山本耕史 報道否定がヤバい!関係者談って誰?堀北真希バッシング?にブチギレ

芸能
スポンサーリンク

山本耕史 報道否定が話題になっています。

いったいどんなデマ報道があったのでしょうか?

スポンサーリンク

山本耕史 報道否定

出典headlines.yahoo.co.jp

山本耕史 報道否定のニュースは、次のように報道しています。

俳優の山本耕史(42)が30日、都内で「T―fal」の新商品発表会に出席した。

妻で元女優の堀北真希さん(30)が第2子を出産したばかりの山本は、同社の電気ケトルを使って毎日ミルク作りを行っているといい、新発売される丸洗いできるケトルに感動。「毎日キッチンに立っている。夜中も1時間半に1回ぐらい目を覚ましてミルクを作ってます」とよきパパぶりを明かした。

第2子の性別は明かしていないが、まもなく生後3か月になるという。「2人とも目が大きなほうなので、日によってどっちにも似てる。できれば奥さんに似て欲しいんですけど…」とデレデレ。一部週刊誌で「京都移住」などと報じられたが、「ないない。ウソばっか。ウソにもほどがある」と完全否定。「『関係者って誰のこと?』って楽しませてもらっている。おとぎ話と思っています」と語った。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

山本耕史 京都移住計画とは?

では山本耕史が京都移住を計画しているという報道はどこからきたでしょう?

実は女性自身が報道していました。

  引用jisin.jp

「2人が共通して持っている子育てのモットーは“親が芸能人ということに関係なく、普通の子どもとして育てること”。そんななか、京都移住という選択肢が出てきたそうです」(前出・知人)

プロポーズが京都に向かう新幹線の中だった、というエピソードは山本も公表しており、ファンの間では有名な話。京都には、ほかにも2人の思い出がたくさん詰まっているという。

「堀北さんが独身時代最後に出演したドラマ『妻と飛んだ特攻兵』(テレビ朝日系)は、京都で撮影があったそうです。つまり、結婚という人生の大決断をしたのが京都だったんですね。また昨年、山本さんが出演したドラマ『琥珀の夢』(テレビ東京系)も京都での撮影があり、オフの日には収録現場のウィスキー工場に家族3人で訪れたんだとか。京都には夫婦共通の知り合いも多く、2人とも川床のお店がお気に入りなんだそうです」(テレビ局関係者)

例年、川床が開かれるのは5月1日から。物件探しを兼ねてお気に入りの店に行くのかも!?

  引用jisin.jp

京都で普通の子供として育てるのが、山本耕史、堀北真希の願い・・・とのこと。

京都は二人にとって思い出の地であり、

友人も多いというのが根拠らしいのです。

 

スポンサーリンク

山本耕史、堀北真希 京都には移住しない

しかし、山本耕史は「ないない。ウソばっか。ウソにもほどがある」と言っています。

 

山本耕史、堀北真希夫妻は、第2子が生まれたばかりの夫婦です。

 

小さな子を二人かかえて、親類のいない京都へいくとは思えませんね。

 

堀北真希の実家は東京ですし、

父親は離婚して家を出ていってます。

そんな母親を残して、夫婦だけで京都に移住するとは思えません。

スポンサーリンク

山本耕史 報道否定に世間の声は?

堀北さんは美しいし、女優さんとしても需要があったから然もありなんって感じだけど、こんなに愛されて結婚生活が送れて羨ましい。
幸せな結婚生活でなにより。

 

子育て楽しめる人生って素晴らしいです。
山本さんのまったく違う役に、はまっています。

 

一回り年下の可愛い妻と結婚できてよかったですね。
堀北さん元気かな?夜中にミルク作り、出来た夫。

 

自由が利くお仕事とはいえ、上の子の面倒を、見ています、ならよくある話。
それが、赤ちゃんのミルクを夜中に作って飲ませます?優しすぎ。よく気がつく、豆だなあと。奥さまも嬉しいだろう。生後1ヶ月は、3時間置き。思い出しても顔をしかめてしまう。あーしんどかった。
豆な旦那さんとの、子育て、大変助かると思います。
あと、京都移住は、誰が言い出したのでしょう?

 

関係者ってやはりアテにはならないということですね。

 

京都は住みにくいですよ。

 

京都は住まない方がいいよ。道は狭いし物価高い。バスは混んでるし、常に渋滞してる。子育てするなら別なところの方が良いよ。

 

スポンサーリンク

山本耕史 報道否定 おわりに

女性自身は堀北真希夫婦のことが昔から好きみたいで、

よく色んな報道していますね。

 

今回はデマで間違いないでしょうね。

 

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント