坂道グループ 注意喚起がヤバい!ファンが悲しんでいる

芸能
スポンサーリンク

坂道グループ 注意喚起が話題になっています。

どんな問題が坂道グループに起こったのでしょうか?

スポンサーリンク

坂道グループ 注意喚起

坂道グループ 注意喚起のニュースは、次のように報道されています。

 アイドルグループ「乃木坂46」「欅坂46」「日向坂46」は5月10日、それぞれの公式サイトで一部ファンの迷惑行為についてあらためて言及。「くれぐれもこれらの行為はおやめいただきますよう、お願い申し上げます」と呼び掛けました。

欅坂46、日向坂46はSeed&Flower名義で、乃木坂46は乃木坂46合同会社名義で公式サイトに掲出した「ファンの皆さまへのお願い」は、“ごく一部”のファンによるメンバーとその家族への迷惑行為にくぎを刺す内容。同様のお願いは2018年6月10日にもそれぞれ掲出されていますが、同様の行為が度々発生する“由々しき状況”であるとして、あらためての呼び掛けとなりました。

迷惑行為とは具体的に、メンバーやその家族の居住エリアにおけるストーカー行為など、メンバーのプライバシーを著しく侵害する行為だとし、警戒を強化せざるを得ない事態と説明。居住エリアでのつきまとい行為やプライバシーの侵害、車両/徒歩による追走などの迷惑行為は、理由を問わず、直ちに警察へ通報するとともに、出入り禁止措置を採るとして理解を求めています。

なお、欅坂46が4月29日に開催した個別握手会では、握手会会場内に防犯カメラを設置するとアナウンスするなど、安全管理への意識が高まっています。2018年12月に発生したNGT48山口真帆さんの暴行事件もこうした注意喚起の遠因にあるとみられます。

出典headlines.yahoo.co.jp

いま一番勢いのある坂道グループ、

注目を集めれば集めるほど厄介なファンが付きます。

スポンサーリンク

坂道グループ 注意喚起の理由は?


NGT48の山口真帆襲撃事件の余韻は、

AKSの息の根を止めそうな勢いですよね。

AKSの事後処理が悪いのは置いておいて。

 

あの山口真帆の事件も、

過剰な付きまといの末の出来事です。

 

坂道は中学生、高校生メンバーも増えています。

 

生活エリアに入りこんでくる過激なファンに、

運営の人員ではガードできないのが実情でしょう。

 

スポンサーリンク

坂道グループ 注意喚起にファンの声は?

スポンサーリンク

坂道グループ 注意喚起 おわりに

アイドルの出待ちや追っかけは、昔からいましたが、

今はソロアイドル時代と違って、

マネージャーが一人づつ、ついているわけではありません。

運営が釘を刺して、厳格な対応をすることが、まずは大事です。

 

そしてひとつ。

生活エリアまで押し換えてくる人は、

もはやファンではありませんけどね。

 

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント