野口健 激怒がヤバい!自分勝手な救助要請に喝!

スポーツ
スポンサーリンク

野口健 激怒が話題になっています。

いったい何を怒っているのでしょうか?

スポンサーリンク

野口健 激怒

登山家・野口健の怒りは当然のことと思います。

野口健 激怒のニュースは、次のように報道しています。

 登山家の野口健氏が22日、ツイッターを更新し、富士山登山中に救助要請しながら、捜索中に1人で下山し帰宅していたというニュースに激怒。「安易に救助要請を出す登山者が増えている。有料化を検討すべき」と訴えた。

 野口氏は20代男性が富士山登山中に動きが取れなくなり、救助を要請したが捜索中に下山し、連絡もせず帰宅していたという仰天ニュースを添付。記事によれば男性は登山届も提出せず、アイゼンもつけていなかったという。

これに野口氏は激怒。「これはとんでもない話だ!」と切り出し「救助要請しながら、自力で下山しそのまま帰宅していたとは。そもそもアイゼンも持たずに何を考えているのか」と男性の非常識ぶりに呆れ「というか救助要請しておきながら…こういう無神経な人がいる事に呆れ果てる。罰金を取る手段はないが、ペナルティーは必要!!!」と主張した。

野口氏は怒りが収まらないのか、ツイッターを連投し「極めて悪質!名前の公開ぐらいしてもいいだろうに」と改めて男性の行為を非難。「救助隊員は命がけで救助に向かう。2次遭難のリスクを背負いながらも一分一秒早く見つけてあげたいと必死になって捜索活動をする。この男はそんなことも想像できないのか」と強く訴え「近年、あまりに安易に救助要請をだす登山者が増えている。有料化を検討すべき」と持論を展開していた。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

野口健 ツイッター「自分勝手な救助要請」に怒り

野口健が激怒しているツイッターがこちらです。

山で遭難し、救助の連絡をすると、救助隊員は遭難者を見つけるまで探します。

1分1秒の遅れが死を招くので、

多少の無理をしてでも探すのでが、

当の本人が勝手に下山してしまっては見つかりません。

 

救助隊員の2次遭難のリスクがあるので、

無責任な遭難者を野口健は怒っているのです。

 

しかも登山に必要な装備をしていないので、

山を舐めていると怒っているのです。

スポンサーリンク

野口健 激怒に世間の声は?

救助する人だって危険を伴っているんだ。
よくそれで帰れたな頭おかしい
有料化していいし、実名報道してほしい

 

費用は絶対に請求するべきですね。

 

救助要請有料化賛成。今は救助保険もある事だし、人を動かすには金があるという事を認識してもらった方が良い。あと富士山登山は有料化すべし。安易に大量の人が登りすぎ。富士山は天候が急変したら逃げ場の無い山になる事を知らずに登る人が多すぎる。登山前に装備チェック義務化なども必要。

 

20代の勝手な若者の行動では済まされないよね
命がけで救助に向かう方々の気持ちを思うと
許せない
救助は有料にした方がいいですよね

 

自力で下山できたのですから、救助要請は虚偽の通報ということになりませんかね?偽計業務妨害に相当する可能性もありますよ。かなり無理矢理な解釈して、行きすぎた考え方をすれば、の話ですが…。
それにしても、「申し訳ない、自力で下山できました」くらいのことが言えないものかな、と思います。悪意がなくとも、他人に徒労を強いたことには違いないのですからね…。

 

救急車もそうだが、明らかに不必要な救助要請には費用を請求するべきだ。

 

知り合いに山岳遭難救助隊員がいるが、彼らは本当に私生活を犠牲にしてまで任務を遂行しています。
また、非常に我慢強い性格の方ばかりで、愚痴も言わない、本当にいい男達です。
この様なことがあっても、ただ堪えるだけだと思うので、周りがこの様な声を上げてくれることにより、少しは救われのかなとは思います。野口さんのような有名な方が、この様な事を発信して頂き、救助隊員の事を思って下さる方が増えることを期待しています。

 

かかったコストは支払うべき。登山にはリスクは伴う。富士山や谷川岳のような遭難者事故の多い山に登る場合、万が一に備えてふもとで日掛け保険のようなものに加入者出来るようにした方が良いとと思う。富士山などは入山料を徴収する話もあるが、そこに保険料も組み込むべきだと思う。

 

スポンサーリンク

野口健 激怒おわりに

登山を趣味にする人口が増えると、

質が低下します。

今までとは違うシステムが必要かと思います。

救助を有料化し、

保険に加入してカバーするなど、

考えるべきだと思います。

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント