日本沈没 初アニメ化がヤバい!湯浅政明監督の過去作 動画は?

アニメ
スポンサーリンク

日本沈没が初アニメ化されます。

Netflixでの公開、

どんな話になるの?

監督の過去作は?

スポンサーリンク

日本沈没 初アニメ化

日本沈没 初アニメ化のニュースは、次のように報道されています。

Netflixは、小松左京のベストセラー「日本沈没」を、オリジナルアニメシリーズ「日本沈没 2020」として初アニメ化する。「DEVILMAN crybaby」などを手掛けた湯浅政明氏が監督。2020年に全世界独占配信する。全10話構成。アニメーション制作はサイエンス SARU。ティザービジュアルも発表された。

原作小説「日本沈没」は1973年に発表され、累計470万部のベストセラー。同年の実写映画は配給収入28.2億円を記録。2006年には、草彅剛、柴咲コウの出演で再映画化され、こちらも興収53.4億円のヒットを記録した。

この原作の初アニメ化に挑戦するのは、「夜は短し歩けよ乙女」、「夜明け告げるルーのうた」、「きみと、波にのれたら」、などで世界的な評価を受ける湯浅政明監督。「DEVILMAN crybaby」以来2度目となるNetflixオリジナルアニメシリーズとして、再びアニメ作品ならではのダイナミズム溢れる映像表現で、実写では描くことのできなかった未曽有の天変地異を描くという。

2020年の東京オリンピック直後の日本が舞台となるアニメ版では、これまでの映像作品では描かれることの少なかった“ごく普通の家族の物語”を通じて、“いま描かれるべき日本沈没”がリアルに迫ってくるという。

公開されたティザービジュアルでは、崩壊した都市の中で一歩前に踏み出そうとする本作の主人公、歩と剛の姿が描かれ、シビアな現実の中でも一筋の希望を感じさせる内容となっている。

音楽は、「ピンポン THE ANIMATION」、「DEVILMAN crybaby」から3度目の湯浅監督とのタッグとなる牛尾憲輔が担当。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

日本沈没 初アニメ化 湯浅政明

湯浅政明監督の手になる日本沈没ですが、

過去の湯浅政明監督の動画を見て、

どんな感じになるのかを見ていきましょう。

本名 湯浅 政明
生年月日 1965年3月16日(54歳)
出生地 福岡県
職業 アニメーション監督
アニメーター
アニメーション演出家
ジャンル 映画、テレビアニメ
活動期間 1987年 –
事務所 サイエンスSARU
公式サイト サイエンスSARU

代表作

【映画】

『マインド・ゲーム』(脚本・監督)
『夜は短し歩けよ乙女』(監督)ほか

【テレビ】

『四畳半神話大系』(脚本・監督)
『ピンポン THE ANIMATION』(シリーズ構成・脚本・監督)ほか

 


スポンサーリンク

日本沈没 昔の映画 動画は?

日本沈没は1973年と2006年に実写映画化されています。

1973年に小松左京が原作を発表し、

オカルトブームにわく当時の日本で、

大ヒットしています。

 

スポンサーリンク

日本沈没 初アニメ化 あらすじ

■あらすじ

2020年、東京オリンピックという大きな国家事業を終えたばかりの日本を襲った突然の大地震。都内に住むごく普通の家族、武藤家の歩(あゆむ)と剛(ごう)の姉弟は、大混乱の中、家族4人で東京からの脱出を始めるが、刻々と沈みゆく日本列島は、容赦なく武藤家の面々を追い詰めていく。

極限状態で突きつけられる、生と死、出会いと別れの選択。

途方もない現実と向き合う中、武藤家の姉弟、歩と剛は、未来を信じ、懸命に生き抜く強さを身につけていく……

大きな地震を経験してきた現代ですから、

1973年当時よりもリアリティを感じます。

スポンサーリンク

日本沈没 初アニメ化に世間の反応は?

話題ではなく、実力派の声優起用してくれないかなあ。
何と言うか、アニメに命を吹き込むのは声優だと思う。
確か昔の洋画で吹替えを芸人とかにやらせて、後のDVDの発売で元々担当してた声優の音声を新たに入れたやつがあった気が…

 

原作のテーマが骨抜きにならにゃええが。
直近の実写化がサイテーだったので、とても心配。
いくら映像の技術が進歩しても、芯が通ってない作品はただの長編PVだ。

 

原作は国土消滅のシミュレーションが主題なのに、家庭視点にしたら大局的な過程の描写が疎かになって妙にお涙頂戴的作品になるだろうな。草薙の実写版が柴咲コウとの恋愛ものにした御蔭でヘンテコになったのと同じ構図(スマップ解散の原因となった女マネージャーの圧力のせいだったが)。
そもそも原作だって要所要所で市井の人々の描写はちゃんと入れてある。小松左京という天才が作り上げた設計図を後代の凡才がいじりまわしてもろくなことにはならない。尺が10回分あるのなら、過去の映像化で出来なかった原作の完全な映像化(一番原作に近い昭和版映画でも端折った箇所は多かった)にチャレンジする方が余程意味があり期待も出来る。
かつて福井晴敏が戦国自衛隊を再映画化する時「半村良の原作は読んだこともない。戦国自衛隊は作品名ではなくジャンル名」と言い放った挙句、あんな馬鹿みたいな映画が出来上がった悪しき経験が全く生かされていない。

 

日本沈没はドラマと映画で過去に作られ観ましたが、最近の異常気象や地震の被害状況など見てると、沈没までは行かないが地殻変動により日本の形が変わってもおかしくない気がする。
アニメのほうがより表現しやすいと思う。

 

2006年版から13年。
沈没に向かって動き出した原因、メカニズムには新たな学説を用いるのだろうか?
それに連動して沈没を避けるための手段も新しいものに変更する?
現在の主流の学説を採用してしまうと、より一層、現実離れしてきてしまうかもしれないのでダメかもだが。
でも2006年版の時も、当時は突拍子もない興味本位的な学説?だなと思ったし、沈没を止める手段もその方法論は幼稚に思えたが、その後、大きな地震をいくつも経験し、また、地震研究も進んで新たなトピックス的な話題を取り上げた報道を見るにつけ、バクテリアはさておき、ユーラシアプレートの動きにも着目しないといけないという大括りの意味では当たってなくもないと思う。
また、核を利用した人工地震という考え方も、この時既に存在していた証明の一つにもなると思う。
その時代の最先端学説は時に現実離れしすぎているものなのかもしれない。

 

Netflixは企画は意欲的なものがあるが、特にアニメに関しては出来が良くないものが多い。
サイボーグ009とか酷いものだった。劇場版で力作を披露したのと同じ監督だったので期待したが、作画、ストーリー共にがっかりだった。
意欲だけで過去の名作に手を出すのは止めて欲しい。

 

アニメだけでなく映画でもそうですが、アイドル起用、お笑い芸人起用でせっかくの作品が台無しになったものはたくさんあります。
宣伝広告の意図はわかりますが、良い作品を最高の状態で届けたいという思いは無いのかなぁと思います。
この映画も、宣伝に色気を出してくだらない芸能人を起用しない事を祈ります。
※一部、神木隆之介や松たか子など声優としても一流の芸能人もいるので全てが悪いわけでは無いですが、TIMEの篠田麻里子など最悪のパターンもあるので怖いですね。

スポンサーリンク

日本沈没 初アニメ化 おわりに

Netflixはデビルマンのアニメ化など、

昔の話題作を使ったものがあり、

見てみたいと思いました。

2020年にNetflixで公開です。

アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント