健康ミネラルむぎ茶 増量 理由がヤバい!不動の人気の理由

社会
スポンサーリンク

健康ミネラルむぎ茶が年々内容量が増量しています。

いったいどういう理由で増えているのでしょうか?

スポンサーリンク

健康ミネラルむぎ茶 増量

健康ミネラルむぎ茶 増量 理由のニュースは、次のように報道されています。

 不景気や増税の影響で多くの商品が内容量を減らしていく一方、なぜか少しずつ大きさを増している伊藤園「健康ミネラルむぎ茶」がSNSで注目を集めています。コンビニ限定ボトルはなんと670ml!

「健康ミネラルむぎ茶」は、笑福亭鶴瓶さんがイメージタレントでおなじみのロングセラー商品。現在の670mlボトルは2016年に販売を開始しました。消費税が8%になったのが2014年ですから、徐々にさまざまな商品で値上げや減量が目立ちはじめていた時期です。

伊藤園によると、いきなり670mlになったのではなく、500ml → 600ml → 630ml → 650ml → 670mlと段階を踏んで増量を重ねてきたのだとか。容量が増えた理由については「熱中症の危険性がテレビでも取り沙汰され、水分とミネラルを小まめに補給できる麦茶のニーズが高まっため」とのことでした。増量は世間の声に応えた結果だったのですね。

ちなみに、改良されたのは内容量だけではありません。670mlボトルが誕生した2016年には味わいも大きくリニューアル。やかんで煮出した昔ながらの「甘香ばしさ」と、ごくごく飲めるスッキリとした後味を両立させた味わいになりました。食事だけでなくスポーツのお供にまで、あらゆる場面を想定した味のこだわりは、公式サイトでも紹介されています。

今夏もまだまだ暑い日が続くと予想されているので、こまめな水分補給で猛暑を乗り切りましょう。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

健康ミネラルむぎ茶 増量の理由は?

伊藤園「健康ミネラルむぎ茶」は、

500ml → 600ml → 630ml → 650ml → 670ml

と増量し続けています。

増量し続けている理由は、

熱中症の危険性がテレビでも取り沙汰され、

水分とミネラルを小まめに補給できる麦茶のニーズが高まっためです。

 

麦茶はカフェインありませんし、

ミネラルも取れるので、

水代わりにグビグビ飲めますね。

スポンサーリンク

健康ミネラルむぎ茶 増量にSNSでは?

スポンサーリンク

健康ミネラルむぎ茶 増量に世間の反応は?

気がついたら内容量が減ってるものが多い中
増えてるのは嬉しい!
コンビニなどでも迷った時は量が多いものを選んでしまいます。

 

10年くらい前まではこだわって薬缶で煮出してたんですけどね、
火を使うのを躊躇う暑さに負けてる日が増え徐々にコレに。
冷蔵庫に入れるだけだし、大容量もありがたいです。
味わいスッキリで万人向きですが、贅沢を言うならもっと香ばしさUPした濃いめやつも欲しいなあ。

 

ライブで東京ドームに行った時にペットボトル持込に制限がありスタッフに聞いたら700mlまでは大丈夫と言われて伊藤園の麦茶がギリギリ持込出来たのを思い出した。
個人的には味も一番濃くて好きです。

 

490や470に減してるメーカーより好感が持てる。

スポンサーリンク

健康ミネラルむぎ茶 増量 おわりに

子供の頃は家で作った麦茶を、夏は沢山飲みました。

最近は麦茶はお手軽に買って飲めるようになりました。

 

汗をかいて失った手軽にミネラルを補給できる「健康ミネラルむぎ茶」は、

もはや夏の飲料の定番ですね。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント