村田諒太 再戦がヤバい!TKO王座奪還の動画は?ロブ・ブラントを破壊!

スポーツ
スポンサーリンク

村田諒太が再戦で見事なTKO勝利を飾り、

王座を取り戻しました!

激しい戦いぶりを動画で振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

村田諒太 再戦 TKO

  出典headlines.yahoo.co.jp

村田諒太 再戦のニュースは、次のように報道されています。

同級4位村田諒太(33=帝拳)が王座に返り咲いた。昨年10月、米ラスベガスで負けた王者ロブ・ブラント(28=米国)との再戦で2回TKO勝ちした。

背水の陣で臨んだリマッチだった。4月25日、都内のホテルで開かれたブラント同席による再戦の記者会見。「ボクにとって最後の試合になるか。それとも『もっと村田を見たい』と言ってもらえるかどうか。それをジャッジメントされる試合」と退路を断ち、リベンジに向けて集中していた。会見後には報道陣に「ブラントとは会いたくなかった。屈辱的な経験をさせられた相手を前に平常心な訳がない」と戦闘モードに入っていた。

昨年10月に米ラスベガスで臨んだ2度目の防衛戦で同級王座から陥落した。3度目の「ボクシング聖地」での試合で自身初の世界戦。メインイベント登場も初めてだった。プロボクサーとして夢の1つを実現したが、当時の同級1位ブラントに0-3の判定負け。ブックメーカーの予想も大きく覆す黒星には1カ月半前の高熱をともなう風邪による調整遅れがあった。村田本人は「完全に負けた」と一切の言い訳はしなかった。

王座陥落直後は「98%ぐらは、ほぼ辞めよう」と考えていた。しかし試合動画をチェックし「あのボクシングが集大成でいいのかと考えると『それはない』と思いました」。続いて周囲からの激励もあり、自然と現役続行に気持ちが傾いた。同12月には現役続行を表明。「世界王者にあって少し満足し、ハングリーさが欠如していた。新しい目標が見つかれば力がわいてくる。それを見つけたい」。

当初の再起戦の相手は元3団体統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン、現WBA1位)が候補だった。相手陣営に断られ、6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)を撃破したことで知られる元WBO世界ウエルター級王者ジェフ・ホーン(オーストラリア、現WBAミドル級3位)も浮上していたが、村田が契約を結ぶ米プロモート大手トップランク社のサポートで、2月に初防衛に成功したブラントとの再戦に決まった経緯がある。

リベンジという新しい目標ができれば村田の意識と集中力は一気に研ぎ澄まされた。「前と同じ試合をしたら負けるわけですから」と村田。他競技からの練習理論を見て吸収し、ジムワークでも元3階級制覇王者ホルヘ・リナレス(帝拳)の実弟で元日本ミドル級1位カルロス氏をミット打ち担当トレーナーが起用。五輪金メダリストとしてアマ経験が長いだけに、コンディションさえ整えば、適応力はズバ抜けていた。

トップランク社から肝いりで派遣された3人の練習パートナーとの1日おきのスパーリングを消化。5月上旬から始まった本格的なスパーリングは130回を超えた。所属ジムの浜田剛史代表は「ここまで予定通りにいった調整はなかった。過去最高の状態」と表現した。リミットよりも200グラム少ない72・3キロで計量パスした村田も「すごく良いコンディションできています。プロにきて、これだけ自信あるのも初めて」とまで言うほどだった。

本人も納得の心身で立ったリング。国内所属ジムの世界王者による王座陥落後の即再戦で勝利した例は過去12戦で輪島功一の2度、徳山昌守の1度のみという勝率25%の「難関」だった。アマとプロで次々と快挙を成し遂げてきた村田は再び「難関」も突破し、リベンジを成し遂げてみせた。

出典headlines.yahoo.co.jp

村田のがむしゃらなファイトスタイルに驚きました。

まさかの打ち合いで、

相手を粉砕しましたね。

スポンサーリンク

村田諒太 ロブ・ブラント KO動画

では感動のKOシーンの動画を見てみましょう。

スポンサーリンク

村田諒太 再戦に世間の反応は?井上尚弥は?

 

感動した!
村田は頭が良すぎるのだと思う。
パワーがあるのに、これまでのスタイルは慎重にいきすぎてた。
今日は本当見応えあって楽しかったです!

 

厳しい試合になるかと思ってたから泣いたー
村田選手、ゴロフキンとかと比べるのはあれだけど、ブラントとかこのレベルだったら村田選手の方がパンチはあるんだから今日のカッコいいスタイル貫いて下さい!!
本当に、最高にカッコ良かったです!!
このスタイルだったら負けてもいいからビッグマッチ観たい!!

 

前回(今までの)の村田とは違って、ブラントのコンビネーションなどで後ろに下がらず、前へ前へ出て同時に攻撃も単発オンリーじゃなくて、ブラントも村田の攻めに1Rから疲れが出てた感じがした。
前回とは違う試合運びになると思ったが、まさか2Rで勝つとは。
井上尚弥(VS ロドリゲス)と同じじゃん。
でもブラントもダウンした後もボコボコに叩かれてたけどなかなかダウンしなかったのは、やはりチャンピオンとしての意地もあったのだろうね。
とにかく村田おめでとう!

スポンサーリンク

村田諒太 ロブ・ブラント おわりに

いやー!凄かったですね。

今までの村田と全然違うファイトスタイルで、

激しい打ち合いを制しました。

おめでとうございます!

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント