長州力引退試合 完売の真相、相手は前田、藤波?

スポーツ
スポンサーリンク

長州力引退試合が完売、とニュースになっています。

長州力は一度引退していますが、すぐに復帰しています。

今回は2度目の引退試合となりますが、

チケット完売とは恐れ入ります。

スポンサーリンク

長州力引退試合 完売

 

今回のニュースは次のように伝えています。

 プロレスラー長州力(67)の引退試合「POWER HALL2019~New Journey Begins」(6月26日、後楽園ホール)の前売り券が26日までに完売したことが27日、分かった。

主催する「リデットエンターテインメント」は、チケットペイで立見券(4000円)を販売することを決定した。立見券が完売した場合、当日券の販売は行わない。

長州引退興行は、現時点でカードが発表になっていない。にもかかわらず、しかも開催4か月前での指定券が完売した異常人気は、「最後」の革命戦士を見届けたいファン心理と長州のカリスマ性を証明した形となった。

引退試合に関して長州は、昨年12月28日に後楽園で行われたファイナルロード第一弾「POWER HALL2018~イヤー・エンド・スペシャル~」で対戦相手を「それはやっぱり藤波辰爾でしょう」と昭和から平成にかけて名勝負数え歌を展開した永遠のライバル、藤波辰爾(65)を指名した。

この思いを受け、藤波もスポーツ報知の取材に長州の要望を受諾し「どういうカードなのかわからない。長州が何を要求するのかまだ分かりませんが、タッグであろうが、シングルであろうが彼の要求するままを受け止めたい。名前を出された以上は受けて立ちます」と明かしている。

出典headlines.yahoo.co.jp

ニュースをまとめますと、

・長州力の引退試合が2019年6月26日にあります。

・2019年2月26日に、チケットが完売しました。

・あとは立見席のみの販売になります。

・場所は後楽園ホール

・対戦カードは未定

・4か月前にチケットが完売する異常人気です

スポンサーリンク

長州力、2度目の引退試合だけど

元IWGPタッグチャンピオンのパートナー、飯塚高史も今年引退しています。

飯塚高史は52歳と、長州力よりも若いですが。

 

長州力は67歳、
1974年8月8日にデビューし、
1998年1月4日に引退をしています。

 

東京ドーム大会で引退試合は、

藤田和之、吉江豊、高岩竜一、飯塚高史、獣神サンダーライガーの5人掛けでした。

 

その後、2000年7月30日に現役復帰しています。

 

なので、今回の長州力の現役引退は、

2度目の引退試合となるのです。

スポンサーリンク

長州力引退試合、相手は前田日明?

 


先日の試合ではセコンドの前田日明に突っかかっていました 笑

 

人気が根強いなあ。いろいろ言われがちだが、それを含めて、金を払って見たいレスラーであることは確か。

 

タッチの手を差し出した藤波にまさかのビンタ。
あの衝撃的な画は今でも忘れようがない。
当時小学生だった僕が長州に惹かれるには充分過ぎるカッコ良さだった。
張り手の応酬だけでもいい、シングルで観たい。
2人の間には誰も入れない。

 

長州さんだけに限らないけど、プロレスラーは一体何回引退するんだろうって感じることが少ないない‥引退って聞いてもう見れないのかって惜しんでたら数年経って復活みたいなことも当たり前にあるし。でも年齢的に今回が長州さんにとっての本当のラストになるんだろうと思う。革命戦士長州力もうかれこれプロレスファンになって昭和の時代から終始見てきた選手のひとりだけにかれこれ30数年リキラリアットにサソリ固め代名詞の技を見てきたことになる。藤波さんとは古くは噛ませ犬発言も有った過程を考えると向かい合った方が面白いかも知れないですし、ここに藤原組長も関わってくるとか?いずれにしても有終の美を悔いなく遂げてもらいたいとその様に思う。

 

最近G+で全日で暴れてる頃の長州を観た。
小学生以来だ。
今の視点で見てもあの頃の長州はカッコいい!
努力のトレーニングあってのあの身体は凄い。
引退間近の今でもあの身体は凄い。
本当に良いプロレスラー
まさに本物。
引退まで怪我なく頑張ってください。

 

カード発表なくてもパワーホールで長州が入場するだけで元が取れるよ!
更に藤波、前田、浜口、武藤は来るだろうし猪木も来るかもね!
そんなことを期待しながら当時まで待てるのがまた楽しみ。

 

お目当ての選手の引退試合なら対戦相手がだれであろうと関係ないと思います。長州の最後の相手はだれになるのかな。藤波かな。それとも前田かな。天龍かな。浜口かな。はたまた猪木かな。そんなことを考えるのがプロレス的で面白いんであって、あらかじめカードを発表していてもつまらないかもしれない。少なくとも、デビュー当時から吉田光雄を知っている者としては、長州力の最後を飾るにふさわしいレスラーとの対戦を希望しています。

 

今の人たちには考えられないかもしれませんが、

金曜20時、今のミュージックステーションの番組枠で、

新日本プロレスの番組ワールドプロレスリングが生放送でやっていました。

 

視聴率は毎週の視聴率が20%以上の時代です。

 

そのため長州力の時代の選手の顔、名前を知っている人が多いのです。

 

人気、知名度抜群の長州力のラスト?の引退試合が、

2000人規模の後楽園ホールで良いのかな?と思った記事でした。

コメント