ザブングル 謹慎経験がヤバい!謹慎期間中は何を?お笑いの方向性も変化が?

芸能
スポンサーリンク

ザブングル 謹慎経験が話題になっています。

謹慎を経て感じたこと、

お笑い感にも変化が出たとか?

スポンサーリンク

ザブングル 謹慎経験

出典headlines.yahoo.co.jp

ザブングル 謹慎経験のニュースは、次のように報道されています。

 “闇営業”騒動で謹慎生活を経験し、9月に復帰したお笑いコンビ「ザブングル」の加藤歩さん(44)と松尾陽介さん(42)。10月からレギュラー番組「建物の世界を深掘り ボクらケンセツ部」(サンテレビ)もスタートしました。新たな一歩を踏み出しましたが、謹慎中の生活、そして今の思いを「なんでも聞いてください。なんでもお話しします」と赤裸々に語りました。
出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

ザブングル 謹慎期間中は?

ザブングルの2人は、

謹慎期間中は基本的に家に籠もっていて、

喫茶店に行ったり、

銭湯に行くのも違うと思い、

スーパーに行く以外の最小の外出にとどめていとのことです。

 

謹慎して気づくのも情けないんですけど、これまでは当たり前だと思っていたことが全然当たり前じゃない。一つ一つが本当にありがたいことだったんだ。それを今回のことでこれでもかと痛感しました。今、もう一回やり直しをさせてもらっている中で、一つお仕事をいただけるありがたさというか、そこもまた噛みしめています。

スポンサーリンク

ザブングル 社会奉仕活動

ザブングルは謹慎期間中は社会奉仕活動として、

介護施設に行っていました。

まずは熊本の施設で1カ月。その後、釧路、関東近郊、全部で10カ所くらい行かせていただきました。今も月に1回くらいのペースで行かせてもらってまして、現在は日々の生活のお手伝いというよりも、レクリエーションとして、入所されている方とクイズをしたり、しりとりをしたりして一緒に楽しんでもらうことをやっています。

 

介護施設の方の中で、

ザブングルを知っている人はごくわずか。

それを実感すると、

もっと売れたい、

知られたい、

という思いが強くなったようです。

スポンサーリンク

ザブングル お笑いが変わった?

今までは自分たちが「面白い」と思ったことをやっていたザブングル。

しかし、介護施設で彼らを知らない人達と触れ合うことで、

そちらに寄り添うことも必要と思うようになったとのことです。

 

加藤:あと、僕は今までお客さんのこととかを考えず「自分が面白いと思うこと」をゴリ押しするタイプやったんです。今も思いっきりそのタイプに見えるかもしれませんけど(笑)、自分の中ではそれが少し変わったというか、新たな考えが加わったというか。

高齢者の方々の前で僕のゴリ押しをしたところで、それは誰の幸せでもない。それよりも、皆さんに寄り添って、皆さんが喜んでくださるようなことをする。そういう考え方がこの歳になって芽生えてきたんです。

松尾:そこで皆さんが喜んでくださることが一つの正解であり、こちらも純粋に喜んでもらえたらうれしいですしね。

加藤:例えば、皆さんに寄り添ってしりとりをする。これは本当に正直な話ですけど、この“寄り添う”ことに恥ずかしさを感じる自分がいたんです。これまで通り、突っ切る自分ももちろん変わらず大切だと思いますし、それプラス、この寄り添うということも、大切なことなんだと今の自分は思うようになりました。

そして、さらにまた一つ奥のことにも気づかせてもらったというか、この前「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ)に出してもらったんです。そこで痛感したのが、僕は自分の力で、自分のやりたいことをやってきたと思っていたけど、それは周りがあってこそ。実は、周りが優しく受け止めて、僕に“寄り添って”くれていたんだと…。

スポンサーリンク

ザブングル ネタ動画

それでは今までやってきたザブングルのネタの動画を見てみましょう。

スポンサーリンク

ザブングル加藤 早期復帰理由は?

謹慎があけて、

ザブングルはだいぶ早くテレビに復帰しました。

なぜザブングル加藤だけ、

こんなに早く謹慎明けから早くテレビに復帰できたのか?

事務所の手際が良かったのもありますが、

その理由は、

ザブングル加藤が芸人仲間から慕われていた、

という人間性も関係ありそうです。

 

「意外と他の芸人から慕われているところはあります。

例えば、バイきんぐ・小峠英二は以前バラエティ番組で、『感謝したい人』として加藤の名前をあげていました。

何でも、小峠は下積み時代に東京の調布市に住んでいたのですが、加藤から『郊外に住んでいたら売れるモンも売れない。都心に引っ越してモチベーション上げなくちゃいけないぞ』と言われたとか。

小峠には引越し資金がなかったんのですが、加藤は自身が住んでいる三軒茶屋に引っ越すことを条件に、現金20万円を手渡してくれたそうです。

米国出身の芸人・厚切りジェイソンも加藤を『師匠』と呼ぶほど。

芸人になりたいと思っていた頃、大好きな加藤のライブを見に行き『メールをください』と名刺を渡すと本当に加藤から返信があったとラジオ番組で明かしていました。

しかも、一緒に飲むことになり、加藤の所属事務所系列の養成所まで紹介してもらったそうです。

そんな人柄から、エールを送っている芸人仲間も多いのではないでしょうか」

引用https://dot.asahi.com/dot/2019102100103.html?page=1

 

芸人仲間から評判が良いということは、

業界関係者の評判も良いと思います。

ザブングルを早く復帰させたい、

という後押しが各方面からあったのではないでしょうか。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント