清水章吾 DV報道がヤバい!証拠の音声は?妻の画像は?鬼嫁はキャラ?

芸能
スポンサーリンク

俳優・清水章吾のDV報道が話題になっています。

証拠音声とは?

奥さんの画像は?

娘のツイートとは?

スポンサーリンク

清水章吾 DV報道

清水章吾 DV報道のニュースは、次のように報道されています。

 かわいいチワワの姿に、しかめっ面のお父さんの目が釘付けに――2002年から放映されたアイフルのCMへの出演を機に、俳優・清水章吾(76)はブレイクを果たした。だが私生活では、40年の長きに亘り、妻と娘に暴虐の限りを尽くしていたという。

元モデルで父親がドイツ人のハルマンさん(69)と清水が結婚したのは、1980年。ハルマンさんには当時5歳の連れ子、絹子さん(45)がおり、結婚後に彼女と養子縁組をすることになった。ところが後に生まれた実の娘とは、露骨に差別してきたというのだ。

当の絹子さんが涙ながらに振り返る。

「私以外の家族はテーブルでご飯を食べているのに、私は床でゴミを食べさせられていました。髪の毛も根元から切られてしまい、髪型は常に男のように短くボロボロでした」

絹子さんの額には今も、清水から学習机の引き出しで殴られた際の傷跡が残る。中学3年生の時は、自殺未遂も起こしたという。

絹子さんのみならず、妻のハルマンさんも清水のターゲットだった。2019年11月8日に離婚が成立したものの、現在も清水は家から出ていかないため、母娘は部屋に鍵をかけて震えながら暮らしているという。

3年前には、絹子さんの顔を殴り、警察沙汰になったこともあった。ハルマンさんが証言する。

「110番してパトカーが来て、清水は“今後二度と暴力は振るわない”という念書を書かされました」

証拠のために録音された当時の音声は、現在デイリー新潮で公開中だ。

清水本人は、週刊新潮の取材に、念書を書いたことは認めつつも、ふるったのは「言葉の暴力です」と説明。絹子さんへの暴力は「大人になるためにやったこと」などとコメントしている。

12月25日発売の週刊新潮で、妻娘の告白を詳しく報じる。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

清水章吾 DV 音声は?

それではさっそく、

清水章吾のDVの証拠の音声を聴いてみましょう。

スポンサーリンク

清水章吾 妻 清水ハルマン

清水章吾の元妻、

清水ハルマンさんの画像を見てみましょう。

スポンサーリンク

清水章吾 娘、清水絹(桑原絹)ツイート

清水章吾の娘が、

記事をリツイートし、

このDV騒動をツイートしています。

スポンサーリンク

清水章吾 DV報道に世間の反応は?

清水章吾氏も木下医師と同じく恐妻家のイメージを世間にアピールしていた。
記事が事実であれば、こういう人の方がDV気質なのかもしれません。

 

この記事の内容が本当なら「ふるったのは言葉の暴力です」って
言葉からしてやばい奴だと思う。
言葉の暴力でも暴力は暴力です。

 

この人たしか、小遣いがないと言ってた。
妻が財布を握ってると。
後輩など若い人におごったりしないといけないだろうに、理解のない奥さんなのかなーと思ってた。
もしかして木下氏と同じでビジネスキャラだったのかな。

 

もし床でごみのような食事を与えられていたのなら、なぜ離婚しなかったのだろう。母からしたらどちらも大切な娘なのに、そんな扱いされてなぜ離れるという選択をしなかったのだろう。

 

本当なら、母親も子供を守るべきだし、家をすぐに出るべきです。
なのにずっと大人になっても家にいるというのが不思議です。なにか自立できない理由があるのかもしれませんが

 

清水氏が離婚後も出て行かないって家の名義は奥様なの?それに40年もDV受け続けてその間何処に相談なり離れて暮らすなり出来なかったのかな?
よく分からない話だ。

 

暴力はもちろん絶対にあってはならないものです。ただ奥さまの音声も火に油を注ぐような感じですね。
離婚出来ない事情おありだっだのかと思いますが、子どもが床でゴミを食べされられていて、一緒にいる意味ってなんでしょうね…。

 

お母さんが連れ子の娘さんを守ってあげて欲しかった
普通は、そんな床でゴミを…なんて、そんなことされたら、その場でその子を連れて家を出て行くし、即離婚だと思うけどなぁ

 

一見ニコニコしてて裏ではって怖いけど、この奥さんも問題。
自分の子供より連れ子が可愛いなんてことはほぼないでしょ。
そこに実の子ができたらそっちをメインに可愛がるのは想像がつく。

スポンサーリンク

清水章吾 DV報道 おわりに

76歳の清水章吾さん、

ここにきてバタバタしてきましたね。

それにしてもなぜ今、

こんな騒ぎになっているのでしょう。

清水章吾の名前を聞くのも久しぶりですが、

こんなことで名前を聞くとは思いませんでした。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント