無断キャンセル 最新防衛策がヤバい!飲食店の死活問題に新サービス?

社会
スポンサーリンク

飲食店の無断キャンセル問題が話題になっていますが、

最新防衛策が報道されています。

いったいどんな対策を?

スポンサーリンク

無断キャンセル 最新防衛策

無断キャンセル 最新防衛策のニュースは、次のように報道されています。

 飲食店に予約を入れていたにもかかわらず、その日時になっても店に連絡がなく、または店の連絡を無視して来店しない「無断キャンセル(No Show)」が後を絶たない。経済産業省が昨年11月に発表したレポートによると、無断キャンセルが飲食業界に与える損害は年間で約2000億円になるという。

「無断キャンセルは3000円~5000円程度の店で多く、予約全体の5%程度」(鈴木取締役)に上っており、忘年会シーズンで書き入れ時であるはずの飲食店は戦々恐々としているのが実態だ。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

無断キャンセル 最新防衛策とは?

それでは無断キャンセルに、

どのような対策をしているのでしょうか?

 

電話受付の代行サービスを通じて無断キャンセル対策

予約をした後に、1度も変更の連絡がない人は予約したことを失念している可能性があるため、3日前から電話をし、「人数変更がないか」や「選べるメニューの確認」などを尋ねるようにしているという。

「もし電話に一度も出てもらえない場合は、クライアントに無断キャンセルの可能性があると注意喚起します。それでも出てしまうNo Showの客に対して、クライアントからは『ちゃんとつながるまでかけてほしい』と言われることもありますが、電話に出ても『今行きます』と言いつつ、結局来ない人がいるのも現実です」

電話で確認を取ることで、

うっかり忘れを防ぐ対策ですね。

これは普通に今まであったと思います。

ノーキャンドットコム キャンセル料回収業

ノーキャンドットコムというサービスでは、

キャンセル料を回収する業務を、

成功報酬30%の支払いで行うサービスです。

これまでの回収率は48%になるので、

上々の成果ではないでしょうか?

「予約のあった電話番号にショートメールで督促をします。1通目は飲食店側が無断キャンセルと認定した直後に、2通目をその1週間後、それからは3日おきに送り、最大5通送ります」

7割の人が最初のメールで支払うそうで、

これはキャンセル料を催促されたら払う、

催促されなければラッキーという考えの人が多いということですね。

無断キャンセル対策 ぐるなび、食べログ

 2年前にぐるなびが法人予約の場合のみ全額キャンセル料を保証するサービス、食べログも1年前に同社の新プランに入れば無料で全額キャンセル料の保証を得られるサービスを始めるなど、無断キャンセルへの補償を行う予約サイトも増えてきた。

しかし結局、サービス提供会社に支払う保険料や手数料があり、結局コストがかかってしまいます。

無断キャンセル対策 事前決済

そのため独自に、

店で予約時に保証金をもらい、

顔を突き合わせて信頼を得ることで、

無断キャンセルを無くした飲食店もあります。

 

それをシステム化したのが、

事前決済システムで、

予約時にクレジットカードを入力するものです。

 保証金のように、事前決済ができれば無断キャンセルの最大の抑止力になるのは間違いない。実際、予約時にクレジットカード情報などを登録する事前決済システムの導入で、防衛に成功している飲食店も徐々に増えつつある。

スポンサーリンク

無断キャンセル 最新防衛策に世間の反応は?

無断キャンセルの横行は、最終的にはレストランで食事を楽しみたいまともな客に、値上げという形で跳ね返ってきます。
ホテルのように、予約段階でクレジットカードで事前決済させるべき。あとは海外からの観光客!同様に厳しい対応で臨んでほしいです。

 

事前決済システムは良いと思う。
店によっては「お客様との信頼が…」って意見もあるでしょうけど、全国でそのように決めてしまえばいいんじゃないでしょうか。客側だって仮押さえでうまって予約が取り辛いとか少なくなるし。

 

店側としては無断キャンセルは、損害によっては死活問題に直結します。 予約金や違約金をはっきりと打ち出して、団体や個人に関わらずしっかり対応したらよいと思います。 悪質な場合は損害賠償も実施すべきですね。

 

うっかり忘れてしまった。という行為に罪悪感を持ってない気がしてならない。
と言うか罪悪感が無いから忘れられるんだろうな。

これが会社のアポで自分の業績になるような事ならうっかり忘れたり、とりあえずアポだけなんていい加減な事はしないはず。

 

旅行会社で部屋が決めれなかった時
2つ仮押さえしてこの日までに
連絡くださいといわれ1万置いてきたことがある
旅行会社の前金は当たり前なのに
飲食店の前金は難しいのはおかしい
食材、座席、店員もそれに合わせて
動いてるのを忘れていませんか?

 

海外では数十年前からそんなだったが、
日本でもそうなっかと思う。
無断キャンセルがどれほどのことかを
感じない考えられない人たちが増えたのは
悲しい。

 

海外だとレストラン、高級ホテルなど勿論、病院受診するのもクレジットカード提示求められる場合がある。
自分はこれで良いと思う。
医療費の未払いなども防げる一因となるし。

嫌なら違うとこへ行けば良いし。

 

もちろんその前になかったわけではありませんが、ネット予約ができるようになってからこういうケースが激増したと聞きます。
この前、飲食店などの大手予約サイトに公取委の指導が入っていましたが、予約手数料や加盟店舗にサイト専用の席を用意させるようにするのであれば、予約サイトはこういったキャンセルについても一定の責任を取るべきだと思います。いいとこどりだけは汚いですよ。

 

予約段階でクレジットカードを提示する。もしくは、クレジットカードがなければ店頭にて身分証明書を提示し予約とするなど、身元保証になるものを受け付けなければ予約出来ない。とすべし
簡素化、安易、楽々など受け手にとってはメリットあるが、無断キャンセル等で店が損害を被る予防策にもなるのでは?
世の中、良い人ばかりでないのも現実。なんでも簡素化は危険ではないでしょうか。

 

ネット予約は簡単だけど、その分予約意識も簡単なものになってしまっている。
せめて大きな予約の場合は予約者の素性がはっきり分からないと受けないなり、また、サイト予約取引実績信用を積み立て制みたいにすれば良い。

 

スポンサーリンク

無断キャンセル 最新防衛策 おわりに

中にはポイントを貯めるために、

空予約をする人がいたり、

ただのイタズラ目的の人もいて、

今や事前にクレジットカード入力や、

保証金前払いは当たり前かなと思います。

ホテルの予約はキャンセル料が取られるので一緒ですよね。

忘年会シーズンになったので、

無断キャンセルが無くなるようにと思いました。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント