農林水産省 異例とは!なつぞらのアイスクリームが!ロングセラーのアイスクリームって?

芸能
スポンサーリンク

農林水産省 異例が話題になっています。

・農林水産省の異例とは何のこと?

・農林水産省と「なつぞら」のコラボ?

・農林水産省の「アイスクリームの解説」がわかりやすい

・なつぞらのアイスクリームが美味しそう!

・戦後に発売されて今でも売ってるアイスクリームって?

以上の事を調べてきました。

スポンサーリンク

農林水産省 異例


農林水産省 異例のニュースは、次のように報道されています。

農林水産省がNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・00)について公式サイトで“独自の解説”を展開している。酪農への関心を高めるためで、中央省庁が朝ドラの解説を行うのは異例の試み。

(略)

戦争で両親を亡くし、北海道・十勝の酪農家に引き取られた少女・奥原なつ(広瀬)が、高校卒業後に上京してアニメーターとして瑞々しい感性を発揮していく姿を描く。

第1週(1~6日)は、なつ(粟野咲莉)が牧場の仕事に取り組む姿が描かれた。今月1日のドラマ開始と同時に、農水省の公式サイト内に『今日の「なつぞら」畜産部解説』というコーナーが立ち上がり「ストーリーに併せて、畜産や酪農について、豆知識となるような独自の解説をしていきます」とスタートした。

2日は「牛乳はおいしい」、3日は「牛は何を食べるの?」、4日は「アイスクリームの歴史」、5日は「乳牛の基礎知識」という記事を連日アップ。4日(第4話)は、なつと泰樹(草刈正雄)がアイスクリームを食べ、仕事観について泰樹がなつに静かに語り掛ける感動的なシーンがあったが「物語の舞台となった昭和20~30年代は、カップアイスやアイスクリームバーが商品化され、子供たちに大人気となり始めた時代です。この頃発売されたアイスクリームには、今でも愛されているロングセラー商品も。ちなみに(明治2年に発売された日本初のアイスクリーム)『あいすくりん』は1つ50銭。当時の白米10kgが55銭という記録があり、まさに高嶺の花だったと言えるでしょう」と解説した。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

なつぞらのアイスクリーム

 

なつぞらで、アイスクリームを作っていましたね。

 

戦後で物資がない中、

持ち込んだ牛乳と卵を使って、

安田顕演じる和菓子屋の主人が、

即席で「やってみたいことがある」

と言って、ハチミツを加えて作ったのがアイスクリームです。

 

なつと、おじいさんが、とても美味しそうに食べていましたね。

スポンサーリンク

農林水産省 アイスクリームの解説

  引用www.maff.go.jp/j/chikusan/kikaku/lin/natsu_zora/index.html

農林水産省の特設ページでは、

なつの食べていたアイスクリームの解説をしています。

なつの食べていたアイスクリーム、とってもおいしそうですね!日本初となるアイスクリーム、「あいすくりん」が発売されたのは明治2年のことでした。当時はレストランで提供されるなど、まだまだ高級品でしたが、大正時代半ばから次第に家庭でも食べられるようになりました。 物語の舞台となった昭和20~30年代は、カップアイスやアイスクリームバーが商品化され、子供たちに大人気となり始めた時代です。このころ発売されたアイスクリームには、今でも愛されているロングセラー商品も。ちなみに「あいすくりん」は1つ50銭。当時の白米10kgが55銭という記録があり、まさに高嶺の花だったと言えるでしょう。

  引用www.maff.go.jp/j/chikusan/kikaku/lin/natsu_zora/index.html

スポンサーリンク

アイスクリームの最初?バニラブルー

農林水産省のHPに出ていた「このころ発売されたアイスクリームには、今でも愛されているロングセラー商品も」とありますが、

昭和30年代に発売された雪印乳業の「バニラブルー」のことかと思います。

発売当時はこのパッケージで、

40年代、50年代のこちらのパッケージを記憶している人もいるかと思います。

現在もパッケージを変えて、一部地域で販売されています。

スポンサーリンク

農林水産省 異例に世間の声は?

国営放送とかそういうツッコミは一旦、横に置いて考えると、
悪くない取り組みだと思います。
酪農など、日本の食の生産者の方々の事を知っておくのは大事なことです。
感謝も忘れないようにします。

 

こういう試みはいいですね
農林業に関心を持つ人が増えるきっかけの一つになるかもしれない
けど主人公がアニメーターを目指すから、そうなったら別の省がアニメの解説するのかな?(笑)

 

こうやって国民の関心あるものに乗っかるのはいい取り組みだと思う。
若者が酪農に興味を持つかもしれない。
今ですら需要と供給のバランスが成り立たなくなりつつあるから今後酪農家が増えないとどんどん値上げされることも考えられる

スポンサーリンク

農林水産省 異例 おわりに

国民的に関心の高いNHKの朝ドラに、

農林水産省が乗っかるのもアリだと思います。

 

戦後当時のアイスクリームの値段が、

お米10kgと同じ値段という解説は、

アイスクリームの価値がわかっていいですね。

 

「なつぞら」の話題はまたおっかけていきたいと思います。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント