年末年始 休業するチェーン店がヤバい!ガスト、ロイホ,ATMも!

社会
スポンサーリンク

年末年始に休業するチェーン店が増えます。

どこのファミレスが休業するの?

スポンサーリンク

年末年始 休業するチェーン店

年末年始 休業するチェーン店のニュースは、次のように報道されています。

 初詣からの帰り道や、大晦日に仲間同士で歓談するのに便利なファミレス。子供にとっては、お年玉をもらったらすぐにでも買い物に行きたいデパート。さらには、そのために何かと物入りな年末年始の現金を引き出すための銀行ATM。

今までは、年末年始といえば、1年で最も売り上げや利用客が望めるかき入れ時と思われていました。しかし、そのような年末年始にお馴染みの光景も、サービス業や小売業、金融業の分野で変化が起きようとしています。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

ロイヤルホスト 元旦休業

 

ロイヤルホストの元旦休業情報はこちらです。

https://www.royalhost.jp/news/images/cf29d274e4d1c0a6f223fe2e525f43df.pdf

 たとえばロイヤルホールディングス傘下のファミレスチェーン「ロイヤルホスト」は、2018年の元日に初めて休業しましたが、その結果、その年の売り上げは前の年よりも数%減少するも、従業員の労働環境に対する満足度が上がり、人材の確保に対して、プラスの効果をあげたようです。

2019-2020年の年末年始も、そのような流れは拡大。次々と大手サービス業、チェーン店が「営業休止」を表明しています。

まず前述のロイヤルホストは、今回の年末年始は全国219店舗のうち、一部を除いて2019年12月31日と2020年1月1日の営業を休業するようです。さらに、同じくロイヤルホールディングス傘下のステーキチェーンの「カウボーイ家族」も18店舗中17店舗が元日営業をお休みします。

 

スポンサーリンク

ガスト、バーミヤン、ジョナサン 元旦休業

すかいらーくグループのガスト、バーミヤン、ジョナサンも元旦休業する店が多いので要注意です。

すかいらーくホールディングスは「ガスト」「バーミヤン」「ジョナサン」などの主力チェーンの80%にあたる店舗を、12月31日18時から1月1日正午までを休業にすると発表しました。

休業情報は以下のリンクから、

店を検索し、詳細を確認してください。

すかいらーくグループ
すかいらーくグループの公式サイト

 

スポンサーリンク

幸楽苑、大戸屋も

 

天丼チェーン「てんや」は、国内201店舗中157店舗と、ほとんどの店舗で元日1月1日の営業を休止。

 

ラーメンチェーン「幸楽苑」は、12月31日の営業時間を短縮し、元日は休業する方針を発表

 

「大戸屋ごはん処」も直営店の半数以上で、大晦日と元旦を休業

スポンサーリンク

渋谷パルコ、イトーヨーカドーも元旦休業

 レストランチェーンのみならず、小売大手の「パルコ」も全18店の一斉休業に踏み切ると発表しました。2019年の元日は池袋パルコなどの全3店のみ元日も営業していましたが、2020年は全店舗で初売りが1月2日に。

また、セブン&アイグループの「イトーヨーカドー」は5都道府県16店舗が元日休業、同じく「ヨークマート」は4都県35店が元日休業を実施する予定です。

関東地方に展開するスーパー「マルエツ」はほぼ全店で元旦休業、都市部の店舗では2日も休業する予定です。「ヤオコー」「サミット」「いなげや」も元日に加え、2日も休業となります。高級スーパー「成城石井」も路面店などを中心とした164店舗で大晦日の営業時間を18時までに短縮、翌元日も去年より微増の77%で休業、さらに2日の休業も25店舗で実施します。

また、「セブン-イレブン」は都内の直営店50店舗で、元日休業実験を計画しています。セブン-イレブンといえば、2019年2月に大阪府の店舗オーナーが人手不足を理由に、自主的に時短営業をしていたところ、本部から一方的に契約解除を通告され、騒動になりました。このことでセブン批判が強まったことも、今回の流れにつながったとも考えられます。

また、コンビニ大手の「ローソン」は約100店で元日休業の実証実験を行うようです。

さらに「ファミリーマート」は元日に109店舗が、12月31日から1月3日にかけては計320店のオーナーが「店長ヘルプ制度」という制度を活用。加盟店に本部社員を派遣し、店舗の運営を代行するという。現在、ファミマは24時間営業の見直しも進めており、2020年1月末に時短営業のガイドラインを公表します。

スポンサーリンク

ATMも元旦休業

 年末年始に休業するのは、サービス業だけではありません。全国銀行協会(全銀ネットワーク)が金融機関をつないでいるATMネットワークシステムのメンテナンスが、2019年12月31日から2020年1月4日にかけて実施が予定されています。全銀ネットワークのサイトでは、銀行ATMの一部機能停止や、振込時に注意が必要と説明されています(参照:全国銀行協会)。

口座を持っている銀行のATMは問題なく操作できますが、他の銀行の口座から引き出したり、また預け入れることはできなくなるようです。ただ、ゆうちょ銀行やコンビニのATMでは提携している銀行のサービスを利用できるようです。

様々な小売・サービス業で「営業休止」が拡大していますが、多くの企業が「年越しから元日まで家族と過ごして欲しい」「従業員の『元気』充電のため休業いたします」など、従業員のモチベーションに対する配慮を示しているようです。

ネット上の消費者の反応を見ると、「不便になった」と嘆く声が多く見られるかと思いきや、思いの外歓迎されているようです。「利用する側としては便利だが、働いている方は大変そう」という意見や、「正月らしいムードを大切にしたい」という考えもあります。

さらに「他の所も休めばいいのに」「素晴らしい」「丸一日休みじゃないのか」など、否定的よりは、肯定的な意見のほうが多いように見られます。世間は意外にも、年末年始のサービス業、小売業の「営業休止」に対しては寛容なようです。

スポンサーリンク

年末年始 休業するチェーン店に世間の反応は?

働き方改革と声高々に言うんなら、不満はないでしょうし、なんなら3が日休みでも良いと思うよ。

 

年末年始はたらいてるのは、店員だけでなく納品する為に倉庫やドライバーも、休まず通常営業しています。

 

一番の稼ぎ時に、従業員を休ませる企業は
応援したくなります。
無駄に働かされるより、
元旦はゆっくり、おせちや、残り物で
家のこたつで過ごす風習を
こどもたちにも、ずっとしてほしい。

 

元旦に街中の店が休みが多いと
買物客や飲食客が少なくなり
元旦も頑張っているお店も
元旦は客が少ないから休もうの流れになる
元旦ぐらい皆んなで休んでまた1年頑張ろう

 

インショップのテナント業をしています。
ほんま、大型スーパーはつくずく時代遅れ。
元旦位休めばいいのに休まない
イオンがやるなら休めないって言うけど、だからこそ元旦休んでイオンと違って従業員大切にしてるアピールを消費者にすればいい
売上なんてほぼ増えないのに、年末に無駄に開店時間早めたり、働く側を苦しめるような事ばかり

 

確かに休む事は賛成です。
自分は現在57歳。小学生・中学生の頃は、元旦から3日までお店は休みでしたね。
コンビニもない時代でしたが、良い時代だと思います。
だんだん昔に戻りつつあるかと思います。

 

家の嫁はヨーカドーで働いてますが、元旦営業です。隣のマルエツが休みだからだそうです。他の方のコメントにもありますが、稼ぎ時に、特に元旦に休ませる所は応援したくなりますよね。従業員の事を考えずに抜け目を狙って商売するような時代では無いと思うんですがね。

今の時代の様に24時間営業がこんなにたくさんある前は、デパート、飲食店も大晦日や三が日は休みの所もたくさんあったし、その時ですら
不便に思わなかった。
働く社員、従業員も正月らしい過ごし方は絶対必要だし、モチベーションも変わるからいいと思います

 

働き方改革が騒がれているなかで、
営業する企業かあれば、納品する会社も営業しなくてはいけない。
営業する企業のトップはそのことを考えて欲しい。
…その人達は自社の社員ご働いているなか、のんびり過ごしてるんでしょうけど(怒)
子供のころはお店が営業していないのが当たり前で、のんびり家で過ごしていたと思います。
大晦日、元日を休業すれ動きがどんどん進むことを願っています。

スポンサーリンク

年末年始 休業するチェーン店 おわりに

働き方改革の影響もありますが、

人手不足もあるようです。

昔は正月は休みが当たり前で、

そのために年末大売り出しや買いだめをしたものです。

また元に戻っていくのでしょうか?

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント