オスカープロ社長交代がヤバい!米倉涼子退社の理由?

芸能
スポンサーリンク

オスカープロ社長交代が話題になっています。

米倉涼子を始め多くのタレントが退社している原因でしょうか?

スポンサーリンク

オスカープロ社長交代

オスカープロ社長交代のニュースは、次のように報道されています。

 女優の米倉涼子(44)が今月いっぱいで退社することが明らかになった芸能事務所「オスカープロモーション」の石川薫副社長が4月1日付で社長に就任することが25日、分かった。創業者の古賀誠一社長は代表取締役会長に就く。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

オスカープロ 社長交代で、退社続出?

オスカープロからタレントが続々と退社していますが、

米倉涼子の退社も社長交代が影響しているようです。

 この日、社内で4月人事の内示があり、古賀社長が全社員に向けて新体制で心機一転、奮起を促したという。米倉は以前から「古賀社長が辞めるなら、私も辞める」と公言しており、今回の退社、独立の背景に社内の体制変更があったとみられる。

1970年の創立以来、50周年を迎えた「美の総合商社」。「全日本国民的美少女コンテスト」を主催し、上戸彩(34)、剛力彩芽(27)、武井咲(26)ら人気女優を輩出してきたが、昨年末に忽那汐里(27)、今月もヨンア(34)、岡田結実(19)に加えて看板女優の米倉と退社が相次いでいる。

スポンサーリンク

米倉涼子 オスカー退社

米倉涼子のオスカー退社は次のように、

円満退社を強調していましたが・・・

 米倉はこの日午後8時すぎ、報道各社にファクスで退社を報告。27年間所属したオスカープロモーションとの契約を今月いっぱいで終了するとして「右も左もわからない新人の頃から私を育てていただき、お仕事の機会を与えて下さり、ご指導を頂いたことを深く感謝しております」などとつづった。新たな活動については「近日中に報告させていただきます」とコメントした。社長となり、自身で仕事を決めていく。

事務所の古賀誠一社長も連名で、円満退社であることを強調。しかし、突然の退社劇の本当の舞台裏は、相当に激しいものだった。

スポンサーリンク

ヨンア オスカー退社

ヨンアは2020年3月にオスカーを退社しました。

 韓国人モデル、ヨンア(34)=が11日付で所属事務所、オスカープロモーションを退社したことが同日、分かった。

関係者によると、自らクリエーティブディレクターを務めるファッションブランド「COEL」のプロデュース業に尽力したい気持ちが強く、「活躍の場を広げたい」と契約期間を満了したこの日に退社を決意。今後は自身の個人事務所に在籍して活動していく。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

草刈民代 オスカー退社

草刈民代は2020年2月にオスカー退社を退社しています。

 元バレリーナで女優、草刈民代(54)が、2月に所属事務所、オスカープロモーションから独立し、個人事務所で活動していくことが31日、分かった。

関係者によると、55歳を迎える2020年に新たな場所で自分のできることに挑戦したいと決意。すでに準備を進めており、親しい仲間や仕事関係者には報告済みだ。契約満了に伴って拠点を移し、夫で映画監督の周防正行氏(63)も応援してくれているという。

スポンサーリンク

岡田結実 オスカー退所

岡田結実は2020年3月にオスカーを退社します。

タレント岡田結実(19)が、大手芸能事務所オスカープロモーションを今月末で退所することが10日、関係者への取材で分かった。4月からは別の事務所に移籍して芸能活動を続けるという。

女優業にもっと力を入れたい岡田にとって、バラエティー番組の仕事の比重が大きいなど、事務所との間に方向性の違いを感じていたことなどが理由とみられる。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

忽那汐里 オスカー退社

忽那汐里は2019年12月にオスカーを退社していました。

 2月2日、突如自身のInstagramに金髪の編み込みヘアの画像を更新した女優の忽那汐里(27)。ポッキーのCMなどに出演する清純派女優のイメージだっただけに、周囲を驚かせた。

「金髪ドレッドヘアーで、鏡に映る自分を撮った写真を更新し、ファンからは『かっこいい』『今までのイメージにない』などの声が上がっていました」(テレビ局関係者)

実は忽那は所属する大手芸能事務所「オスカープロモーション」を2019年12月で辞めていたのだ。すでに事務所のHPからは写真も名前も削除されている。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

オスカー退社が多い理由は?

なぜこんなに退社するタレントが増えているのでしょうか?

オスカーは古賀誠一社長が一代で築き上げたオーナー企業だが、古賀氏も70代後半。次期社長は役員を務める義理の息子だと目されているが、この義理の息子の評判がよろしくない。

「社員に厳しく、カネにもうるさい。ミスをしたことを責め、すぐに始末書を書かせる。パワハラ的な叱責を受けてマネジャーらが大量退社していると報じられていますが、まさにその通り。現在も社員たちは閉塞感を感じながら仕事をしています。ヨンアさんはそんなところでやっていられないという本音があったようです。自分のマネジャーが自腹を切ったりする様子を見て、やるせない思いだったと」(同前)

実際に社長になったのは、

義理の息子ではありませんでしたが、

義理の息子がどのようなポジションに上がったのでしょうか。

スポンサーリンク

オスカープロ社長交代に世間の反応は?

娘婿の堀専務が社長になる事に反発しての大量離脱。
今更副社長をスライド昇格させても所属タレントは納得しないだろうね。
それにしても人間関係で成立つ芸能事務所においてこれだけ嫌われる娘婿って凄いわ。

 

ジャニーズと一緒の様な感じなのかな。米倉涼子も社長に恩義が有って居たけど、隠居したら事務所に縛られる必要無いって事かな。

 

別記事で読んだけど古賀氏の娘婿の専務のパワハラが酷いらしいね。
組織で仕事をしたことのない人が急に専務になったって権威を掲げて無知な口出しすることしかできないから下は辟易としちゃうよ。
古賀氏は実質隠居、新体制で専務を抑え込められるかが今後を左右すると思う。

 

独立して個人事務所を立ち上げるとギャラが全部自分のところに入るから、実力のある芸能人は独立したいでしょうね。そこを勘違いすると悲惨なことになりそうですが、米倉さんレベルなら全然問題はなさそうですね。あとはスタッフやマネージャーなどの事務方やギャラ交渉、費用の支払い、経理総務、役所関係、身の回りの世話など雑多な事務をどうするか。まあその辺のノウハウを持ってる人も周りにいるでしょうが、本人がきっちり締めておかないと某徳井さんみたいになってしまいます。

 

稼ぐタレントが減れば、新人プロモのコスト負担は残った稼ぐタレントが背負うことになる。
古賀社長には十分に恩を返したってこと。
娘婿だか知らないが、米倉涼子には何の義理もない人物。
そんな人物に自分の稼ぎを使われたくはないだろう。

 

娘婿を社長にしようとするのをもうやめたらいいのに。
いくら副社長を社長にしたとしても、
次は俺と思っている人のパワハラは収まらないと思うな。
米倉さんまで離脱しちゃうって相当。
当面提携とかやりようがあったはずなのに、それすらないって相当怒らせてるよね。

 

米倉涼子抜けたらオスカーは終わったも同然。誰が看板を飾る?剛力、武井咲もパッとしないし…新人も育ってない。
ずっとオスカーに貢献してきた人たちをクビにした結果がこれ笑
婿を専務に、社長にすることが間違ってたな。

スポンサーリンク

オスカープロ社長交代 おわりに

今後オスカープロがどうなっていくのでしょうか?

一代で築いた芸能プロですから、

社長の力によることろが大きかったのだろうと思います。

なにか新しいニュースが入りましたらまたお知らせします。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント