仲邑菫 最年少記録がヤバい!初勝利で喜んでる?動画は?

ゲーム
スポンサーリンク

仲邑菫初段が最年少記録で初勝利です。

仲邑菫初段の喜びの動画を見てみましょう。

スポンサーリンク

仲邑菫 最年少記録

    出典headlines.yahoo.co.jp

仲邑菫 最年少記録のニュースは、次のように報道されています。

 囲碁の最年少プロ、仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)が8日、公式戦2戦目を迎え、146手で後手番中押し勝ちで初勝利を挙げた。10歳4カ月での勝利で、最年少勝利記録を更新した。これまでの記録は、藤沢里菜女流本因坊(20)の11歳8カ月だった。

仲邑初段は日本棋院関西総本部(大阪市北区)で打たれた第23期ドコモ杯女流棋聖戦予選で、同じ日本棋院関西総本部所属の田中智恵子四段(67)と対戦。対局は持ち時間各1時間の早碁で、序盤は仲邑初段の攻めを田中四段がかわしていったが、中盤の中央部での争いで、仲邑初段の白番88手目で形成は一気に逆転。AIの評価が15対84から、91対08とひっくり返り、そのまま、仲邑が押し切った。

この日も4月のデビュー戦よりは少なかったが、7台のテレビカメラと60人を超える報道陣が終結した。公式戦初勝利で、次戦は8月5日に名古屋の日本棋院中部総本部で金賢貞四段(40)との対戦。これに勝てば本選出場となる。

仲邑初段は4月、史上最年少の10歳0カ月でプロ入り。デビュー戦となった4月22日の竜星戦予選では、同じく4月にプロ入りした大森らん初段(16)に敗れ、公式戦初勝利はお預けとなっていた。4月28日には非公式戦の若竹杯1回戦で種村小百合二段(37)を破り、非公式戦ながらプロ棋戦で初勝利を挙げている。

  出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

仲邑菫 囲碁公式戦初勝利 喜びの声、動画は?

仲邑菫初段の初勝利、

喜びの?声はこちらの動画です。

スポンサーリンク

仲邑菫 最年少記録に世間の反応は?

それは凄い。
藤井くんとは違う種目だけど、若い人達が活躍することでその業界は注目されるから頑張って欲しいです。

 

囲碁も将棋も10代の子が60歳以上の人と公式戦で対局できるというところがすごいよね。

 

勝敗うんぬんよりも、まともに育っていってほしい。

 

快挙おめでとうございます。
いろいろと意見はあるかもしれませんが、囲碁以外はお粗末なんてことにならないように育っていってほしいです。これ本当に。

 

話題とスターを作ろうと、日本棋院が無理してる気がする。
素質のある子だが、人としても棋士としても、ゆっくり静かに育ててあげた方が良いのではないかと思う。

 

彼女は英才枠でプロと認められたので、厳しい競争を勝ち上がってプロになった訳ではない。良く比較される将棋の藤井七段は三十数名で半年間リーグ戦を行い成績上位2名しかプロになれない奨励会三段リーグを1期でトップの成績を修めてプロ入りした。プロ入りの経緯は大きく違うが、彼女も順調に成長することを期待したいです。

 

将棋といい碁といい伝統文化に若い風が吹くのは良いこと
周りのプレッシャー強いと思うけど楽しんで頑張って欲しいよね

スポンサーリンク

仲邑菫 最年少記録 おわりに

囲碁に興味がなくても「仲邑菫初段」の顔を知っている人は多いと思います。

これから囲碁の世界を盛り上げる役として、

今後も期待されることでしょう。

周りの重圧に負けずにやって欲しいと思います。

ゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント