木挽町よしや 転売被害がヤバい!アマゾンの転売業者を発見!

社会
スポンサーリンク

木挽町よしやが転売被害をツイートで訴えています。

いったい何が問題なのか、

問題のショップを見つけました!

スポンサーリンク

木挽町よしや 転売被害

引用kobikichoyoshiya.com

木挽町よしや 転売被害のニュースは、次のように報道されています。

「無断でアマゾンで売られています。大変憤りを感じています」――1922年創業の老舗和菓子店「木挽町よしや」のどら焼きが、Amazonで不正転売されていることを木挽町よしや公式Twitterが明かし、大きな話題を呼んでいます。転売された商品の価格は定価の7倍。

問題になっているのは「プレミアムギフト表参道店」なる出品者がAmazonに出品していた「木挽町よしや」のどら焼き。店頭では5個入り700円で販売されていますが、この出品者は4980円で販売を行っていました。

これについて「木挽町よしや」は、「当店は、アマゾン、プレミアムギフト表参道店( ←実在するの? )とは関係ありません」「大変、困っています」とTwitterで注意喚起。購入を控えるように呼び掛けたほか、Amazon側に対して問い合わせを行うなどしました。

転売者からあえて商品を購入した「木挽町よしや」

 ねとらぼ編集部では無断転売の被害に遭った「木挽町よしや」に対して取材を依頼。詳しいお話を聞きました。

――「木挽町よしや」のどら焼きがAmazonで無断転売されていたとのことですが、発覚のきっかけを教えてください。

木挽町よしや:「木挽町よしや」の名前をGoogleアラートに登録していて、6月27日にアラートが鳴ったんです。それでサイトを見てみたら、Amazonのページが出てきたことから発覚しました。

――転売者は一度「木挽町よしや」に出向くなどして入手した商品を無断転売しているのだと思いますが、その場合衛生面や商品の品質も心配されます。もともとの賞味期限はどれぐらいなのでしょうか。

木挽町よしや:通常は3日としていますが、夏場は当日を含めて次の日までにお召し上がりいただくようお願いしています。

――Twitterではご自身で転売商品をあえて購入するという奇策に出たことも明かされていました。

木挽町よしや:Twitterでの注意喚起と並行して、Amazonにも早期削除のお願いと問い合わせを行いました。しかしAmazon側からは「プレミアムギフト表参道店」の連絡先を教えてもらうことはできず、削除ができたとしても1週間程度かかるとの返答がありました。

そうしたやりとりの中で、Amazon側から「自分で注文をしたら転売者の連絡先が分かる」といった提案もあり、自ら商品を注文することを選びました。

――Amazonからのアドバイスもあったんですね。現在注文した転売商品はどういうステータスなのでしょうか。

木挽町よしや:騒ぎになった影響か、既に転売商品のページ自体は削除されているのですが、私の注文は有効な状態が続いています。このままいけば7月4日に当店あてに到着するようです。

――ということは、店頭に転売者がやってくるということですよね。

木挽町よしや:その場合もありますし、当店から当店へ対して発送依頼をしてくる人がいるのかもしれません。Amazonによると、発送の際は出店している店舗名を使用しなくてはならないというルールがあるそうで、もし別の名前で送ってきたらそれは規約違反になるそうです。

なおAmazonによると、商品が発送されるタイミングでやっと転売者に代金が入金されるシステムとのことなので、今の状態ではまだ転売者に代金は渡っていないそうです。

――つまり発送依頼の場合は転売者の特定が容易ということですね。今後転売対策などをとる予定はありますか。

木挽町よしや:店内に転売禁止の張り紙を掲示することや、公式サイト上で注意喚起することを検討しています。

手土産や差し入れでファンも多い「木挽町よしや」のどら焼き。このような形で話題になることを残念に思っている人も少なくはありません。

また「プレミアムギフト表参道店」なるアカウントでは、「木挽町よしや」のほかにも人気食パン専門店や洋菓子店などの商品を取り扱っているもよう。ねとらぼ編集部ではこれらのブランドにAmazonで出品している事実はあるか、「プレミアムギフト表参道店」に販売を委託しているかなどを問い合わせています。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

木挽町よしや 怒りのツイート

こちらが「木挽町よしや」がつぶやいた内容です。


転売してそれを食べたお客さんに健康被害が出た時、

責任をとらされるのが木挽町よしやだとしたら、

不憫な話です。

スポンサーリンク

プレミアムギフト表参道店とは?

プレミアムギフト表参道店はまだアマゾンで出品しています。

こちらの画像です。

評価は13件入っていますが、

92%が肯定的な評価をしていて、

上々のようです。

中には下のような悪いとしている人もいます。

スポンサーリンク

プレミアムギフト表参道店 高額転売

「木挽町よしや」の商品のどら焼きは、

5個入り700円で販売されていますが、この出品者は4980円で売っています。

 

他にも高額転売品がありました。

 

食パン系は割と多く出品されていて、

その値段は相当プレミアムが付いていますね。

たとえば「俺の生食パン」はお店では900円で買えますが、

こちらのショップは3,530円で販売しています。

どんなに高くても買いたい層は必ずいますし、

アマゾンはお手軽ですから、

一定の利用者はいるのでしょうね。

スポンサーリンク

木挽町よしや 転売被害に世間の反応は?

転売者が販売出来るようなシステムにしてるアマゾンが悪いでしょ。
アマゾンが責任を取るべき。
連絡先を教えないのはいいとしても、対応がずさん。

 

食品の転売は食品衛生法で規制してほしい。

 

不謹慎かもしれないが、今後の展開に興味がある。果たして商品は届くのだろうか。

 

自分が働いている和菓子屋でも転売屋がアマゾンで当社の商品を定価の1.5〜2倍の価格で出品してます。
転売屋は注文が入ると当社のオンラインショップに注文をし、差額分を得ています。配送で破損等のトラブルがあると転売屋はメールで当社に対して「先方(アマゾンでの注文者)から破損しているとの連絡が入った。そちらからは一切連絡せず、商品を送り直せ。先方とのやりとりはこちらからする」との事。
お客と当社がやりとりして定価がバレるのを恐れている為、当社から連絡する事を神経質なくらい警戒してました。
注文が入ればオンラインショップで注文するだけなので転売屋は在庫リスクを抱えず、トラブルに関しても損害が一切ないのでかなり美味しい商売です。
一刻も早く法規制が出来ることを望みます。

 

こんな事が許されて良いわけがない。Amazonは積極的に摘発に協力しても良いだろう。なぜ被害者が自費で買い取るような回りくどい事をさせるのか理解不能。

 

発送先で食中毒でも起きたら、関係ない店に苦情や保健所から謂れのない調査が入って営業出来なくなる可能性もあるから、こういう対処とマスコミでの発表は大事だな。

 

 

転売屋はAmazonなどのプラットフォーム側で駆逐するべき。小売価格がある商品や小売店からの転売など、モラルハザードが酷すぎる。オンラインで無許可で勝手に登録できてやりたい放題はプラットフォームが責任を果たしていないので、デジタル課税(制裁金)を課すべきです。

 

スポンサーリンク

木挽町よしや 転売被害  おわりに

アマゾン的には高い価格で売れた方が、

アマゾンに入る手数料が多くなるので、

積極的に規制しないのかもしれません。

 

食品は衛生的な問題があるので、

まずはアマゾン側が対策すべきだとは思うのですが。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント