高須院長 不快感がヤバい!訃報電話にツイッターでブチギレ?

社会
スポンサーリンク

高須院長 不快感が話題になっています。

高須院長は自分が死んだことにされて憤慨していました。

高須院長は今回のエピソードに、

ツイッターでなんと言ったのか?

見ていきましょう。

スポンサーリンク

高須院長 不快感

高須院長 不快感のニュースは、次のように報道されています。

 高須クリニック高須克弥院長(74)が16日、ツイッターを更新し、訃報電話について言及した。

高須院長は、投稿一番「まだ生きてるよー」と生存を報告。

「朝っぱらからお悔やみ電話。咽頭炎でしゃがれ声になっているのを幸い、父親になりすましてお礼を言うわし、わしの父親、生きてれば115才だよ。気づけよ」とトホホな展開を明かした。

どうやら、電話相手は高須院長が亡くなったと思い込み、心配して高須院長の家族宛てに電話をかけてきたようだ。

高須院長はぼうこうや腎臓、尿管などを患う全身がんを公表。最近は発熱やせきなどの体調不良で入院もしていた。

ただ、さすがに誤報には憤慨を隠せないもよう。「訃報を流したの誰だよ?」とあきれながらツイートした。

出典headlines.yahoo.co.jp

 

高須院長は全身ガンで入院中ですが、

ツイッターを日々更新しています。

 

そのツイッターでは自分が死んでいることになっていて、

憤慨しているのです。

 

亡くなった人がツイッター打てませんよね。

スポンサーリンク

高須院長 ツイッター

 


生きてるよーと茶目っ気たっぷりにツイートしていますね。

 

このツイートに

絶対 誤報だと思ってました!私の友人は先生のお父様とよく夜遊びしていたそうで,「こんないい人が存在するのか」と思うほどの楽しく,かつ人格者だったと教えてもらいました。お父様はまだ先生を日本に置いておきたいんですよね!

とファンの方がコメントを寄せています。

 

高須院長はツイッターで、

自分のガンの様子をツイートしています。


なんとなくですが、

高須院長はガンに科学の力で勝ちそうな気がするから不思議です。

 

スポンサーリンク

高須院長 不快感に世間の声は?

高須さんには元気になって頑張ってもらいたい。
応援してます。

 

すごく失礼な話。
高須さんにはまだまだ頑張ってもらわないと。

 

金があっても健康じゃなきゃ意味が無い。
治療に専念して復活してください。

 

発信力を活かして、今の腐った日本体操協会の実情を糾弾して欲しい。
海外の人とも親交が深そうだから、期待も持てない国内の行政より、世界に向けて日本はスポーツマンシップからかけはなれた国だと広めて欲しい。
悪く言われ様がかまわない。
でないと、五輪の平和指針からも外れた政治家、役人、選手、指導者を舞台に上げる事になる。

 

失礼な話だよね。そんな不躾な電話があったことをユーモラスに話す高須院長には、まだまだ元気でいてほしい

 

頑張ってる人、頑張っても なかなか報われない人、災難に遇った人を助けてくださるスーパーマンのような方だと思います。高須先生フォーエバーって感じですね。

 

それだけ体じゅうに癌が広がっていて、長く生きられるとは思えない。
医者だろうが癌に耐性があるわけでもなかろうに、本当はかなり辛いんじゃないか。

 

親父さんのフリして電話応対したあたり、さすがだなぁ。しかも生きてたら115歳、気づけよってw多分普通の人が自身の身体が全身ガンという認識でいたら、こんなユーモアある対応できる気がしないわ。彼が医師だからとかじゃなくてさ。僕もこうなりたいな。

 

高須さんって、本当に尊敬します!
どんな時にも、前向きな発信っていうか、私はいつも元気をもらいます。
どんな病気も逃げて行くような気がします!
長生きしてください!

 

こういうユーモアを日本の政治家にも
学んでほしいなぁ。

 

あははは、ちょっと面白い
生きてるからこそ笑えるけど
ゆっくり休んできちんと治してまた活躍して下さい

スポンサーリンク

高須院長 不快感 おわりに

高須院長が訃報の電話にユーモアで返せるのは

まだまだ元気な証拠です。

 

早く全身ガンを倒したぞ!というツイートを読みたいです。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント