2代目の評価が微妙だった車がヤバい!初代と比較 シティ、パンダ

社会
スポンサーリンク

2代目の評価が微妙だった車が話題になっています。

初代と2代目を比べてみましょう。

スポンサーリンク

2代目の評価が微妙だった車

2代目の評価が微妙だった車のニュースは、次のように報道されています。

 各自動車メーカーは、ヒット作を生み出すために新型車の開発をおこなっていますが、すべてのクルマがヒットするとは限りません。

これまで生産されたクルマのなかには、目論見どおりヒットしたモデルはありますが、代替わりと同時に販売が低迷してしまったケースも存在。

そこで、ヒットした初代と比べて評価が微妙だった2代目のクルマを、5車種ピックアップして紹介します。

スポンサーリンク

2代目の評価が微妙だった車 シティ

まずはホンダのシティです。

初代のシティは大ブレイクしていますよね。

どんな車か見てみましょう。

このCMが大ヒットしました。

いまだにこのCMは車のCMで最高のものだと思いますよ。

アクの強かった初代が、二代目になると・・・

ロー&ワイドに大変身。

キャラが替わりました。

 1981年にホンダは、大きくなった「シビック」の代わりとなるコンパクトカー、初代「シティ」を発売しました。

シティは当時のコンパクトカーの概念を覆すほど全高が高く、広い室内空間を実現したことによる使い勝手の良さから大ヒットします。

翌年には、最高出力100馬力を発揮する1.2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載した「シティターボ」が登場。さらに1983年には、インタークーラーを追加して110馬力までパワーアップした「シティターボII」、1984年にはオープンモデルの「シティカブリオレ」を発売するなど、話題が尽きませんでした。

そして、1986年に2代目にフルモデルチェンジされると、初代から大きくコンセプトが変えられ、全高の低いロー&ワイドなフォルムとなります。

エンジンは76馬力を発揮する1.2リッター直列4気筒を搭載し、軽量な車体とワイドトレッドが相まって、走行性能とコーナーリング性能が大幅に向上しました。

しかし、初代の斬新な発想や過激なまでの高性能モデルがなくなったことで、2代目シティはトータルバランスに優れたモデルでありながら、大ヒットには至りませんでした。

スポンサーリンク

2代目の評価が微妙だった車 ヴィッツ

トヨタのヴィッツはデビューした時は斬新なデザインと、

コンパクトカーとしての性能、安さで大ヒットしました。

そして2代目がこちら

大きくなってデザインはキープコンセプトですが、

先進性がなくなり、性能も凡庸なものになりました。

トヨタ初代「ヴィッツ」は1999年に発売された新世代コンパクトカーで、従来のトヨタ車とは一線を画すシンプルさと走りの良さが、欧州のコンパクトカーのようだと高く評価されました。

発売当初は1リッターエンジンを搭載する、いわゆる「リッターカー」で、コンパクトな外観ながら広い室内空間を確保するなど、優れたパッケージングを実現しています。

そして、2005年に登場した2代目は、基本性能/居住性/機能性/品質までにこだわり、一段階上の水準が追求されていました。

新開発のプラットフォームにより全長3750mm×全幅1695mm×全高1520mmと、5ナンバーサイズの上限に近いワイドボディとなり、室内空間やラッゲージルームが拡大されて使い勝手の良さが向上。

クルマそのものは進化しましたが、初代ほどの斬新さが薄れたことや、ベーシックグレードの1リッターエンジンが4気筒からダイハツ製の3気筒にスイッチされてしまったことがマイナス要素となり、セールス的には成功したものの、初代を上まわる評価は得られませんでした。

スポンサーリンク

2代目の評価が微妙だった車 フィアット「パンダ」

フィアットの初代パンダは日本でもよく見ましたね。

角ばっていて意外に女性にも人気のデザインでした。

そしてイメージがまったく違う2代目です。

 1980年にデビューしたフィアット初代「パンダ」は、ジョルジェット・ジウジアーロ率いるイタリアの「イタルデザイン」が開発を担当したコンパクトカーです。

全長3380mm×全幅1460mm×全高1445mmのコンパクトな3ドアハッチバックボディは、直線と平面で構成されており、内装をシンプルなトレー式ダッシュボードや、フレームに伸縮性のあるキャンバスを張ったハンモックタイプのフロントシートとするなど、コストの削減と優れたデザイン性を両立。

FFとしたことで広い室内を確保した優れたパッケージングにより、欧州を中心に大ヒットしました。

そして、2003年に登場した2代目パンダは、全長3535mm×全幅1590mm×全高1535mmと大幅にサイズアップされた5ドアハッチバックとなり、広い室内とSUV風のルックスで、好調な販売を記録。

しかし、日本では2代目に対しての評価は分かれ、さらに、元々はパンダとして売るはずではなかったという逸話も出てくるなど、一部のパンダファンからは疑問の声があがっていました。

スポンサーリンク

2代目の評価が微妙だった車 セフィーロ

日産のセフィーロは今で言うティザー広告で、

発表まで車の性能よりもイメージを優先したCMを打っていました。

こちらのCMが大ヒットしました。

初代はこちらで、

二代目はオーソドックスなデザインになり、FFになり人気がなくなりました。

 1988年にデビューした日産初代「セフィーロ」は、プロジェクターヘッドライトを配したモダンなフロントマスクや、流麗なフォルムのデザインを採用するなど、それまでの日産車から大きく変化したセダンでした。

初代は全グレード2リッター直列6気筒エンジンのFRレイアウトで、「セフィーロコーディネーション」というセミオーダープランを設定。3種類のエンジンとサスペンションによる9通りの組み合わせを選択できるだけでなく、車体色と室内色の組み合わせが選べたことも特徴です。

また、「くうねるあそぶ。」のキャッチコピーも話題となり、セフィーロは幅広い年齢層から支持を得ます。

そして1994年に、新開発のV型6気筒DOHCエンジンを搭載するFFとなった2代目セフィーロを発売。

ボディは北米市場をターゲットとしたため、全長4760mm×全幅1770mm×全高1410mmと大柄で堂々としたスタイルとなり、広々とした室内空間を実現したことが評価され、販売も好調に見えました。

しかし、初代セフィーロの斬新なイメージとは異なるオーソドックスなデザインや、こだわりのあるオーナーからはFRでないこと、直列6気筒エンジンでないこと、ボディが大きくなったことなどが不評で、後に初代が再評価される結果となり、中古車市場では初代の人気が高まる結果となりました。

スポンサーリンク

2代目の評価が微妙だった車 エスクード

スズキのエスクードは、

本格的なオフローダーとして登場しました。

二代目はこちら。

デザインが丸っこくなり、初代のギア感が薄まりました。

 1988年にデビューしたクロスカントリー4WD車のスズキ「エスクード」は、全長3560mm×全幅1635mm×全高1665mmのコンパクトサイズながら、直線基調のデザインが力強さを表現し、高く評価されました。

高い悪路走破性を持ちながらも乗用車的な内装デザインとすることで、シティユースでも使い勝手が良く、国内外で人気を獲得します。

1990年には最高出力の向上や、後部をハードトップ化した「レジントップ」、全長を415mm延長したロングボディの「ノマド」が追加されるなど、幅広いニーズに対応。

そして、1997年にモデルチェンジされた2代目は、3ドアで全長3810mm×全幅1695mm×全高1685mmと少しボディサイズが大きくなるとともに、初代のシャープなイメージを捨て、丸みを帯びたデザインに一新されます。

しかし、使い勝手は向上したものの、デザインについての評価は先代を超えられず、2000年にはフロントフェイスが変更されました。

また、搭載されたエンジンは1.6リッターから2.5リッターV型6気筒まで用意されていましたが、クロスカントリー4WD車として重要なアイテムである、マニュアルトランスミッションが選択できるのは1.6リッターモデルのみというのも、マイナスポイントとなってしまいました。

スポンサーリンク

2代目の評価が微妙だった車に世間の反応は?

車の名前と形のイメージが固定化したのが原因だと思う。ドカンとヒットしたドラマで俳優がイメージチェンジしにくいとか、ヒット曲の次が中々続かないアーティストと同じではないでしょうか?

 

初代シティはスタイル重視の車。モトコンポが積める……ってのも良かった。あの形が人気だったのに、二代目はね。
乗ってみると間違いなく二代目が良い。二代目でシティ・ターボⅢってモデル出してたら、もしかしたら話題沸騰したかも。シビックの立場や、当時のホンダを考えるとターボはあり得ないと思うが。

 

初代が良かったのはホンダインスパイア。最初はアコードインスパイアだが、独創的なスタイリングと雰囲気のいい内装が魅力的だったな。
ただレイアウトが少々無茶があったのと、中が狭かったのを覚えている。
シティは本来2代目用意するつもりがなく、トゥデイの大きいのが出来たためと、営業サイドから依頼があったから出した。と言う話を聞いたことあるな。
同じようなはなしで、フォードフェスティバも初代と2代目が全く違ったな。

 

「トヨタ・ist」も、2代目になって人気が急降下する結果となり、結局、継代されずに終売した。
「初代ist」は、クールでスタイリッシュなデザインが好評で、クロスオーバー風スタイルが人気があり、オーバーフェンダーが特徴的なコンパクトカーだった。
「初代ist」のデザインが気に入り、現在でも大切に乗っているユーザーも存在する。
ところが、2代目になって、海外に軸を置いたため 肥大化して 3ナンバー車となり、デザインもまとまりのないクルマとなってしまった。
その影響で人気が急降下し、結局そのまま終売することになった。

 

GA2型シティは隠れた名車だ。
ボディサイズも絶妙に良くジムカーナでも頑張ってくれたしな〜
元々の素のハンドリングも良いんだよね〜
1代目のインパクトが強すぎたので勿体ない1台でしたね。
当時は大人気シビックもあったし世間的にはあまり日の目を見ることも無かった車でしたね。

 

新型が発売されしばらくすると目も慣れてくるけれど、それでも
絶対に前の形が良い!初代が良いという車は本当にありますね!
外車にも多いです、最近だとBMW1シリーズやMINIも全種一世代前が格好良いという方が多いですね。絶版になってしまったがビートルも
同じ感じは個人的にはしてた。もちろん性能は素人にはわかりませんのであくまでデザインだけなんですが。そういえばスズキのスイフトもかなぁ。

 

初代セフィーロは走り屋に人気だったなー。
昔はまぁクルマでヤンチャする人がいる時代故に
クルマは売れてたみたいな所があるので
アウトローを徹底的に排除する事に成功した世界は
今のような、必要な人が必要十分なクルマを買うだけという
すごく分かりやすい状況になる。

スポンサーリンク

2代目の評価が微妙だった車 おわりに

初代が人気だと2代目は人気を落とすものです。

最近はジムニーのようにレトロな直線基調のデザインが人気ですよね。

この新型のジムニーはシャープな直線基調に戻して大成功しましたね。

個人的には昔の角張ったデザインが好きです。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント