トヨタ トミカ 愛車戦略がヤバい!ミニカーで遊ぶと、車が売れる?

社会
スポンサーリンク

ミニカーの「トミカ」が、あのトヨタの販売戦略の一つになっています。

新型スープラ発売と同時に、

トミカが発売された理由とは?

スポンサーリンク

トヨタ トミカ 愛車戦略

トヨタ トミカ 愛車戦略のニュースは、次のように報道されています。

 累計販売車種は約1050種以上、累計販売台数は約6億7000万台以上――。

1970年、旧トミー富山允就社長の「なんとか国産車のミニカーを作りたい」という思いから生まれたミニカーの「トミカ」が、2020年8月に発売50周年を迎える。

この定番おもちゃに今、国内の大手自動車メーカーが熱視線を送っている

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

トミカに自動車メーカーが協力する理由とは?

トミカのミニカーの発表会に、

自動車メーカーのデザイナーが揃いました。

 3社のスポーツカー開発責任者が一堂に会したのは、トミカ50周年を記念した限定デザインのトミカを発表するためだ。4月に発売される「ホンダ シビック タイプR」の限定デザインのトミカを皮切りに、6月に「トヨタ GRスープラ」、8月に「日産 GT-R」のトミカを投入していく予定。それぞれのデザインは、社内の現役デザイナーの案を特別に起こしたものだ。

いったいなぜ、

自動車メーカーが、

おもちゃメーカーにここまで協力してあげるのでしょうか?

 

 自動車メーカー大手3社がトミカ50周年の“お祝い”に力を入れるには理由がある。若い世代を中心に「車を所有しなくていい」という価値観が広まる中、対象年齢3歳以上と幼児から遊べるトミカが、マーケティング上より一層重要性を増しているのだ。

「車、とくにスポーツカーは、発売しても本物をなかなか買うことはできない。まずは車を好きになってもらい、スポーツカーのカルチャーを広めるうえで、ミニカーの大切さに気がついた」。GRスープラの開発責任者を務める多田哲哉氏は、事業にとってのトミカの重要性についてそう語る。

スポンサーリンク

トミカ なぜスポーツカー?

子供の頃から、

ミニカーで遊んでもらって、

大人になった時の購買に繋げる、

しかも子供は格好いい車が好きですから、

スポーツカーなのでしょう。

昭和50年代初頭のスーパーカーブームを浴びた子供は、

心の中で、

あんな車を所有したいと言う願望があるはずですが、

それを通って来なかった子供達とは差があるはずです。

車メーカーが車を売るためのひとつに、

子供の頃からミニカーで遊んで、

車に親しんでもらうことに気づいたのです。

スポンサーリンク

スープラのミニカー、すぐに発売の理由は?

新型スープラの発売時に、

トミカが配られ、

すぐにトミカが市販された理由とは?

通常、トミカの新製品を企画する際には、タカラトミー側が自動車メーカーなどに車の3Dデータをもらったり、自ら実車の取材、撮影をして情報を入手し、ミニカーのデザインに落とし込むのが一般的だ。そのため、実車が発売されてから数年後にトミカになることも珍しくない。

それが2019年5月に発売された新型スープラの場合、発売の1年前からトヨタがタカラトミーに車両のデザインデータを渡し、“トミカ化”を依頼。その結果、5月に新型スープラが発表された際には来場者にトミカが配布され、8月には店頭にも並んだ。

逆にトヨタが発売前にトミカに依頼していたのです。

 

スポンサーリンク

トミカで遊ぶと、車売れる?

実際にトミカで遊んだ子供は、

その後、車を買う比率が高いというデータがあります。

 「車を買ってもらうためのマーケティングは、(消費者の年齢が)低ければ低いほどいい。子どものころに(ミニカーを通じて)スポーツカーに憧れを抱いてもらうことで、成長してからも“愛車”という感覚が生まれやすくなるのではないか」(多田氏)

実際、タカラトミーが2018年に20~60代の900人を対象に行った調査によれば、トミカで遊んだ経験のある20~40代の親と子の自動車の所有意欲(すでに所有している場合も含む)が、所有しない人も含む全体と比べて6%高い84%だったという結果も出ている。

スポンサーリンク

トヨタ トミカ 愛車戦略に世間の反応は?

初回限定トミカ戦略は良いと思うけど、毎回買えない。
販売店も対策打ってるが、転売屋による買い占めあると思います。

 

1970年発売当初の280円から僅かな値上げの450円でこのクオリティが手に入ると言うことがまず凄い。
それと大人になってプラモデルや1/43,1/18ダイキャストモデルに移行してトミカはいつか卒業するものと思ってましたが、卒業どころかコレクションは増える一方。
大人のコレクションにも耐えるところがこれまた凄い。

 

子どもが買い集めた15〜20年くらい前のトミカがまだ家にゴロゴロあります。300台くらいはあるのかな。3歳くらいから車好きになって、親は知らなかったけどずーっと車好きでいて、大学は法学部だったのにとうとう某完成車メーカーに就職しました。
もしかしたらトミカが彼の人生に大きな影響を与えたかもしれません。

 

うちの息子は2歳から10年近くずっとトミカ ファンで、そりゃもう車が大好きです。当初は建設重機を中心に、今はスポーツカー。毎月新車を楽しみにしており、今ではお小遣いで欲しい車を買っています。商品のクオリティと子どもでも買える良心的な価格で、感謝しています。

 

子供の頃トミカで1番のお気に入りがR32だった。それから約30年、実家で親がトミカ一式眠らせてたおかげで今1歳の息子も私のトミカで遊んでる。お気に入りはやはりR32。
名車は時代を超えて男の子の心を掴みますね。

 

時流に乗って浅ましく単価を上げようとするのではなく、小さな子供でも手に取れる価格にしてたくさん買ってたくさん親しんでもらおうというトミカの姿勢は素晴らしい。自動車メーカーすら動かすほど車文化にとってありがたいものになっている。
単価を追えば、飽きられるまでの小銭稼ぎで終わる。
数量・シェアを追えば、こうして文化になることができる。
インフレ主義者は文化を残せない。

 

子供の好奇心をくすぐる良いおもちゃですね。
車の宣伝にもなるし、とても意味があるおもちゃだと思います。

 

うちの奥さんは、自分が所有していた車のすべての
ミニカーを持っている。
ホンダ車は新車購入時に1台くれるらしく、
全てを持っている。

 

亡き父親が昭和の初期に一生懸命稼いだお金で
三代目クラウンを購入
その車種カラーがトミカリミテッドで発売されていたで価格も手頃、作り込みも良いので即買い求めました。
枕元の棚に飾って、たまに父親を思い出しております。
いつの歳になってもミニカーって気になる存在です。
特にトミカ系はお気に入りですね!

スポンサーリンク

トヨタ トミカ 愛車戦略 おわりに

車が売れなくなっているご時世ですが、

まさかトミカが助けになる時代だとは!

時代を感じます。

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント