東尾修 苦言がヤバい!阪神・鳥谷の引退勧告に・・・

スポーツ
スポンサーリンク

東尾修が阪神・鳥谷敬選手の引退勧告報道に苦言を呈しています。

スポンサーリンク

東尾修 苦言

出典headlines.yahoo.co.jp

東尾修 苦言のニュースは、次のように報道されています。

 西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、鳥谷敬選手に引退勧告をした球団に苦言を呈する。

阪神の鳥谷敬選手が今季限りでの阪神退団を表明した。球団から戦力構想外の方針を伝えられた鳥谷本人が8月31日、球団から同29日に「引退してくれないか」と言われたこと、そして「タイガースのユニホームを着てやるというのは今シーズンで最後になる」と明かした。

レギュラーシーズンを戦っている最中で、しかもクライマックスシリーズ争いをしている中で、異様な光景に映ったのは、言うまでもない。もちろん、球団というものは来季の戦力を見据えた上で人員整理し、ドラフト会議での獲得状況を踏まえ、外国人選手やFA選手、他球団を戦力外となった選手の獲得をする。9月ともなれば水面下で交渉を行うのは常である。ただね。その交渉というものは決して表に出すべきではない。レジェンドであろうが、なかろうがね。

なぜなら、他の選手に影響を及ぼすこと。「もうすでに首切りが始まっている」となれば、少なからず同じような境遇の者は意識する。今回の報道では、最初に球団の戦力構想外が報道された。球団の人間は、細心の注意を払わなければならない案件である。鳥谷本人が公にしたかったのであれば致し方ないことではあるけど、誰も得などしない。

球団の方々は、チームや野球界に多大な貢献をしたレジェンドには、最大限の配慮をしてもらいたい。どんな選手であっても、戦力外となる時期は来る。ただ、本人の意向をくみ、どうすれば球団に残ってもらえるのか、そういったものを話すのは1度や2度では足りない。何度も交渉を重ねてきて、今回がファイナルアンサーであるのなら、納得ができるけどね。

中日も球団代表が松坂大輔と話し合いの場を持ったという。意思確認の手順を踏むことは悪いことではないが、マスコミに公表すべきものなのか。大輔は引き際を自分で決められる数少ない選手である。球団代表が「現役続行の意思を確認した」と公表する必要はない。球団代表は誰かに向けてアピールしたかったのかな?と思ってしまう。

私が現役引退を決めたのは1988年の中日との日本シリーズだった。先発ローテーションから外れた私は第1戦(ナゴヤ球場)で、4‐1で迎えた八回無死一、二塁、打者・彦野利勝の場面で先発の渡辺久信をリリーフした。当然、最後まで投げ切るつもりでマウンドに上がった。

しかし、当時の森祇晶監督の言葉は「この一人を抑えてくれ」だった。次打者には左打者の立浪和義がおり、ブルペンでも左投手が準備していた。森監督からすれば、単純に勝つための最善手として、一人を確実に抑えてほしいとの思いから出た言葉だったろう。しかし、私の受け止め方は違った。彦野を初球、内角シュートで三ゴロ併殺。2死三塁となって、立浪は3球三振に仕留め、わずか4球でピンチを切り抜けた。九回も投げ切ったが、その言葉は私の心に強く残った。その日の夜、知人に引退の意思を口にした。

中日は山本昌投手に対し、本人から辞めると言うまで理解して契約し続けた。本当に懐が深い球団だなと感じたけどね。現場は最後の最後まで熱い戦いをしている。水面下の動きは水面下のままで、行ってもらいたい。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

東尾修 苦言理由は?

東尾修が苦言を呈した理由は、

阪神の鳥谷敬選手が今季限りでの阪神退団を表明したことで、

ベテランに対してこのようなデリケートなことを、

球団が雑に交渉したことで、

表沙汰になったためです。

 

また、

このようなことが表沙汰になると、

他の選手にも影響すると言っています。

球団は、細心の注意を払わなければならない案件だと苦言を呈しています。

スポンサーリンク

東尾修 苦言に世間の反応は?

東尾さんの言ってる事が、世間の良識であり常識だと思います。確かに高給で成績不振では、企業でも球団でも負担であり当然の決定だと思います。嫌なのは、そのやり方です。今までの感謝、他への配慮、残った人への影響など考えたら、あのやり方はマズイと思います。結論として、その程度の経営能力しか無い阪神球団だったと言う事です。また訂正も謝罪も出来ないのだから最低だと思います。

 

まあ、球団も経営していかなきゃいかんからなあ。今季の成績では鳥谷と契約更改するのは、、、年俸のこともあるし。だからと言って大幅ダウンも本人のプライドもあるし、引退して盛大に花道を作って、コーチ、監督の道へ。リスペクトしてるからこその引退勧告と思うけど。確かに時期は良くなかったのかな。
確かに中日は選手に優しいかもしれませんね。特に功労者には手厚いです。

 

東尾さんの場合には引退前年にリーグMVPに輝き、オフの契約更改で年俸1億円からの微増を提示されて保留した。その数日後、反社会的組織の人間と賭け麻雀をした事で書類送検されたことが発覚、年俸増どころか25%の減俸に、謹慎を言い渡された。
「清く正しく、そして強く」を標榜とする西武にとって西鉄からの生え抜きの東尾さんは自前の若手が充実してきた時点で実に疎ましい存在になっていて、既にカレンダーに登場しない選手になっていた。
結局謹慎明けに登場しても調子は上がらず、引退。あの事件が間違いなく選手生命を短くした。九州移転した福岡ダイエーホークスに加入したら面白かったが「ライオンズの東尾」の名を残す方を選んだのか。

 

球団に貢献してきたのは間違いないけど、FAして大リーグを持ち出して、不釣り合いな高額年俸を引き出させた時点で、それまで以上の活躍をし続けなきゃ、こうなることは覚悟していたはずでは?

 

個人的には阪神一筋を選択してほしかった。
でも、引退せず現役にこだわるなら、早い時期に他球団が調査できるようにしてあげるのも温情なのかと思った。

 

阪神球団だけでなく、一般企業でも、戦力にならない者は容赦なく切られる。
配慮、人情なんて言葉は存在しない。
後のポストが用意されていたのは球団の配慮だと思うし、早くに通告して考える時間を与えたのも鳥谷を思ってこそだと思うが。
そもそも鳥谷自身が神宮最終戦で意味深な発言をしたことから始まった話であって、戦力外通告等はどの球団もペナントレース中には行われている。

 

元々、鳥谷自ら来年はタテジマは着ないって漏らしたんだろ?!鳥谷は功労者であるかもしれないが、それ以上に大給料ドロボーでもある。経営者サイドからしたら、引退をお願いするのも判る。

 

阪神球団は指導者の道を用意してくれたんだから、酷い対応では無かったと思う。
今年の成績を見れば、引退をすすめるのもわかる。

 

OBの田淵幸一氏も言ってたが、あの球団は昔から選手に配慮が足りないらしい。
「他の同じような境遇の選手にも影響がある」という東尾氏の指摘には納得。

 

功労者だろうがベテランでも来季の戦力として考えられなければ戦力外通告や引退勧告はされる。
東尾も監督時に自分でナベQや田辺、佐々木誠に直接戦力外通告をして将来のために他球団で現役を続けろって言ったもんね。
ただ、功労者やチームの顔となると水面下でシーズン中に事前交渉をするけどなんで情報漏らすのかな?そこが残念。

スポンサーリンク

東尾修 苦言 おわりに

どんな名選手にも引退の時期は来ます。

阪神は昔から選手に対する配慮が悪いという報道もあり、

最後がごちゃごちゃすると、

せっかくの功労者なのに・・・と選手もファンも悪い印象になってしまいます。

どうにか皆が納得できるように配慮してもいたいものです。

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント