田原俊彦、ジャニー喜多川の葬式に行かなかった理由は?動画は?

芸能
スポンサーリンク

田原俊彦とジャニー喜多川の関係性が話題になっています。

どうして葬式に行かなかった?

理由は?

動画を見てみましょう。

スポンサーリンク

田原俊彦 ジャニー喜多川

田原俊彦 ジャニー喜多川のニュースは、次のように報道されています。

 歌手でタレントの田原俊彦(58)が20日放送のTBS「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)に出演。今年7月に亡くなったジャニー喜多川さん(享年87)への思いを激白した。

「一番の恩師ですし、田原俊彦を作ってくれた第2の親父」とジャニーさんのことを振り返る田原。まさに二人三脚でスター街道を走っていたが、突如1994年に事務所からの独立を決意。実はその時、ジャニーさんと電話で“最後”の言葉を交わしていたという。「ジャニーさん。おれジャニーズやめるよ、いいよね」という問いかけに「これからもエンターテインメントを続けて欲しい」と独立を怒ることなく応援してくれたという。

田原はデビューして今年で40周年。「苦しい時のほうが多かったかもしれないけど、ステージを1年もやらなかった年はない」と胸を張る。自身のライブでは「ここだったら、こういう風に音を変えるだろうな、とか。ここでたぶん休めと言う。未だに僕のショーの中にはそういうものがある」といまだにジャニーさんから教えを参考にしているという。「ジャニーさんの最高傑作になりたい」という思いで走り続けてきた田原は「40周年ライブをジャニーさんに見て欲しかった」とその無念を吐露した。

また、ジャニーさんが危篤の際にお見舞いに行かなかった理由も告白。マネジャーから「これが(ジャニーさんと会う)ラストチャンスかもしれませんよ」という連絡はあったものの、田原は「やめとくよ…」と静観を選ぶ。その理由を「何も弊害がなければね。常時マスコミや在籍の子供たちがいるだろうし」といい「もしジャニーさんが一人で寝てたいたらね、会いにいって話をね。顔も見たかったけど、そういうわけにもいかない」と話した。

最後に葬儀に参列しなかったわけを「これが田原俊彦の“愛情表現”ですから」と独特な表現で答える。「一番ジャニーさんが脂が乗って元気だった50歳前から63、4歳まで一番僕にかけてくれたっていう。最高の時をあの人と一緒に過ごせた。僕の誇りで大切に心の中にしまって。死ぬまでその思いは変わらないと思う」とジャニーさんへの愛を語った。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

田原俊彦 ジャニー喜多川葬儀の理由 爆報!THEフライデー 動画

田原俊彦がジャニー喜多川の葬儀に行かなかった理由を語っています。

動画を見てみましょう。

「これが田原俊彦の“愛情表現”ですから」と語りました。

スポンサーリンク

田原俊彦 ジャニー喜多川に世間の反応は?

行きたくても、呼ばれなきゃ行けないだしょう。
何だかんだ言っても、応援してると言いながら、圧力かけて、テレビに出られない、芸能界から抹殺されたのだから、恨みもあるでしょう。

 

厳戒態勢でサシで面会させてあげればよかったのに。

 

本当に悲しい時って行こうと思っても悲しみで動けないんですよね。

 

見舞い行かない・葬式行かないが、愛情表現って無理ありすぎだろ。

 

やられたことは許せないわな

 

この人が1番の被害者なんじゃない

 

古巣に引け目もあるだろうしバッタリ会いたくない人もいるかもしれんが
恩人の危篤、そこはしがらみはさておき駆けつけるべきだったと思うよ
会える会えないはどうか分からないが、行かねば後悔が残るから

 

結局は最後の顔も見れなかったんだろ。プライドで。愛情表現は形に表すしか、個人の表現次第になる。つまり言い訳、言いたいようにどれだけでもなる。

 

恩人の、いまわの際にも行かない。
葬式にも行かない。とは何様でしょうか。

 

後輩や、同期が大物になってるのに、他のメンツに合わせる顔がないからだろう。
あの時じゃなくて、もう少し先に辞めればよかったのに・・・もったいない。

スポンサーリンク

田原俊彦 ジャニー喜多川 おわりに

田原俊彦は、ジャニー喜多川の最高傑作と自負していますが、

ジャニーズ事務所を辞めてから味わったどん底もあります。

 

田原俊彦とジャニー喜多川にしかわからない歴史や、

愛憎が2人にはあったのではないでしょうか。

 

番組を見てそう思いました。

 

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント