ゼルダ名作が復活!「夢をみる島」をスイッチに。旧作どんなゲーム?

社会
スポンサーリンク

ゼルダ名作が復活します。

ゼルダの伝説 夢をみる島」が復活するようです。

いったいどういう移植なのか?

ゼルダの伝説 夢をみる島」はどんなゲームか調べてみました。

スポンサーリンク

ゼルダ名作が復活!

「ゼルダの伝説 夢をみる島」が任天堂スイッチでよみがえります。

今回の報道のニュースは次のように伝えています。

任天堂は、Nintendo Switch向けタイトル『ゼルダの伝説 夢をみる島』を発表した。

本作は1993年にゲームボーイで発売された同名タイトルのリメイク作品。『ゼルダの伝説』シリーズとしては第4作目で、初の携帯ゲーム機向けタイトルとなる。1998年には要素を付け加えた『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』がゲームボーイカラーで発売された。

主人公のリンクは、航海中に嵐に見舞われ「コホリント島」という場所へ流れ着く。そこで少女マリンをはじめとするさまざまな人々と出会い、島の脱出を目指し「かぜのさかな」と呼ばれる存在を求める冒険を繰り広げる。

『ゼルダの伝説 夢をみる島』はいわゆる「2Dゼルダ」時代のシリーズ作品で、各地をめぐりダンジョンを攻略し、新たに手に入れたアイテムで道を切り開くといった作りになっている。2019年2月14日のNintendo Directで公開された映像を見る限り、ゲームシステムはそのままに3Dグラフィックで描写されなおされているようだ。

本作の大きな特徴のひとつに独特の世界観がある。たとえばクリボー、ワンワン、トゲゾーといった他シリーズに出てくるキャラクターがゲスト出演するわけだが、そこも変わりないようだ。なお、Nintendo Directの司会を務めている小泉歓晃氏は、『ゼルダの伝説 夢をみる島』の原作でスクリプトライターを担当していた。

Nintendo Switch向け『ゼルダの伝説 夢をみる島』は2019年発売予定。

出典headlines.yahoo.co.jp

 

・1993年にゲームボーイで発売したもの

・2019年にNintendo Switchで復活

・雰囲気はそのままに3Dグラフィックでコホリント島が描き直される

スポンサーリンク

ゼルダ名作が復活!ゲームボーイファンから喜びの声!

1993年ゲームボーイ版「ゼルダの伝説 夢をみる島」のCMです。

 

「ゼルダの伝説 夢をみる島」の復活に、

ゲームボーイ版で好きだったファンからは喜びの声が上がっています。

スポンサーリンク

ゼルダ名作が復活!旧作の画像はこちら

え?フラゲ?

 

それ、昔のやつだから!

 

ああ!攻略本をまだ持っているのですね。

 

 

旧作プレイ派が続々出てきそうです。

 

 

スポンサーリンク

ゼルダ名作が復活!まとめ

すごく嬉しいのですが、その前に是非「カエルの為に鐘は鳴る」のリメイクもお願いしたいです……リチャード王子削られていたら泣いてしまうし、出るならば初見の方にはハテナになってしまうと思うので本当に本当にお願いしたいです…!!

 

どういうリメイクになるか楽しみ。ゼルダシリーズは神トラが一番好きだけど、今作は大まかなストーリーは変わらず謎解きとかはどんどん変えて欲しい。

 

一つのタイトルだけじゃなくて複数のタイトルが一本に集約されたものを出して欲しい

 

ゼルダの伝説はリメイクするなら時のオカリナを出してください。

安易なリメイクは止めろ!ってコメントがあるけど‥ゲームボーイだった今作は、リメイクは良いと思うけど?
大好きだった作品だから、今から楽しみです^_^

 

数年前にバーチャルコンソールで遊んだけど十分面白かった
ぜいたくなお願いだけど、こういうリメイク版をリリースする時はオリジナル版も収録してほしい(ドラクエとかFFとかね)

 

「ゼルダの伝説 夢をみる島」のファンが多いこと、わかっていただきましたでしょうか?

リメイク作品が出るのは人気が高い証拠ですね。

任天堂は過去に名作を沢山だしているので、Nintendo Switchへの移植は今後も期待できますね。

 

社会
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント