小池祐貴 9秒98がヤバい!動画は?サニブラウンに勝てる?

スポーツ
スポンサーリンク

小池祐貴が100mで9秒98を出しました。

日本人で9秒台は3人目。

動画を見てみましょう。

スポンサーリンク

小池祐貴 9秒98

小池祐貴 9秒98のニュースは、次のように報道されています。

 ダイヤモンドリーグ第10戦第1日(20日、ロンドン)男子100メートル決勝で日本選手権3位の小池祐貴(24)=住友電工=が追い風0・5メートルの条件下、日本歴代2位に並ぶ9秒98をマークして4位となった。「10秒の壁」を破った3人目の日本選手。世界のトップが集うレースで自己ベストを0秒06縮めた。前日本記録保持者の桐生祥秀(23)=日本生命=は10秒13で7位だった。

成長著しい小池が10秒の壁を突き破った。9秒98。桐生、サニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=に続く日本勢3人目の9秒台をマークして胸を張った。

「ほぼ会心のレース。自己ベストが出せてよかった」

9秒台の自己記録を持つ選手が7人そろった決勝。スタートから抜け出し、中盤までトップに立った。終盤でかわされたが、10秒04だった自己ベストを0秒06更新。6月にサニブラウンがマークした日本記録には0秒01及ばなかったものの、桐生に並ぶ歴代2位だ。

中学まで野球部で、エースで4番。高校で陸上を始めた。桐生と同じ1995年生まれ。高校時代は3年時に10秒01をマークした好敵手に次ぐ“世代の2番手”の存在で、全国大会では2着ばかりだった。

ライバル勢の動きを動画に撮って研究する。前半型と後半型で見比べ、スタートのフォームなどを参考にする。「統計的に見て共通点を探す。自分のタイプと合っているのは誰なんだろうって」。出足を課題としてきたが、五輪で金メダル9個を獲得した米国の名選手カール・ルイスの映像を見て「強い選手は最初を気にしていない。最後に勝てればいい」と吹っ切れたという。

来年の東京五輪での決勝進出に期待が膨らむが、「これで4位ということは、実力が足りない」。400メートルリレーでも期待を抱かせる知性派の韋駄天には、十分な伸びしろがある。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

小池祐貴 9秒98 動画  ダイヤモンドリーグ・ロンドン

ダイヤモンドリーグのロンドン大会男子100メートルで、

小池祐貴が9秒98を出しました。

桐生、サニブラウン・ハキームに続いて3人目の快挙です。

では、さっそく動画を見てみましょう。

スポンサーリンク

小池祐貴 ツイッターで

小池祐貴選手は9秒台を出したあと、

ツイッターで感想を上げています。

9秒台を出しベストを出して浮かれるでもなく、

9秒台を出しても4着という現実に気落ちするわけでもなく、

それを収穫としようという前向きな発言でした。

 

小池祐貴選手は陸上競技界のレジェンド為末大の言葉を引き合いに出し、

リツイートしています。

フィジカルではなく、

マインドの部分が重要だと小池祐貴選手も肝に銘じているのですね。

スポンサーリンク

小池祐貴 9秒98に世間の反応は?

日本人に9秒台は難しいと思っていたが、短期間に何人も9秒台が出るとは。
凄い時代になったもんだ。

 

最近は小池さんの方が桐生さんより調子が良いよね。
みんな頑張って欲しいわな。

 

何と3人も10秒切りましたね。
確かにそれでも4位か?
は、実感でしょうね。
世界で3位以内つまり100メートル競争で最終レースに残ってメダルを取ることが、いかに大変か、
わかりますね。
リレーは凄く期待出来ますね。
これから何か日本選手が、やってくれそうな感じがしました。

 

今シーズンの小池は絶好調だったから近々出るなと思っていた。
良いスタートだったし、終盤は上位3選手が一気に来たが見事な9.98。
小池とサニブラウンは今シーズンはまだまだ記録が伸びそうだし、桐生や山縣等々も切磋琢磨して貰いたい。

 

誰かが記録の壁を超えると一気に
続出する典型的な例。
桐生の偉業は多大だし、今回9秒台出し方小池も
素晴らしい。これからはコンスタントに
記録をだし続けて世界に追いついてくれたら。

 

サニブラウンの体格には絶対勝てないと思ってましたがすごいですね。
後半の伸びをマスター出来ればメダルも見えますね。

スポンサーリンク

小池祐貴 9秒98 おわりに

小池祐貴選手、記録おめでとうございます。

オリンピックでの活躍を期待しています!

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント