ももクロ 早見あかり 脱退後初共演がヤバい!動画はこちら

芸能
スポンサーリンク

ももクロと早見あかりが、脱退後初共演します。

ニュース動画を見てみましょう。

スポンサーリンク

ももクロ 早見あかり 脱退後初

ももクロ 早見あかり 脱退後初のニュースは、次のように報道されています。

女性4人組グループ「ももいろクローバーZ」と、2011年4月に同グループ(当時は「ももいろクローバー」)を脱退した女優の早見あかり(25)が、約9年ぶりに“共演”したことが14日、分かった。早見のグループ脱退後、初共演になる。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

ももクロ 早見あかり  SOPHISTANCE 動画

それではさっそく、早見あかりが再びももクロと合体した動画、イラストを見てみましょう。

 ももクロと早見は発酵スキンケア「SOPHISTANCE(ソフィスタンス)」のアンバサダーに就任。その第1弾プロジェクトとして、イラストが動くイメージ映像を制作した。

「飾らない、素直な自分こそが、美しい」というコンセプトに沿って、イラストで描かれた5人が、それぞれに「自分らしさ」を宣言する内容になっている。

当初は、同ブランドのポスター撮影で再会の夢をかなえるはずが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、延期を余儀なくされた。その代案として制作されたのが、今回のイメージ映像。新型コロナの感染予防のため、アフレコ収録もリモートで行われ、対面による再会はお預けになったが、関係者は「コロナ禍が収束すれば、5人で集まってプロモーション活動、PR活動をする予定があります」とコメント。ただ現時点では、具体的には決まっていないという。

スポンサーリンク

ももクロ 百田夏菜子コメント

 リーダーの百田夏菜子(25)は「別々の道を約10年間歩んできて、こういう形でお仕事できるのはすごくうれしい。5人で撮影する日が来たら、緊張しちゃいそうだし、いろいろな気持ちでいっぱいになりそうです」とコメント。「あかりんの声と自分たちの声が重なるのは、特別な思いが込み上げてくる。一緒に撮影できる日が早く来たらいいな」と心待ちにした。

早見も「5人で仕事をすることがなかったので『ついに来たか』と、テンションが上がりました」と大喜び。「実際に会っての撮影は延期になりましたが、イラストで共演する姿を目にした時、約10年間の5人の成長した雰囲気が出ていて、感慨深かったです。撮影が行われるのが楽しみで待ち遠しい」と話した。

◆交友きっかけ

今回のアンバサダー就任は、百田がメンバー、交友の続く早見に商品を紹介し、「肌で悩む多くの人に届けたい」と志願して決まった。イラストレーターの佐々木香菜子さんがイラストを担当。自信に満ちあふれた5人の表情を、優しく繊細なタッチで描いた。

スポンサーリンク

ももクロ 早見あかり 脱退後初に世間の反応は?

5人とも美しく成長して、遂にきたか!という感じですね。これからの展開も楽しみです。

 

早見あかりとももクロのエピソードは双方からよく聞くけど、有安とももクロはどちらも言及しない。事務所が違うから触れにくいのもあるんだろうけど、やっぱり辞め方が原因なのかな。まぁ、それ以前にも色々あるんだろうな…

 

緑の人は?って書いてる人多いけど
ももかはももクロ辞めた後
自分の彼氏が代表を務める個人事務所で
アーティストとして活動再開したから
もう別事務所の芸能人さんになるので無理だよ
あかりんはももクロ脱退後も同じ事務所だから…

 

同じスターダストだから実現出来ましたね。
そういや、アイドルでなくなった早見あかりさんだけ既婚者かぁー
それだけ年月が経過したんだなぁ

 

もう10年ですか。時が流れるのは早いですね。
ももクロも早見さんもそれぞれ活躍され成功されてます。これからはもっとコラボの機会を増やして欲しいですね。
お互い切磋琢磨して更に向上して欲しいです。

 

勝手な想像ですが、グループ抜けて他事務所移ってすぐ共演なんてしたら、他事務所も「そんなのアリ?」って戸惑うと思う。ビジネスとしてリスクになることを有安さんは選んだ訳だから、しばらくは共演なんて難しいでしょう。

 

有安さんの話題は、もういいでしょう。彼女には彼女の考えがあっての脱退だったし、最後のライブで『こうするしかなかった』って言ってたでしょう。お互いの道で頑張っていけばいいことだし、このニュースに有安さんの名前が出てくるのは、ナンセンスです。

 

早見はメンバーに個人として
理解されながら脱退できたんだな。
別の道に行った戦友、みたいな。

スポンサーリンク

ももクロ 早見あかり 脱退後初 おわりに

安直な共演を避け、

10年置いてお互いが熟成した時に再び共演したことが、

素晴らしいと思いました。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント