状態でしたものね(「行列」に出ていて一言発したか発しなかったか位の日もあった)。
まだ若いので、思い切った決断も悪くないのでは。「藤原史織」として頑張ってほしい。

 

正直最近のテレビ番組への出演を見てても、存在意義がよくわからなかったし、発言も芸人のものではなかった。
でもそれは一番自分が分かっていて葛藤してたんだね、、中途半端な立ち位置でずるずる芸能活動を続けるより、スパッとやめて新しい道へ進むことって口で言うのは簡単だけど、なかなか出来るものではないと思う。
英断をした藤原さんを応援したいと思いました。

スポンサーリンク

元ブルゾンちえみ 限界告白 おわりに

元ブルゾンちえみの心の葛藤がわかりました。

一番苦しんでいたのはブルゾンちえみさんだったのですね。

これから本名で頑張ってください。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント