ガスト 第二弾企画の真相とは?企画中止は炎上商法だった?

社会
スポンサーリンク

ガスト 第二弾企画が発表され、

これってわざと炎上させたんじゃない?と話題になっています。

ガスト 第一弾企画が炎上したわけは?

ガスト 第二弾企画がガックリなわけは?

ガストの炎上商法じゃない?

スポンサーリンク

ガスト 第二弾企画

ガスト 第二弾企画のニュースは、次のように報道されています。

 ファミリーレストラン「ガスト」で2019年4月24日、事実上達成が不可能なキャンペーンを展開し取り下げとなった騒動で、翌25日に早くも第二弾が発表された。

SNS上では「炎上商法だったのか」と懐疑的な見方が少なくないが、運営会社は「それはまったくない」と否定する。

■「単純に楽しんでほしかった」

ガストでは4月22日~5月15日の期間、全国47都道府県の店舗で1000円以上飲食をした先着50人の客を対象に、1000万円分の食事券(一人上限20万円)をプレゼントする企画を実施した。達成には1日平均で57店を回り、飲食代だけで最低136万円かかる。

22日のキャンペーン発表後、ツイッター上では「実現不可能だ」との指摘が相次ぎ、ガストの公式サイトで24日、キャンペーンの中止が発表された。

ガストを運営する「すかいらーくホールディングス」の広報は25日、J-CASTニュースの取材に「ガストが全国に1300店舗以上あることを、楽しみながら知って欲しいとの思いから企画しました。しかし、結果的に行きついた企画が実現していただくのが大変困難で反省しています」と回答。混乱を招く意図はなく、単純に楽しんでほしかったという。

事実上達成が不可能なキャンペーンだったため、景品表示法の観点からも問題視されているが、同社は法的確認をしており、「抵触するとの認識はない」とする。

第二弾に向け「急いで協議に入った」

 お詫び文掲載の翌25日、先のキャンペーンを踏襲した第二弾が発表された。今回は、4月25日~5月15日の期間に5店舗を回り、1000円以上の飲食をした客が対象で、食事券10万円分を抽選で100人にプレゼントする。

第一弾の取り下げから間もなかったため、「炎上商法だったのか」との声も上がっているが、広報は「それはまったくないです。混乱を招いたため、迅速に対応しないとの思いで急いで社内協議に入った」と説明する。

また、第二弾のキャンペーンサイトでは4月25日からの開始とあり、広報は「22~24日の利用者も対象となっています。お問い合わせをいただいた方にご案内させていただく」と話していたが、その後、22日からに書き換わった。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

ガスト 第一弾企画は損

ガストの企画は、

ガスト全店1361店舗で、

1店舗あたり1000円以上のレシートが必要です。

食事代だけで1360万円かかりますよね。

24日間で全国回るの?

1日57店舗も行かないとダメ。

企画自体がそもそも実現不可能で、

先着50名に山分けしたら1人20万円ですから、

どんだけチャレンジャーが損する企画なんだよ、と思います。

スポンサーリンク

ガスト 第二弾企画は平凡

この企画が避難されて炎上したら、

すぐに第二弾企画が発表されました。

4月25日~5月15日の期間に5店舗、それぞれ千円のレシートで、

抽選で100名に10万円になりました。

 

 

今回の企画は実現可能ですが、

インパクトはなくなりましたね。

 

最初からこの第二弾企画が本命で、

第一弾企画は大騒ぎになることが目的の

炎上商法だと言われてもおかしくないと思います。

スポンサーリンク

ガスト 第二弾企画に世間の声は?

JRの駅や道の駅巡りなどでは、地域は少し限定されるが実際にスタンプラリーが行われている。
例えば47都道府県の各1店舗以上であれば、費用も交通費を除いて飲食費だけなら最低5万円程度で可能になるので、期間を3~5年間とかにすれば、マニアであれば実際に達成する人が出るかもしれない。それで賞金100万円とかだったら十分実現性のある内容だったと思うが、なぜそういう方向にいかなかったんだろう?
どうも最初の糞ネタでわざと炎上させて注目を集め、実は最初から修正企画が本命だったのではと勘繰ってしまう。

 

店舗限定メニューがあるなら回る楽しみもあるが、わざわざ出掛けるのは面倒なだけでしかない。ガストにとっても5回利用させるメリットはあっても複数店舗回らせる意味もないだろう。企画で回った店に今後行くこともないだろうし。単なるガストの宣伝でしかないな。

 

いつも行かない他の店舗に行って欲しいということなんだろうけど、全国どこだってメニュー一緒じゃないの?(ステーキガストと普通のガストはメニュー違うだろうけど)
この企画と同時にその地域や店舗限定メニューを出すなら、違う店舗をまわる楽しみもあるけど、同じメニューなら違う店舗に行っても楽しくないね。

 

つまらん企画になっちゃったな。
5店舗回るなら店舗間の距離の合計が一番長い人に1000万出すとかなら挑戦しがいがある。
おそらくその答えはすぐに出るだろうから距離が同じなら回った期間が一番短い人が優勝。
レシートではなく店舗でスタンプを押してもらう形にすればズルはできないからいいんじゃない?

スポンサーリンク

ガスト 第二弾企画 おわりに

ガストの第二弾企画は平凡なものですから、

第一弾はそのための炎上商法だと思うのですが、

そこを誰か突っ込んで聞いてくれませんかね。

 

ご当地ガストメニューがあって、

それをスタンプラリー形式で企画したら面白いのに、

と思いました。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント