中島翔哉 反省がヤバい!リフティングで挑発プレー?タックル食らうも謝罪

スポーツ
スポンサーリンク

サッカーの中島翔哉選手がイエローカードを受けたのに、

反省して謝罪しました。

中島選手が挑発したとされるプレーは?

スポンサーリンク

中島翔哉 反省

   出典headlines.yahoo.co.jp

中島翔哉 反省のニュースは、次のように報道されています。

5日に行われたサッカーの日本-パラグアイ戦の前半ロスタイム、自陣からドリブルで攻め込んだ中島翔哉にパラグアイのサナブリアが後方から激しいタックルを見舞ったうえ、激高した数選手が詰め寄る場面があった。

原因は中島がリフティングをしながらドリブルをしたことだった。2点のリードを許していた上に試合も支配されていたパラグアイ側は、中島のプレーを挑発行為とみて反発。米大リーグで大量リードした場面での盗塁などが挑発行為ととらえられ、故意死球による報復につながるのと同じ構図だ。

中島に挑発の意図はなく「何も考えていなかった。気分を害する人がいたら謝りたい」と反省し、相手選手にも謝罪したという。サナブリアはイエローカードを受けたが、危険なタックルは負傷につながりかねないだけに今後も注意する必要がありそうだ。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

中島翔哉 挑発?動画 パラグアイ戦でリフティング

中島翔哉はパラグアイ戦で、

後方からサナブリアに激しく削られました。

イエローカードになりましたが、

これは中島翔哉が試合中にリフティングで遊び出して、

挑発行為をされたと思い、

カッとして制裁されたのだと見られています。

 

さっそく動画を見てみましょう。

スポンサーリンク

中島翔哉 反省?リフティングの前科

中島翔哉は、

「何も考えていなかった。気分を害する人がいたら謝りたい」と反省し、

相手選手にも謝罪したとのことです。

 

以前同じように中島がリフティングしたら、

ブラジルの実況は「これを見て! ちょっとした“ショー”をご提供! あなたのタイムラインに、中島がリフティングで割り込みます!」と言っています。

 

中島翔哉選手の場合は、

挑発ではなく、ただただサッカー好きのサッカー少年なのでは?と思えますけどね。

こちらの動画を見ると特に。

スポンサーリンク

中島翔哉 反省に世間の反応は?

小野伸二のサッカー人生を変えたと言われるタックルを教訓にしないと。あの大会キレキレだった小野はあの試合もキレキレでただ楽しそうにテクニックを見せつけフィリピン選手を振り回していた。スコアが10-0になっても日本は手を緩めることなく小野も同じだった。その行為を恐らく侮辱的と感じたフィリピン選手から蟹挟みタックルを見舞われ膝を壊された。
勿論タックルする選手が100%悪いがサッカーではこういうことが起こり得る。人種も文化も違うからいろんな考え方の選手もいる。
それを理解してプレイしないと自分が損するよ。

 

サッカー大好き青年は悪意ゼロ.中島選手のキャラも浸透しつつある.けど,挑発と思う人は思うよね.大事にならなくて良かったです

 

悪意は無かったのだろうが挑発行為と勘違いされる位に余裕のプレーをパラグアイ相手に出来る事自体が凄い!

 

悪意が無ければやって良いものではない。それは観客よりも海外でプレーする中島自身が知っておかなければならないはずなのに。

 

挑発行為かどうかが問題ではなくて、あの時あのプレーが必要だったかどうかが問題では?
自分が監督ならあのプレーには納得できないと思うけどな。あのプレーを子供たちが真似するこを懸念する。楽しむことを勘違いしてほしくない。
ただ昨日の中島に関してはあのプレー以外はかなり良かったと思う。

 

何も考えてなかったことの方が問題では?
中島は鼻につくプレーが正直多い。スキルフルで誰もが認めるテクニックで剥がしていくというよりも不恰好でも敏捷性と特有の間合い・仕掛けで剥がしていく小柄なアジア人プレーヤーの特徴をフルに生かしていくタイプの選手。
一昔前でいったらイランのアジジとかそういう系譜の選手。
外国人からしたら普通にプレーしてても相当イラつくことは容易に想像できる。これで自覚なしとかやべえよ。まあ正直注目されてないからここまではアクシデントなかったんだろうけどポルトだとそうはいかなくなるし、アジア予選では相手からマークされる立場になるからこれからは気を付けた方がいい。このての選手は一度怪我するとトップフォームには戻りにくいし。

 

パラグアイの監督は中島のことをメチャ褒めてたな。

スポンサーリンク

中島翔哉 反省 おわりに

中島翔哉選手はケガがなくて良かったです。

今後このようなプレーをして、

挑発と思われてケガをしてはもったいないですからね。

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント