日本 国際捕鯨委員会脱退がヤバい!反捕鯨国ってどこ?

社会
スポンサーリンク

日本は国際捕鯨委員会を脱退しました。

反捕鯨国とは議論ができる余地がないとの判断です。

反捕鯨国はどこ?

スポンサーリンク

日本 国際捕鯨委員会脱退

出典headlines.yahoo.co.jp

日本 国際捕鯨委員会脱退のニュースは、次のように報道されています。

 日本は30日、クジラの資源管理を話し合う国際捕鯨委員会IWC)を脱退した。戦後、日本は主要な国際機関を脱退した例はなく、極めて異例の対応だ。7月1日には領海と排他的経済水域(EEZ)を対象海域として31年ぶりに商業捕鯨を再開。関係者には悲願の再開となるが、鯨肉消費は縮小しており、事業の先行きは不透明な情勢だ。オーストラリアや欧米などの反捕鯨国を中心に国際社会から批判が強まる恐れもある。

日本は反捕鯨国が過半を占めるIWCで協議を続けても、4分の3の賛成が必要となる商業捕鯨再開が認められるのは困難と判断。昨年12月に脱退を表明してIWC側に通告していた。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

国際捕鯨委員会 反捕鯨国は?

国際捕鯨委員会IWC)の中には、

捕鯨に反対する国と賛成の国に分かれていて、

多数決で反捕鯨が多い現状です。

こちらに捕鯨国と反捕鯨国の一覧があります。

アジア:10 (捕鯨支持6、中間派2、反捕鯨2)
捕鯨支持:日本、カンボジア、モンゴル、ラオス、ロシア、韓国

中間派:オマーン、中国

反捕鯨:イスラエル、インド

アフリカ:18 (捕鯨支持16、反捕鯨2)
捕鯨支持:エリトリア、ガーナ、ガボン、カメルーン、ガンビア、ギニア、ギニアビサウ、コートジボワール、コンゴ民主共和国、セネガル、タンザニア、トーゴ、ベナン、マリ、モーリタニア、モロッコ

反捕鯨:ケニア、南アフリカ

オセアニア:8 (捕鯨支持5、反捕鯨3)
捕鯨支持:ツバル、パラオ、キリバス、ナウル、マーシャル諸島

反捕鯨:オーストラリア、ニュージーランド、ソロモン諸島[12]

ヨーロッパ:31 (捕鯨支持2、中間派1、反捕鯨28)
捕鯨支持:アイスランド、ノルウェー

中間派:デンマーク

反捕鯨:アイルランド、イギリス、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、キプロス、ギリシャ、クロアチア、サンマリノ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、ドイツ、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、モナコ、リトアニア、ルクセンブルク、ルーマニア

北アメリカ:1 (反捕鯨1)
反捕鯨:アメリカ合衆国

カリブ諸国:6 (捕鯨支持5、不明1)
捕鯨支持:アンティグア・バーブーダ、グレナダ、セントヴィンセント・グレナディーン、セントクリストファー・ネイビス、セントルシア

不明:ドミニカ国[13]

中央・南アメリカ:15 (捕鯨支持1、反捕鯨14)
捕鯨支持:スリナム

反捕鯨:アルゼンチン、ウルグアイ、エクアドル、グアテマラ、コスタリカ、コロンビア、チリ、ドミニカ共和国、ニカラグア、パナマ、ブラジル、ベリーズ、ペルー、メキシコ

総計:89 (捕鯨支持35、中間派3、反捕鯨50、不明1)

引用ja.wikipedia.org/wiki/国際捕鯨委員会#加盟国

 

スポンサーリンク

日本 国際捕鯨委員会脱退に世間の反応は?

今回の件は、商業捕鯨が認められないだけで脱退することを決断したわけではなく、日本がデータに基づいて客観的に是非について議論をしたいと言い続けたにも関わらず、捕鯨禁止ありきで全く話に応じようとしない主要国に愛想がつきたからですよね。この記事だと、何となく日本がわがままを通せないから抜けるように取られかねないと思うので、ちゃんと背景を書いた方がいいと思います。

 

捕鯨だけでなく、鼻にプラスチック製のストローが刺さったウミガメの映像を見ただけで短絡的に「プラスチック製品を禁止すべき!」と騒ぎ始めたこともそうですが、西欧の一部の人々は、何かを「可哀そう!」と思うと、その原因や関連事項を冷静に考えず、極端な行動に走り、反対派はすべて悪と決めつける傾向がありますね。
日本がIWCを脱退したのは、そんな話の通じない「国際社会」を相手にするのは無駄だと判断したから。孤立上等です。

 

これは止むなしかな。
本来の団体の趣旨から逸脱してしまったので日本が残る方が違和感がある。
くじらは食べたいし、日本程全てを利用する文化は他には無いので時間わ掛けて他国に分かって頂くしかないかな。

 

クジラ安く買えるようになる?
あまり美味しく頂いたことがないから
商業になって美味しいクジラ肉が出回るなら
購入を検討したい
あとは好みもあるからその後はわからないですが

 

SSが過激化しそうだし、武装とまではいかないにせよ相応の対策は必要だね。

 

先週、例年の如く、千葉南房で解禁された近海の鯨肉を
美味しく頂いたばかりです。
生の刺身はほんと美味しかったです。
7月からはIWC脱退後初の解禁された鯨肉が
市場に出回ると思うので、今から楽しみで仕方ありません。

 

鯨肉は大変高価で、うまい、まずいの議論をするまでもなく、食べられない。商業捕鯨をして、安い鯨肉を食べさせて欲しい。

 

少なくとも感情論で捕鯨を非難されても文化的背景が異なるから受け入れるのは厳しいわな。価値観の押し付け合いする場では理解を深めるも何も無い。

スポンサーリンク

日本 国際捕鯨委員会脱退 おわりに

捕鯨反対を唱える国は、

クジラは殺してはいけない、

かわいそうだから、

知能があるから、

と信仰のように思っているので議論の余地がありません。

 

一方、牛は神様からの贈り物だからOK、

とやっぱり信仰、宗教ですね。

科学的な議論ができるようだったら再加入しても良いかと思います。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント