小泉進次郎 育児休業がヤバい!理由は?滝川クリステルのため?

社会
スポンサーリンク

小泉進次郎大臣が育児休業を取ります。

育児休業を決めた理由とは?

世間の反応を見ていきましょう。

スポンサーリンク

小泉進次郎 育児休業

小泉進次郎 育児休業のニュースは、次のように報道されています。

 小泉進次郎環境相が「育児休業」を取得する方針を固めたことが15日分かった。複数の関係者が明らかにした。短時間勤務やテレワークなどを組み合わせ、月内に予定されている第1子誕生後の3カ月間に合計2週間程度、育児のための時間を確保する考え。環境省の業務見直しや働き方改革に向け、同日開く「選択と集中」実行本部で正式に表明する。

小泉氏は昨年8月にフリーアナウンサーの滝川クリステルさんと結婚し、育児のための休暇取得検討を表明した。

一方、昨年9月の環境相就任後は「環境省職員にとって育休を取りにくい環境を残したまま、(自分が)取るわけにはいかない」とも発言していた。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

小泉進次郎 育児休業の理由とは?

 

小泉進次郎大臣は、

ブログで育児休業の理由をこう書いています。

 

子どもが生まれるにあたって、あまりに知らないことが多いので、様々な専門家や親御さんにお話を聞かせていただきました。その中で、妊娠・出産によってホルモンバランスが崩れ、産後の孤独な育児によって「産後うつ」になる方が約10%もいる、ショッキングな事実を知りました。

私自身、妻の様子を隣で見ていて、率直に育休を取りたいと思うようになりました。

 

現在の男性育休取得率は6.16%にとどまっているというデータがありますが、当事者としてそのギャップが生まれている理由が分かりました。

「あぁ、世の中の男性もこういう葛藤を抱え、育休を取りたくても取りにくい思いを抱えながら働いてるんだな…」と、当事者として痛感しました。正直、ものすごく悩みました。

 

男性公務員の育休を「原則1カ月以上」とする目標の実現に向かい、政府方針も決定しました。しかし、制度だけではなく空気も変えていかなければ、育休取得は広がっていかないでしょう。

引用https://ameblo.jp/koizumi-shinjiro/entry-12567173956.html

 

奥様である滝川クリステルさんのケア、

男性の育児休業の取得を広げるためと述べています。

スポンサーリンク

小泉進次郎 滝川クリステル 結婚報告動画

2019年に小泉進次郎と滝川クリステルが結婚。

同時に妊娠の発表もありました。

2人の結婚報告の動画を見てみましょう。

スポンサーリンク

小泉進次郎 結婚の理由は?

小泉進次郎氏は、

「政治の世界は戦場で緊張感を持って、

寝るときも鎧を着たまま寝ている感覚だったが、

彼女といると鎧を脱いでも良いと思った。

無防備で良いと思った、

理屈を超えている」

と滝沢クリステルの存在を語りました。

これが結婚の決め手だったようです。

スポンサーリンク

小泉進次郎 プロフィール

小泉進次郎のプロフィールです。

生年月日 1981年4月14日(38歳)
出生地 神奈川県横須賀市
出身校 関東学院大学経済学部経営学科[1]
コロンビア大学大学院修士課程
所属政党 自由民主党(無派閥)
親族 小泉又次郎(曾祖父)
泰道照山(曾祖父)
小泉純也(祖父)
小泉純一郎(父)
小泉孝太郎(兄)

 

スポンサーリンク

滝川クリステル プロフィール

滝川クリステルのプロフィールです。

本名 滝川 ラルドゥ・クリステル雅美
(Takigawa Lardux Christel Masami)

出身地 フランス・パリ
国籍 日本
生年月日 1977年10月1日(42歳)
血液型 AB型
最終学歴 青山学院大学文学部フランス文学科
所属事務所 フォニックス
職歴 元共同テレビアナウンサー(フジテレビへ出向の後、専属契約)
活動期間 2000年 –
ジャンル 報道番組

スポンサーリンク

小泉進次郎 育児休業に世間の反応は?

大臣就任直後の言葉を考えれば、果たして環境省内での男性職員の育児休暇はとりやすくなったのでしょうか。また大臣が育休を取得することで、職員の育休取得率が上がりそうだということになったのでしょうか。

 

育休取得してもいいんじゃないの?
いてもいなくても問題ない人なんだから。

 

さすがに空気読んで休暇取ることはないと思っていたんだが、まさか取るとは。
ここまでKYとは思わなかった。
もう政治家として終わったね。

 

いくら育休とれるようにすべきとはいえ、絶対に取れない交代出来ない職種もある事ぐらい理解すべき。

 

結局取るのかよ。
ま、大臣なってから、人気急落、株は下がりっぱなしだからね。
ここで、おば様方からの人気回復策の一環ですね。国会閉会中で、大臣室で、ハンコ付いているだけだしね。

 

この方はなかなかハートが強い..世間の声なんてどこふく風てとこでしょうか。この方への世間の声は厳しいものです。

 

スタンドプレーでしか話題を取れなくなった。自分が環境大臣であるという立場を理解していないのか。

 

法律上の育児休業ではないですよね。
とはいっても、経営者や個人事業主と違って歳費出るからな。
どうせ休むなら、経営者や個人事業主にも育休保障が出るような制度提言してほしい。

 

育休取得してもいいと思います。
だって居ても居なくても変わらないから。
いや、最近問題が色々あるからいない方が他の職員も仕事に励めますね。

 

政治家の給料は税金だと言うのを考えると
一般企業に勤めてる人が育休取るのとは訳が
違うと思うのだが・・・

 

この方も奥さまもお金たくさんあるから、シッター雇って、シェフ家に呼んでそうだけどね。一般人の男性の育休取得とは訳が違うから、「空気を変えたい」ということですぁ、なかなか参考にならないです。一般人は、出世や給与に響きます

スポンサーリンク

小泉進次郎 育児休業 おわりに

大臣が取るのだから、

日本の社会も育児休暇が取得し易くなるのか、

それとも大臣さん、エラ様だから育児休暇が取れるのか、

これからの日本の社会の育児休暇の取得率を見ていくことにしましょう。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント