高橋大輔 世界再挑戦がヤバい!全日本選手権2位で復活!動画は?

スポーツ
スポンサーリンク

高橋大輔が世界再挑戦を語っています。

動画で昨年の全日本選手権の戦いを振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

高橋大輔 世界再挑戦

高橋大輔 世界再挑戦のニュースは、次のように報道されています。

 フィギュアスケート男子の高橋大輔(関大ク)が15日、自身が育った岡山の県スケート連盟創立50周年の集いに出席。式典後、報道陣の取材に応じ、「(来季は)限界を自分では決めていない。そう簡単にはいかないと思っていますけど、行けるのであれば、(世界に)挑戦してみたい」と語り、再び国際大会出場への意欲を示した。

2010年バンクーバー五輪銅メダリストの高橋は昨年、4年ぶりに現役復帰。目標と位置づけていた昨年12月の全日本選手権で総合2位に入ったが、今年3月の世界選手権は「そこ(世界)に目を向けてスタートしていなかった」と辞退していた。

来季は、日本スケート連盟の特別強化選手に選ばれている。高橋が全日本選手権で上位に入るなどすれば、2013年以来、自身9回目の世界選手権出場の可能性もある。

次のシーズンのプログラムに関して、高橋は「フリーは継続することにした。アップテンポを全然していないので、そろそろ、やっておきたい。ショートプログラム(SP)でそういうプログラムに挑戦したい。でも、まだジャンルも決まっていないので、めっちゃスローだったらすみません」と笑った。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

高橋大輔  2018年全日本選手権の動画は?

2018年の7月、高橋大輔は32歳で現役復帰しました。

日本人男子スケーターでは過去最年長記録になります。

その復帰戦で2位に入りました。

ではその動画を見てみましょう。

高橋大輔は全日本で準優勝後、

世界選手権の選択権を辞退しています。

なぜ世界選手権に出なかったのか?

その真相は、世界で戦う覚悟がなかったと言っています。

 

しかし、高橋大輔はやれると思ったら、

グランプリシリーズにも挑戦するかもしれないとインタビューに答えたので、

今回は世界に向けて意識が高まってきていると思われます。

スポンサーリンク

高橋大輔 世界再挑戦に世間の声は?

年齢が体力の限界を決めるのでは無く、アスリート自身が自分の限界を感じた時には身を引けばいいんだと思います。体操の内村航平選手にしてもしかりです。イチローも、北島康介もそうでした。サッカーの三浦カズ選手は、現役でまだまだ頑張っています。世界に出るとなると、枠があるので、「後輩に譲ればいいのに。」という考えもあり、賛否両論あると思いますが、その後輩達もレジェンドに負けなければいいことなんで、切磋琢磨して欲しいです。世界の陸上選手や水泳選手、体操選手等々においても30代後半でも活躍されて、素晴らしい記録を残しているアスリートも多々です。「挑戦」という試練を選んでいるアスリートのみなさんを応援したいし、その中で代表になった選手が、日の丸を背負ってくれるんだと思います。

 

若い人にも頑張ってもらいたいが、
こればかりは実力の世界。
テニスもそうだが、年齢的に
きつくはなるだろうけど頑張って欲しい。
道を譲れという考えもあるだろうけど、
抜けないようなら仕方がない。
世界のトップは厳しいのだから。

 

北京五輪の事を考えると、正直なところ若手に経験を積ませてあげて欲しい気持ちはあります。でも、高橋選手を越えるくらいの実力がなければ、世界と戦う事はできないのも事実だと思います。
今の若手は、幼少期から高橋選手に憧れている人もいると思いますが、憧れを越えるくらいの気迫で頑張って欲しいです。
有望な若手選手のみなさん、ぜひ世界に羽ばたいて下さい!

 

身内で落としあってる場合じゃないのでは?
この前のワールドではジャッチもなんとなくフィギュア王国アメリカ大復活を後押しするような雰囲気でしたよね。もちろんアメリカ選手も素晴らしかったですけど。
高橋もいろいろ言われてはいるけど普通に応援したい。
アスリートである以上は今の現役選手だってやがては老いや怪我など体力面、戦ってきた精神面の疲弊で急に引退を余儀なくされるかもしれない。その選手が何年かを経てまた世界へ挑戦したいと思ったときにあたたかく応援してほしいから。
若手も現役も高橋も全員日本の男子フィギュアを盛り上げてほしいな。

 

高橋さんのスケートは今でも十分素晴らしいが、競技の採点ではもう1番は厳しいと思う。

スポンサーリンク

高橋大輔 世界再挑戦 おわりに

若い人には頑張ってもらいたいと思いますが、

高橋大輔が頑張ることで、

多くのミドル世代の人達、ベテランの人達の励みになると思います。

高橋大輔はリップサービスではなく、本当に頑張ってもらいたいです。

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント