鈴木総務次官 辞職がヤバい!理由は?日本郵政に情報流していた!天下り天国?

社会
スポンサーリンク

鈴木総務次官が辞職しました。

理由は、日本郵政への情報漏洩です。

事件の真相を追っていきます。

スポンサーリンク

鈴木総務次官 辞職

引用https://www.fnn.jp/posts/00429265CX/201912201757_CX_CX

鈴木総務次官 辞職のニュースは、次のように報道されています。

かんぽ生命の保険の不適切な販売をめぐる問題で、高市総務大臣は、記者会見し、総務省の鈴木茂樹事務次官が行政処分の検討状況を会社側に漏らしたとして、事実上、更迭したことを明らかにしました。

引用https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191220/k10012223071000.html

スポンサーリンク

鈴木総務次官 辞職の理由は?

引用https://xn--48jc6etf831ouh1c.net/archives/3145

 

事実上の更迭と言われる鈴木総務次官の辞職理由は、

かんぽ生命の不適切販売で処分が検討されていた日本郵政グループに、

どのような行政処分がくだされるのか、

情報を漏らしていたからです。

スポンサーリンク

鈴木総務次官 情報漏えいの相手は?

総務省の事務次官と言えば、

総務省の職員のうち最高の地位です。

 

その総務省事務次官が、

日本郵政の鈴木康雄・上級副社長に、

電話で情報を漏らしていました。

この鈴木康雄・上級副社長は、

郵政省の出身で、

2009年に総務事務次官になっています。

その後、2013年に日本郵政の副社長になっています。

わかりやすい天下りですね。

 

辞職した鈴木総務次官も郵政省OBです。

後輩が先輩に情報を差し出したと言うのが真相のようです。

どうなっているのでしょうか?

スポンサーリンク

日本郵政 鈴木康雄・上級副社長 NHKにクレーム?

この日本郵政・鈴木副社長、

NHKがクローズアップ現代+で、

かんぽ生命の不適切販売問題を取り上げた際、

「NHKは暴力団と一緒」

と罵倒しました。

 

この方は力があるのでしょう。

かんぽ生命問題の第二弾はお蔵入りになり、

NHK側が謝罪する始末です。

 

かんぽ生命と日本郵便が高齢者らに損害を与えたのは2015年からの5年分だけでも9万件以上に及ぶのに、

どうしてここまで高慢に振る舞えるのでしょう?

 

結局、

総務省のトップになった鈴木副社長にとって、

NHKは子飼いの存在であり、

飼い犬に手を噛まれた思いだったのでしょう。

スポンサーリンク

鈴木総務次官 辞職に世間の反応は?

政府は小学校の児童集会なんでしょうか?
問題を指摘するのではなく、処分を言い渡すべきでは?

 

退職したけど、
時間がたってほとぼりが冷めれば、
裏で天下り先が用意されてるのでしょ?
それって、罰になるの?

 

民営化時の残郵組か。監督する側とされる側、が元々同じ役所だったからね。元々郵政から総務官僚として残れた人たちは、ラッキーだったよな。

 

お友達を大切にする現政権の伝統を引き継ぐ総務省次官と先輩の日本郵政幹部との友情。一見美しいがとんでもないことだ。政権が腐ると官僚が腐り、それが民営化企業にまで及んでいるということ。
総務大臣はよくやった。しかし他の大臣で本人が疑わしいと出来ないよね。そこが問題だ。他も徹底的にやってくれ。

 

てか刑事事件でしょ?
懲役並みの。
担当官庁が管理対象になっている相手に処分内容を事前に漏らすとか警察がヤクザに手入れの期日を教えるのと同じじゃないのか?
辞めてもまったく済まないよ。
今回たまたまバレただけかも知らんけど厳罰に処さないと抑止できないよ。

 

信用失墜行為とか抽象的なことじゃなくて、完全に職務上知りえた秘密を漏洩した国家公務員法違反です。
更には裏取引で金が動いてないか、この次官の天下り先の確約などなかったか徹底的に調査してから処分を下すべきだった。
これでは退職金は満額支給されることになる
6000万もの退職金が

 

監督する側がされる側に情報漏えいしてたら
監督官庁なるものが成り立たないじゃんか
しかもトップの次官が・・・
昔は国営で一体だったけど
今は民営化されて会社なんだよ
いつまで昔の親方日の丸意識でやってたんだか

 

大体、郵政に「天下り」させている事が問題。
高市は重要事項の漏洩責任をどう考えるのか?
まさか桜問題と同じようにお咎め無し?

 

更迭となるのは当たり前。東大出のエリート官吏の情けない状況だが、他方で政治家は厚顔無恥でだれも責任をとらないのが、いやはやなんとも。。。

 

こんな組織にマイナンバーなんか扱わせて良いのか?、5000円にだまされてカードなんか作らない事、後からしっぺ返しが来る。そもそも総務大臣が一番怪しい人だ。

 

天下りしている企業には多かれ少なかれ情報が漏えいしているのでは?

 

消費税増税が即位礼の御祝いムードで
シレッと落ち着いたかと思ったら、観桜会問題、IR問題、一連のかんぽ騒ぎ…
まだまだ終わらない予感。

 

公務の中立性を損なう?
そんな事は無いでしょう一心同体なんだから。
情報漏洩なんて有りえ無いでしょう。
次官は先輩の元次官に相談しただけ。
たまたま先輩が郵政に天下ってただけですよ。
こんな天下りて禁止されたんじゃなかったけ?

 

「何の情報を郵政の誰に漏らしたのか?」「それは国民にどんな損害を与えるのか?」という、一番大事なことが報道されていない。

 

情報を漏洩させて辞職で済むのですか

スポンサーリンク

鈴木総務次官 辞職 退職金は?

辞職という手ぬるい処分になるため、

退職金は5000~6000万円支払われます。

そしてまたしれっと天下り先に就職して退職してを繰り返すのでしょうね。

 

かんぽ生命の被害者には賠償金は支払わるのでしょうか?

色々と考えさせられます。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント