キングダム原作者 絶賛がヤバい!原泰久、映画に注文は?

芸能
スポンサーリンク

キングダム原作者が映画を絶賛しています!

原作者目線として、

どこが素晴らしかったのでしょうか?

スポンサーリンク

キングダム原作者 絶賛

   出典headlines.yahoo.co.jp

キングダム原作者 絶賛のニュースは、次のように報道されています。

 累計発行部数4000万部を突破した人気漫画「キングダム」(「週刊ヤングジャンプ」にて連載中)を、山崎賢人をはじめとする豪華キャストで実写化した映画『キングダム』。本作のブルーレイ&DVD リリースに先駆け、プレミアム・エディションに封入されるブックレットより原作者・原泰久と佐藤信介監督による撮り下ろしインタビューの一部が公開された。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

キングダム原作者 映画を見て絶賛!

キングダムの原作者・原泰久は、

映画を見ていったいどこを絶賛しているのでしょうか?

オープニングから、信と漂による修業シーンと本編に沿って順に振り返っていき、原自身が最も重要視したという信と漂の別れのシーンに進むと、原は「中国ロケに行った時、たまたま夜の屋台で賢人くんたちと出くわして、一緒に食事をさせてもらったことがあったんです。その時点で、まだ信と漂の別れのシーンは撮っていなかったんですが、“別れのシーンが上手くいけば、どんなに信が苦境に陥って絶体絶命でも、この原点に戻ればまた立ち上がれるという仕組みができる。そのためにこのシーンがものすごく重要だ”というようなことを話したんです。賢人くんは照れ屋なので、“がんばります、できるかな”というようなリアクションだったんですけど、蓋を開けたら大号泣しながら演じてくれていて、さすがだなと」と中国ロケの際のエピソードを交え、山崎の演技を絶賛した。

これには佐藤監督は同意し、「現代の好青年という一面もありつつ、突然のひらめきとか、ちょっと突拍子もないところもある。彼の発想力に、信のキャラクター造形はものすごく助けられているような気がします」と賛辞を送った。

さらに、佐藤監督は打ち合わせの際に原から「映画における檄を飛ばすシーンが好きなんです」と聞いた時、何か感じるものがあったそうで、「原作『キングダム』は檄を飛ばすシーンが印象的ですが、そういうところから掴み取ってらっしゃるんだなと思い、やっぱり、すごい映像的感覚を持ち合わせていらっしゃる方だなと改めて感じたんです。先生のプロの目で見られているわけで、いろんな映画で描かれてきた檄を飛ばすシーンを上回る、もしくは肩を並べるシーンを撮らないといけないと思った時に、緊張が走りましたね」と制作時の心境を振り返った。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

映画 キングダム興行収入は? 動画は?

映画『キングダム』ブルーレイ&DVDは、11月6日(水)リリース。

10月6日(水)よりデジタル先行配信開始です。

こちらが予告編の動画です。

スポンサーリンク

キングダム 信は実在した

    出典 pbs.twimg.com

キングダムは秦の始皇帝が中国を統一した話がベースです。

舞台は紀元前3世紀の中国です。

春秋戦国時代の真っただ中、後に始皇帝となる秦国の若き王・エイ政(えいせい)が信(しん)という同年配の奴隷出身者とともに、史上初めての中華統一を目指すという物語です。

秦の始皇帝は歴史の教科書でも有名なな通り実在の人物です。

主人公は奴隷出身者の信の方で天性の武人という役回りです。

史実では「李信」という実在の将軍をモデルにしていて、

司馬遷の『史記』に出ています。

スポンサーリンク

キングダム 信は残念 山崎賢人

    出典 pbs.twimg.com

映画では山崎賢人が信を演じていますね。

 

さて、その信こと史実では李信ですが、

史実では格好悪く、引き立て役になっています。

スポンサーリンク

キングダム原作者 絶賛 おわりに

大ヒット映画となった「キングダム」

公開されてからおよそ2ヶ月で、興行収入が50億円を突破しています。

これは続編も期待できますね!

 

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント