宮迫博之 田村亮 引退否定がヤバい!謝罪会見の動画は?

芸能
スポンサーリンク

宮迫博之 と田村亮が引退を否定しました。

謝罪会見の動画を見てみましょう。

スポンサーリンク

宮迫博之 田村亮 引退否定

宮迫博之 田村亮 引退否定のニュースは、次のように報道しています。

 闇営業問題で19日に所属先の吉本興業から契約を解消された「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)と、謹慎処分を受けている「ロンドンブーツ1号2号」田村亮(47)が20日、都内で謝罪会見を開いた。

反社会的勢力との会合出席報道、謹慎の発表、金塊強奪事件被告の男らと写った写真報道、そしてこの日の謝罪会見。ここに至るまでの経緯について、宮迫が説明した。

まず、反社会的勢力の打ち上げに参加したのは、カラテカ・入江慎也から誘われたことがきっかけだった。宮迫、入江、亮と3人で飲んでいたときに「今度、結婚パーティーがある。顔を出してくれ」と誘われた。ギャラが出るということで、値段を確認すると宮迫は100万円、亮は50万円だった。

「亮君が『大丈夫か。そんな大金払えるとこ?』と入江君に聞いたら『僕のイベントのスポンサーについてくれている、吉本の会社を通したスポンサーなんで、そこは安心です』というのを聞いて、亮君は『じゃあ大丈夫か』と。亮君ははっきり覚えているようです。それで行ったのが経緯」(宮迫)

つまり、間接的にでも吉本興業本社ともつながりがある取引先という認識から、宮迫らは直営業に行くことを決めたというのだ。

だが、これは騒動が大きくなったことで後から確認した事項である。フライデーから最初に直撃されたときには、記憶がはっきりせず、思い出せなかったという。当初は「身勝手な解釈で、自分はギャラはもらってない」と吉本興業に報告していた。その後、入江が解雇されるなどしたが「こんなことで解雇になるんかと、僕はまだその時、ことの重大さに気づいてない。被害者がいることに気づいていませんでした。会社に電話して、なぜこんなことで解雇になるんだと詰め寄ったりしてしまいました。自分が悪いのに」。

フライデー掲載の翌日(6月8日)、亮から金銭授受の事実を会社に伝えようと連絡を受け、そこで自身が100万円受け取ったことを改めて認識させられた。亮、レイザーラモンHG、ガリットチュウ福島、そして吉本興業の社員2人、吉本の弁護士2人の計8人で話し合った場で、金銭授受を伝えた。

報道はかなりの反響を呼んだが、会社は「静観」でいく方針を当初から決めていたという。詐欺の被害金を受け取った深刻さをようやく認識した宮迫でさえ「会見開いて言ったほうがいいのではないか」と伝えるも、許可は出なかった。

6月24日になって、会社に呼ばれた全員に謹慎が言い渡される。その際、亮が会社側に「辞めてでも、一人でも会見させてくれ」と訴えたが、許可は得られない。

宮迫は、その場での岡本昭彦社長の“パワハラ”を明かす。

「吉本興業の岡本昭彦社長が、そこにいた弁護士と社員に『全て(外へ)出ろ』と。僕たちと岡本社長と5人だけになりました。岡本社長がおっしゃったのは『お前ら、テープ回してないやろな』と。そんなことするわけありません。『亮、ええよ。おまえ、辞めて、一人会見したらええわ。やってもええけど、ほんなら全員連帯責任でクビにするからな』と言われました。『それでもええんやったら記者会見やれ』と。『俺にはお前ら全員クビにする力があるんだ』とそう言われて、全員、何も言えなくなりました」

その後も、宮迫は岡本社長に「引退会見でもいいから謝罪させてくれ」と嘆願するが、受けた回答から「引き伸ばされて、うやむやにされる」という不信感を持った。そこで、自ら弁護士をつけて会社との交渉を進めるに至る。

18日、吉本から宮迫らの弁護士に書面が届いた。「僕と亮くん2人の引退会見。2人との契約解除。どちらかを選んでください」という内容だった。

急な書面での申し伝えに驚いた宮迫と亮は会社に足を運んだが、岡本社長が対応することはなかかった。吉本の弁護士から「2人の引退会見を拒むなら、2人の契約解除」という条件を提示され、もし記者会見をするなら、19日正午と設定された。

さらに、吉本が想定する質疑応答を練習させるため、引退会見をすると決めた場合は、2時間後に会社に戻るように言い渡されたという。

「会社を出て、亮くんと話して、会社主導の引退会見、当初僕らがお願いしていた生放送もかなわない。そうなるくらいならば、会社を辞めて自分たちでという判断になり、今日に至ります」(宮迫)

宮迫は契約解除されたことには「なんの文句もございません」ときっぱり。ただ、引退は否定し「何度もそのことを考えました。ですが、僕は18歳から30年間、この世界のことしかやってません。できることは、この世界で学んだことしかないです。引退してしまうと、僕のような者でも、僕の能力でできることで、何かお役に立てることがいつかできるかもしれない思いがあるので、引退は今は考えられません」と話した。

出典headlines.yahoo.co.jp

 

スポンサーリンク

宮迫博之 謝罪会見 動画 引退しない

では宮迫が引退しないと引退を否定した動画を見てみましょう。

 

スポンサーリンク

宮迫博之 田村亮 引退否定に世間の反応は?

確かに宮迫と亮のやってきたことはよろしいとは言えないが、吉本も弱みにつけ込みすぎだと思う。
恐らく亮の言ってたことがすべてだと思う。
本当はもっと早く会見もしたかったはずなのに、会見もできずにネットでは憶測でここまでするかというぐらい叩かれて、多分亮の涙は苦しみの涙だと思う。
会社も週刊誌もグルなんだろう。
マスコミの情報操作の恐ろしさを痛感した。
巨大な悪に武器なしで挑んだ2人は勇敢だと思う。
もちろん今回の事は十分に反省してまたテレビで観れたら嬉しいね。

 

今日の記者会見で話された裏側が全て事実なら、吉本新喜劇やテレビで吉本所属の芸人さんが面白い事をやったり言ったりしてても、心から笑えなくなると思う。宮迫さんや亮さんもだけど、吉本興業にとっても大ダメージ。

 

こういう闇営業に関わった芸人を全員連帯責任で吉本がクビにする以前に、これまで40年近くジャニーズと共謀してテレビ界をやりたい放題牛耳ってきた吉本が製作に関与しているお笑いの長寿番組に、テレビ局は大ナタを入れるべきところまで来ており、その果て、ジャニーズと吉本を完全に敵に回し、吉本製作のお笑い番組の枠を全部、ドラマやアニメ・音楽番組に転換し、全部他のプロダクションに回さなければいけない。音楽業界を不況のどん底に沈めた原因を作るべく長年のさばってきた吉本をジャニーズ共々、もう断罪するしかないのだ。

 

淳は亮を見捨てないと思う。
吉本を飛び出してでも、コンビを続けると思う。
そうあって欲しい。

スポンサーリンク

宮迫博之 田村亮 引退否定 おわりに

今まで宮迫に批判的な意見が多かったと思いますが、

会見をしたことで、

世間の見方が変わってきたように思えます。

宮迫と田村亮の話したことがすべて正しい事実という確証はありません。

吉本興業の岡本昭彦社長も自らにかけられたパワハラ疑惑を解消するために、

記者会見をするべきと思います。

今後、新しいニュースが入り次第、お知らせします。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント