尾木ママ 免許返納がヤバい!高齢ドライバーの事故で決断

社会
スポンサーリンク

尾木ママが運転免許を返納しました。

最近の高齢者による事故をふまえ、

自主的に尾木ママは免許を返納することに。

その心境とは?

また世間の反応は?

スポンサーリンク

尾木ママ 免許返納

   出典headlines.yahoo.co.jp

尾木ママ 免許返納のニュースは、次のように報道されています。

“尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏(72)が11日、東京・武蔵野警察署で運転免許証を自主返納した。12日放送のTBS「あさチャン!」(月~金曜前5・25)でその様子に密着。免許返納から一夜明け「解放感と安心感が大きい」と心境を明かした。

尾木氏は28歳の時に運転免許を取得し、ドライバー歴44年。現在も安全運転の自信はあるが、高齢ドライバーによる悲惨な交通事故が後を絶たない中、自主返納を決意した。「お別れという気持ちが凄いする」としつつも「これからの自分のキャリアは免許のないキャリアでどう切り開いていくか。一方ではワクワク感もある」と語った。

(略)

一夜明け、番組に出演した尾木氏は「返納の前は喪失感が大きんじゃないかなと思っていたし、(実際に返納してもその思いは)多少は残っていた」と本音も。それでも「今朝起きてみて、安心感と、緊張感とか、もうこれで傷つけたらどうしようっていう不安感もなくなったんだと。解放感と安心感のほうがすごく大きいです」と充実感をにじませた。

実際に返納してみて気付いたこともあったという。「窓口で運転免許証を出したら、おまわりさんに今から使えなくなりますよ?と念を押された。うそ!って思ったけど、免許を返しに車で来る人時々いるんですって。そんなことも初めて知った」。運転免許取消通知書とともに渡されたパンフレットは自主返納に伴うさまざまなサービスが紹介されていたといい、「こんなに便利なるんですよ!って新しい機能性とか希望を提示してくれたのが嬉しかった。自治体によっていろいろあるみたいですけど、東京都はリーフレット裏、表ビッシリ。でも、交通のところがやたら少ないんです。これが東京の課題だなと」と実感を込めて語った。
出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

尾木ママ 免許返納 年齢は?

尾木ママは現在72歳、

運転歴は44年のベテランドライバーですが、

安全運転の自信はあっても、

もしものことが心配で、

免許を返納しました。

 

免許を返納して、開放感、安心感があったと話しています。

スポンサーリンク

尾木ママ 免許返納に世間の声は?

尾木ママの『後押しになれば』と言う意見は凄く理解が出来る。ただ、尾木ママは都会で生活をしていて、公共の交通機関やタクシーの利用も比較的容易な地域に住んでいると思う。他の地域では車が無ければ生活が容易でない地域も多くあると思う、国にはその点を十分考慮して、いい案を出して頂きたいと思う。

 

ご高齢の方は、現実には、なかなか自分からの自主返納は難しいと思いますが、
尾木ママに、少しでも影響されて、返納される方がいれば良いですね。
それにしても、尾木ママは、もう72歳ですか、、、
びっくりです、とても、お若いですね。

 

自主返納を促すにしても、政府はそれが可能となるような交通機関の充実、交通費の補助を検討することが一番だと思う。事故は気を付けていても起こる可能性は多いにあるのだから。一律に高齢ドライバーの免許返納では、理不尽過ぎる。これを検討する立場の人達は、金銭的に余裕があるのだろうし、自分で運転しなくとも生活できる人が多いのだろうと思ってしまう。

 

 

杉様や尾木ママの自主返納は、考えるきっかけにはなるかもしれないが、正直芸能人や著名人なら自ら運転しなくても良い環境にいるだろうから、生活に不便もないだろうしね。
実際には特に地方では、不安を感じながらも身内にばかり負担をかけられないと思って運転している高齢者が沢山いる。車など持っていない高齢者の送迎をまた高齢者が行う「老々送迎」なんてのも良くある。自主返納を呼びかけるだけでなく、ハイブリッド減税などからスマートアシスト減税などに大きく移行していく必要が早急にあると思う。

 

都会ではある程度返納事例は増えて行くんだろうけど、結局公共交通機関が発達していない地域やもっと言えば過疎地域なんかは、運転免許証の返納というのはもっと規模の大きい社会全体の課題になる。
バスやタクシーを利用しやすいようにすればいい話だという意見もあるだろうが、自治体や国の予算にも限度はある。極論すれば高齢者はもう特別なコミュニティをそれぞれの地域で形成して、みんなそこで生活するとかしないと、公共交通機関の設置は難しくなるのでは。
結局人口減や人口の都心への偏り、あるいは親子の同居問題といったところにまで波及してくるのが高齢者の免許返納問題。社会が抱える色々な問題を浮き彫りにしているのがこの問題と言っても言い過ぎではないと思う。

 

スポンサーリンク

尾木ママ 免許返納 おわりに

尾木ママのような有名人の免許返納は、

決断しかねている人への良いきっかけになると思います。

ただ地方など交通の便が悪い地域の住人にとって車は水や家と一緒で生命線だったりします。

バスやローカル線の廃止などが増え、

足がなくなることで生活ができない地域があります。

高齢者の事故が多いのは事実ですが、

返納を呼びかける以外に何か方法がないのか、

例えば高齢者の技能講習や、

車に変わる手段の模索なども必要だと思います。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント