大雨 警戒レベルとは?避難勧告、避難指示との違いは?かんたん解説

社会
スポンサーリンク

梅雨の季節になりました。

最近ニュースでは、大雨の「警戒レベル」という言葉を耳にしますね。

でもレベル1とか、レベル5と聞いても、

それでどう行動したり、注意したら良いか知っていますか?

スポンサーリンク

大雨 警戒レベルとは

大雨 警戒レベルとは?

簡単に言って次のように判断すると良いでしょう。

 

レベル1  ほぼ平常

レベル2  避難行動の確認

レベル3  高齢者等避難

レベル4  全員避難

レベル5  極めて危険・手遅れかも

    出典headlines.yahoo.co.jp

専門的には、次の図を見てください。

大雨警戒レベルが3まで発令されたら、

避難準備を考えなければいいけません。

4で避難、5ではもう危ないわけです。

スポンサーリンク

大雨 警戒レベル 内閣府がわかりやすい

この内閣府のパンフは、とてもわかりやすいですね。

大雨警戒レベルの恐怖感が、

3から4にかけてわかりやすく煽っています。

スポンサーリンク

大雨警戒レベル 5段階 運用

気象庁から発表される情報では、昭和までは「注意報→警報」という2段階運用でした。

精度は決して高いとは言えませんが、運用の形はシンプルで、分かりやすかったですね。

 

平成に入り、予測技術が向上したことで、

「土砂災害警戒情報」「特別警報」といった新たな情報、ワードが入り、高度化・詳細化した反面、情報の種類が増えて、地方自治体も、住民も防災情報を使いこなすことができていないのではないかという声がありました。

そこで、大雨警戒レベルという、

5段階のシンプルでわかりやすい運用を開始しました。

スポンサーリンク

避難情報 避難指示、避難勧告との違いは?

高齢者など、避難に時間を要する人は避難を開始し、そのほかの人は避難の準備をするべき段階は「警戒レベル3

 

危険性が高まった場合、避難先へ避難するべき段階として「警戒レベル4」になります。

これには「避難勧告」に該当します。

さらに危険な状況になり、避難を促す場合には「避難指示(緊急)」が出される場合があります。

避難勧告も避難指示(緊急)も同じ警戒レベル4です。

 

警戒レベル5」は、すでに災害が発生している状況で、「災害発生情報」になります。

河川の決壊・氾濫、土砂災害が発生した状況で、市町村が「災害発生情報」を発表する情報です。

災害に巻き込まれていてもおかしくない状況です。

警戒レベル4までの段階で、安全確保をしておくことが大事です。

スポンサーリンク

大雨 警戒レベル おわりに

大雨警戒レベルはわかりやすくしたものですから、

大雨の時にはぜひレベルを確認して警戒してください。

 

レベル3になったら要注意ですからね。

 

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント