江戸川区水害マップ 反響がヤバい!ここにいてはダメ、と脅されても

社会
スポンサーリンク

江戸川区水害マップが反響を呼んでいます。

水害が起きたら、江戸川区の外に避難と訴えていますが、

区民には強烈過ぎて困惑も広がっています。

ではそのハザードマップを見ていきましょう。

スポンサーリンク

江戸川区水害マップ 反響

        引用www.city.edogawa.tokyo.jp

江戸川区水害マップ 反響のニュースは、次のように報道しています。

 東京・江戸川区が作成したハザードマップの表現が過激すぎると住民たちから困惑の声が上がっている。書かれていたのは「ここにいてはダメ」の文字だ。

困惑の声を上げるのは江戸川区に住む人たちだ。その訳が、「ここにいてはダメです」。インパクトのある表現が大きな反響を呼んでいるのだ。なぜ、こんな表現にしたのか。江戸川区に話を聞くと…。
江戸川区危機管理室防災危機管理課・本多吉成統括課長:「区民に大規模水害のことをよく知って頂く。自分の命は自分で守るということに結び付けてほしいとこのフレーズを使った」
実は江戸川区には水害に弱い地理的な特徴がある。江戸川区は西に荒川、東に江戸川、南は東京湾と三方を水に囲まれているうえ、海抜0メートル地帯も少なくない。川の氾濫や高潮による大規模な水害が起こると、町のほとんどが水につかる恐れがあるのだ。さらに心配されるのが浸水時間だ。かつて大型台風で町が浸水した時、水が引いたのは半月も先のことだったという。

出典headlines.yahoo.co.jp

 

江戸川区のハザードマップは、

水害の危険を告げるものですが、

あまりに救いが無く、

江戸川区に水害がきたら江戸川区から逃げなさいと言うのでした。

スポンサーリンク

江戸川区水害マップの動画。江戸川区の特徴

この江戸川区の水害マップに市民がどんな反応か、

こちらのニュース動画をご覧ください。

江戸川区は周りを川に囲まれ、

川よりも地表が低い、ゼロメートル地点のため、

一時水害になると江戸川区が水浸しになる危険性があると、

水害ハザードマップが伝えています。

スポンサーリンク

江戸川区 ここにいてはダメです

江戸川区水害ハザードマップは、

浸水前と浸水後、どう変わってしまうのか、

イメージ図が恐怖をあおっています。

 

ここ(江戸川区)にいてはダメです、

と言って、

周囲の安全な地に逃げるように伝えていますね。

スポンサーリンク

江戸川区 浸水の過去

また江戸川区水害ハザードマップは、

過去の昭和22年、24年の頃の水害の画像を載せて、

江戸川区の水害の恐ろしさを伝えています。

スポンサーリンク

江戸川区水害マップ 反響に世間の声は?

私は江戸川区民です。江戸川区に住んでいる方の大半が江戸川区の水害に対して危機感を持っていないと思います。心の奥では、何とかなる、生きている間は水害がないであろうという考えがあると思います。実際にスーパー堤防の整備や川岸の整備を区主導で進めており、区もそれを内外にアピールしています。しかし実際に水害に遭った場合、高い建物は少なく物流も困難、避難や避難生活が難しいです。そういった現実から区がこのようなハッとさせる大胆な警鐘をし、区民が再度水害に対して危機意識を持つキッカケになったと思います

 

よくこんなところに住めるなって思うことあるけどね_(°~°;)いつかは起こるわけじゃない。それは自分の時代かもしれないし、あるいは子や孫、ひ孫の時代かもしれないけど、つまり四代ぐらいの間では確率は100%なのよ。

 

町のほとんどが、って怖いですね
住民の皆さん、本当に他人事ではないので
避難訓練しておいたほうが良いですね
子供たちにも危険を伝えて下さい。

 

残りたかったら自己責任で

スポンサーリンク

江戸川区水害マップ 反響 おわりに

これからの季節、いざという時の注意喚起にも、少しキツめに言うことも必要ですね。

江戸川区以外にも東京ゼロメーター地帯はありますので、

江東区などの他の地域の住民も、

水害があったらどの方面に避難したら良いかを頭に入れておく必要がありますね。

 

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント