吉野家 謝罪の原因、ゴキブリの混入だった!画像注意

社会
スポンサーリンク

吉野家の鶏すき丼にゴキブリが入っていたとツイートがあり、

吉野家が謝罪しました。

事件の流れを追っていきます。

スポンサーリンク

吉野家 謝罪、ゴキブリ混入画像

吉野家の鶏すき丼にゴキブリが混入した一件は、

こちらのツイートが元でした。

 

どうやら、吉野家側と話をして揉めていたようですね。

 

鶏すき丼は9月で販売終了の商品で、

明けて2月のツイートですから、

それまで話し合いがあったと思われます。

 

時系列をまとめたツイートがあります。

 

スポンサーリンク

吉野家 謝罪、初期対応のまずさで悪手を打ったか?

 

本社側が本当に「何が欲しいんですか?」と言っていたなら、

対応が良くないですよね。

 

小売りや外食業界ではこの手のクレームは毎日のようにあります。

 

売ったものの品質が悪かった場合、

クレームをつける人によって、

そのクレームレベルはまちまちですが、

返金で済まさずに「慰謝料」の上乗せを要求してくるお客さんがいます。

 

そういったお客さんは一定数いますが、

毅然とした態度の会社であれば付けこまれるケースも減ります。

 

でも、本当に会社側に落ち度がある場合、

初期対応で態度が悪かったり、

ミスがあったりした場合、

商品不良では無く、

論点が企業姿勢になって、

それにクレームが付く場合があり、

これを2次クレームと言います。

 

今回はこの2次クレームになってしまったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

吉野家 謝罪、世間の反応はどっち?

今回の吉野家のゴキブリ混入謝罪事件、

世間の反応を拾ってみました。

 

この件、真偽は分かりませんが吉野家側は、完全な初期対応ミスによる二次クレームだと思います。

吉野謝罪文でも入ったことは完全には認めていない様で、初期対応において不快な思いをさせたことに対する謝罪としか記載されてません。実際に真偽が分からない苦情でも、先ずは不快に感じたと言うことに対しては謝罪をし、現物を回収し調査させてほしいと伝えるのが定石です。

今回の件は現物なく、写真だけのケースだと思われるのですが、普通に考えると2匹同時に混入と言うのは確率的にもかなり考え難いし、個人的にはやや怪しいとは思います。。(この人のTwitter、ブログの内容からも。)だとしても丁寧に対応して、考えにくい場合でも、「特定出来ないが、可能性踏まえ真摯に受け止める」と迅速に伝えておけば、対応としては妥当で、保健所なんかも必ずしも敵には回らないはずです。売り言葉に買い言葉対応が失敗なのではと推測します。

 

この方も2次クレームに発展している、と言ってますね。

売り言葉に買い言葉で、

けんか腰になってしまったのではないか?

外食の場合、

たとえこれが嘘でも、

ゴキブリ混入のイメージが頭に残ると、

しばらく牛丼屋はやめとこう、と思い、

どちらにしろ、外食側は不利ですよね。

 

外食産業にはつきものの悩みの種。

虫の混入は絶対食うのは嫌だが、店側として完全に解決するのが難しいのも事実。

 

食品業界で働いてます。

異物混入に対して、大手外食企業が強気でいくことなんてあり得ません。
お客様責任で起きたことでも、ご連絡頂いた時点でお手間とらせてますし、
原因が分からず大変苦慮しております。と、ご説明します。
もちろん、冒頭最後にきちんと謝罪します。

最近あったマックも、誰がどうやって歯入れんだよ、よく考えれば分かることを。と思っていますが、強気の対応では隙を見せることに繋がりますので最善の対応だと思います。

 

外食業界側の意見です。

告白者は強気に出られたと言っていますが、

確かに告発者からの一方的なツイートですからね。

 

怪しい態度で接していれば、

強気にも出てくると思います。

 

でも吉野家側は事実を争うよりも、

謝った方が得策と判断したのかもしれません。

 

この件を忘れるまでは、吉野家は利用しないだろう。

 

結局、争ってもこういったことが拡散されると、

食べる気が失せますよね。

 

わたしは吉野家の牛丼が好きなので、

こういった事件が沈静化するよう願っています。

コメント