岡村隆史、加藤浩次の乱を語る!オールナイトニッポン動画は?

芸能
スポンサーリンク

岡村隆史が加藤浩次について語りました。

オールナイトニッポンの動画を聴いてみましょう。

スポンサーリンク

岡村隆史 加藤浩次

    引用mdpr.jp/news/detail/1854425

岡村隆史 加藤浩次のニュースは、次のように報道されています。

 お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、25日深夜放送のニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン(ANN)』(深1:00)に出演。経営陣が刷新されなければ、所属する吉本興業を辞めると明言しているお笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次、会社への思いなどを熱弁した。

番組冒頭で「何か面白いことありませんかね。なんか、楽しいことってなんかないですかねって思っていますよ」と切り出すと「この1週間もうなんか、なんやこれはっていうことが起きましてですね。いろんな方々がいろいろおっしゃっていますけど、なんとなく僕の番が回ってきなと、何も言うことないっちゃなかったりするんですけど、今一度みなさん冷静になりましょう」と呼びかけた。

きのう24日には、今田耕司、岡村、徳井義実、又吉直樹の4人からなる通称「アローン会」で会合を行ったようで「(加藤は)『ワイドショーハイ』なんですよ。しゃべっているうち、使命感かなにかで。ぐわーって背負いだして『僕はね…』って言うてもうたんですよ。ワイドショーハイっていう風にアローン会で名付けたんです」と報告。「加藤浩次のああいう、あそこの男気、あそこが加藤浩次やと思う。でも、吉本興業にいないといけない人間やし、いなくなったら困る。オレらも仲間やし。ずっと一緒にやってきたから、やめると言ったら嫌なんです。絶対やめると言っても、やめさせません」と語った。

加藤とも直接やり取りをしたようで「感情的になったらあかんと言いました。オレは冷静やと言うねんけど。極楽とんぼでやってきて、山さん(山本圭壱)がああいうことになり、復帰に向けてやってきましたけど、いろんな思いがあるんでしょう。なかなか会社としてはいかへんということで、ジレンマにあった中で、そういう思いもわかる。その気持ちもわからんでもないけど、それと同じように若手の方々がギャラ問題とすり替わって。加藤浩次の思いと若手の方々の思いを一緒にしてはいけない」と指摘した。

会社の体質にも触れ「会長、社長、オレらと距離感あったりするねん。正直なところ言うと、距離あります。けれども、その距離が限りなく近い先輩方に『僕たちはこういう思いです、こういうのを伝えてくれないでしょうか』と言うしかない」とコメント。「先輩方は『言うわ』と言ってくださっている。せっかく吉本ですごい先輩の方々がいるから、悪い言い方やけど、使ったらええと思う。それでどないもならんかったら、もう一度みんなで集まって話をさせてくださいと言うのか。託したらいいかと思った」と言葉を選びながら話した。

日本テレビ系大みそか特番『笑ってはいけない』シリーズでおなじみの吉本興業の藤原寛副社長も、この日の放送に立ち会っているようで「怖い顔で藤原副社長が見ているんですけど、なんかメモとか取っているんですか」と冗談交じりにチクリ。「藤原さんだけですよ。何も持ってこないの。なんで僕が藤原さんにグミ渡さなあきませんのん。変わっていきましょう」と前向きに呼びかけていた。

冒頭約30分使って、今回の問題について自身の見解を明かした岡村だが「言葉選びながらですけど、言いたいことは言えたと思いますし、自分の思っていることは言いました。この思いがいろんな方に届いてくれたええなと思います」と率直な思いを吐露。その後、通常通りにコーナーに入り、吉本興業の岡本昭彦社長の会見ネタなどを読み上げていた。

出典headlines.yahoo.co.jp

 

スポンサーリンク

岡村隆史 オールナイトニッポン(ANN) 7.25

岡村隆史が、25日深夜放送のオールナイトニッポン(ANN)の内容は、

避けて通れない話題、

吉本の騒動を語りました。

ではその内容の一部を動画で聴いてみましょう。

岡村隆史が闇営業問題に端を発した一連の騒動について語った内容の書き起こしです。

スポンサーリンク

岡村隆史 加藤浩次に世間の反応は?

岡村さんはさすが中間管理職の立場だなと思いました
さんまさんが信頼している理由もわかったし、1番下の立場や気持ちを理解してる
その上での上との付き合い方も理解してるなと思った
正直松本さんでは今回の騒動を止めることはできない。
経営と近すぎる人間には無理だと思う。
初めの一歩は良かったけど、大崎擁護発言が積年の不満を爆発させたと思う。その発起人が加藤。
加藤に乗っかる若手の気持ち、一緒にしてはいけないのもある意味分かる。
だって彼は捨て身ですからね。だからこそ加藤を守るのは岡村さんやらさんまさんなのかな。
多分今の経営に疑問あるのは、本当はさんまや岡村もなのだろうからね。

 

私も加藤に関しては相方の山本の事件、その後の処遇等々長年積もっていた想いがあっての事なのかなと思っていた。
熱くなっちゃう狂犬嫌いじゃないよ。
吠えてるだけという人も沢山いたけど彼の背負ってきたもの相方への想いがあっての事だと思う。
岡村さんもいるし、彼は大丈夫かな。
そういう想いを持っている中堅がいるって会長や社長に伝わるって意味では悪くないと思う。
便乗して批判してるだけの芸人はどうかと思うが。

 

「ワイドショーハイ」言い得て妙ですね。
朝のワイドショーで長年帯の司会者を務め、世相に対し一家言を持つようになり、岡本社長のパワハラ発言に対し、元来の正義感、相方山本の淫行事件で吉本側に不信感を抱いていた下地があり、岡本社長、その先にいる大﨑会長と刺し違えてやろうと退社を口にしてしまったのでしょう。
元々NSC経由でなく、インディーズの活動から吉本に所属した経歴から、加藤にとって吉本の経営陣や先輩芸人たちにはファミリー感を感じることはなく、吉本所属以降の同期や後輩とのみファミリー感をもっていたことも、今回の「加藤の乱」の下地として大きく影響したと思う。
一時の感情の爆発で振り上げた拳を収める場所を見失い、先日の大﨑会長との会談以降トーンダウンしたことは否めない感じで、この状態で岡本・大﨑擁護派の急先鋒であるダウンタウン松本に何か言われようものなら、一気に吉本に留まる風向きになると思う。

 

この放送、聞いてました。
岡村のオールナイトニッポンは、リスナーも多いし、加藤浩次や、宮迫博之と繋がりが深い分、副社長の藤原さんが、立ち会っての放送で、聞いた人やら、マスコミも放送後にインタビューするみたいな雰囲気だったが、この放送で、加藤浩次は、吉本に必要な人材だし、最後には、岡村自身も辞めさせません。みたいな発言をしていた。
加藤浩次は、スッキリの番組内で生放送独特の雰囲気やらで、先走りしただけってことで、ことを抑えようと、岡村なりの配慮も感じる内容だった。
社会の中では、岡村みたいなやり方も、ある意味正解だし、仲間を思う気持ちは、彼の場合、人一倍強いだろうからの宮迫や、加藤に対しての言葉だった。
岡村の、真意が二人に届けばと思う放送だったね。

スポンサーリンク

岡村隆史 加藤浩次 おわりに

岡村は以外に冷静に分析して発言してますね。

加藤の乱に乗っかって批判だけしてる芸人は、

こういうとこを見習っていって欲しいと思いました。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント