2019年 今年1番面白かったドラマがヤバい!1位は?3年A組?

芸能
スポンサーリンク

2019年、今年1番面白かったドラマは?

順位を見てみましょう。

スポンサーリンク

2019年 今年1番面白かったドラマ 10位~7位

今年1番面白かったドラマランキングは以下のとおりです。

女子SPA!では「2019年一番面白かったドラマ」を30~40代女性200人に聞いてみました

今年放送された中で「面白かった」と印象に残っているドラマは?(複数回答)

10位 俺の話は長い <日本テレビ> 13.5%

9位 家売るオンナの逆襲 <日本テレビ> 15%

8位 偽装不倫 <日本テレビ> 15.5%

7位 まだ結婚できない男 <フジテレビ> 16.5%

10位 俺の話は長い

9位 家売るオンナの逆襲

 8位 偽装不倫

32歳で独身の主人公・濱鐘子(杏)が、旅先で出会った伴野丈(宮沢氷魚)に既婚者だと嘘をつき、恋が始まるというストーリーでした。妙齢女子のリアルを描かせたら右に出るものはいない東村の原作マンガをもとに、ドラマの中では名言が続出。「恋をするために嘘をついたけど、幸せになるためにもう嘘はつかない!」等、不器用ながらも真っ直ぐに人を愛する鐘子の姿にSNSでは共感の声が相次ぎました。

 7位 まだ結婚できない男

7位にランクインしたのは『まだ結婚できない男』。2006年に放送された、『結婚できない男』の続編として13年ぶりに放送されました。

50歳をすぎて独身を謳歌する主人公・桑野信介(阿部寛)は皮肉屋で独善的。しかし、どこか憎めない愛嬌のある役柄を阿部が好演しています。「結婚」という普遍的なテーマに正面からぶつかり、心温まる展開と阿部の爆笑の演技で続編も人気となりました。

スポンサーリンク

2019年 今年1番面白かったドラマ 6位~4位

6位 おっさんずラブ-in the sky- <テレビ朝日> 17.5%

5位 わたし、定時で帰ります。 <TBS> 18%

4位 ドクターX ~外科医・大門未知子~ <テレビ朝日> 19%

6位おっさんずラブ-in the sky-

6位にランクインしたのは『おっさんずラブ-in the sky-』。2016年に放送された、『おっさんずラブ』の続編として今期に放送されました。前作はツイッターのトレンドで1位になるなど、社会現象を巻き起こし絶大な人気を誇っています。

主人公役の田中圭(35)とヒロイン役の吉田鋼太郎(60)はそのままに、舞台を航空会社に移して千葉雄大(30)、戸次重幸(46)を加えての複雑な恋愛模様を繰り広げました。ギャグ要素を交えつつも、恋愛を超えた人間愛を描いています。

5位 わたし、定時で帰ります。

5位は『わたし、定時で帰ります』。過去にトラウマを抱え、以来『必ず、定時で帰る』というモットーを貫く主人公・東山結衣を吉高由里子(31)が演じています。

ドラマには、キャリア志向のワーキングマザーやパワハラ上司、非効率な働き方を続ける同僚など、「こういう人、実際にいる!」と思わず唸ってしまうような人物が登場。彼らを通じて、現代の日本の職場で起きている問題が浮き彫りになっています。「働き方改革」が叫ばれる中で、社会問題に切り込んだストーリーに共感した視聴者も多かったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

2019年 今年1番面白かったドラマ 3位~1位

 

同率2位 凪のお暇 24%

『凪のお暇』は、原作があり「第8回ananマンガ大賞」を受賞、「第22回文化庁メディア芸術祭・マンガ部門」では優秀賞に選ばれるなど、数々の賞を受賞しています。

真面目で気が弱い主人公・大島渚(黒木華)は場の空気を読み、他人に気をつかいすぎた結果、過呼吸で倒れてしまいます。凪はこれを機に「人生リセット」をすることを決意。自分の生き方を模索します。

 

同率2位 3年A組-今から皆さんは、人質です- 24%

同じく2位には『3年A組-今から皆さんは、人質です-』。卒業10日前に、魁皇高校3年A組の担任である柊一颯(菅田将暉)が生徒を監禁するという学園サスペンスドラマ。

柊は「最後の授業」と称し、数ヶ月前に自殺したクラスメイトが追い詰められた原因を答えるように生徒たちに求めるのでした。SNS社会へのメッセージ性が強く、緊張感の高まる展開が続き高視聴率をキープしました。

菅田は役作りのために、10キロ減量。最終回での号泣しながらの圧巻の演技に胸を打たれた人も多かったのではないでしょうか。

 

1位 あなたの番です  24.5%

1位は『あなたの番です』でした。マンションを購入した新婚夫婦、手塚菜奈(原田知世)と手塚翔太(田中圭)が住民同士の交換殺人ゲームに巻き込まれていくというサスペンスドラマ。企画・原案を秋元康が行い、2クール続けての放送でした。

「毎週、死にます。」「殺れる前に暴いてやる。」というキャッチコピーのもとに、翔太が事件の全貌を明らかにすべく奔走します。

この犯人探しの考察で、ツイッターは毎週大盛り上がり。誰が犯人だと思うかアンケートが実施されるなど、話題となりました。

スポンサーリンク

2019年 今年1番面白かったドラマ おわりに

やはり、あな番が強かったですね。

今どき珍しい2クールドラマで、

尻上がりに人気になりましたね。

今回のアンケートの対象は、

30~40代の女性でした。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント