KEIKO 復縁否定がヤバい!現在の様子は?写真は?離婚の障害は金?

芸能
スポンサーリンク

KEIKOが小室哲哉との復縁を否定しています。

現在のKEIKOの写真とインタビューです。

スポンサーリンク

KEIKO 復縁否定

KEIKO 復縁否定のニュースは、次のように報道されています。

 世間を驚かせた電撃婚が2002年のこと。当時、誰が今のふたりを想像できただろうか――。稀代のカリスマ音楽プロデューサー・小室哲哉(60才)と彼を支えたシンガーの妻・KEIKO(47才)。今や直接話をすることすらない。互いに“別れ方”を巡ってドロ沼の離婚調停に突入していた。

「ジムやカラオケにはたまに行きますよ。“まだ声は出るのかしら”みたいな感じで、自分の歌を歌うこともあります」

女性は、globeのボーカル・KEIKO。現在、東京から離れ、実家の大分県で暮らしている。その彼女に夫・小室氏との復縁について尋ねると、首を横に振りながら、

「もうそれは全っ然!」

と困ったような笑みを浮かべて否定した。
出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

KEIKO 現在は? 画像は?関係修復不可能の理由は?

現在のKEIKOの写真です。

引用https://www.news-postseven.com/archives/20191023_1473178.html

 KEIKOの知人が語る。

「まだ、ふたりは婚姻関係にありますが関係は修復不可能です。KEIKOさんが昨年、“婚姻関係にあるのだから生活費を入れてほしい”と頼むと、小室さんが離婚を切り出したそうです。すでに離婚調停中で、今年に入り5回も調停が行われているそうです。

それだけでなく、別居中の生活費である『婚姻費用』についても争っています。小室さんが最初、KEIKOさんに提示したのは月額8万円だったと聞きました。あんなに収入があるのに、さすがにその額はおかしいとKEIKOさんは思っていて…」

ふたりに亀裂が入った事の発端は、昨年1月。病に倒れたKEIKOの看病に追われていたはずの小室氏が、看護師と数年来にわたって不倫関係にあると『週刊文春』に報じられたことだ。

即座に会見を開いた小室氏は、病床のKEIKOが音楽に関心を持たないことや、会話や集中力が続かず「小学4年生の漢字ドリル」をやっていることなどを赤裸々に語り、介護で心身疲れ果てたとして突然の引退を表明した。

「看護師の存在を知らなかったKEIKOさんは小室さんの会見をテレビで見て、涙を流したそうです。それに、彼女の本来の姿は小室さんが話すような状態ではなかったので、公の場でウソをつかれたことにショックを受けていました。会見以降、小室さんと彼女が顔を合わせることは一度もなかったそうです」(別の芸能関係者)

それからというもの、連絡を取り合う際は弁護士を通じてで、直接話すことはなくなったという。そして、離婚調停へと進展した。

スポンサーリンク

KEIKO 小室哲哉 まだ離婚しない理由は?

「その調停が難航しているんです。KEIKOさんも離婚の成立を望んでいるのですが、なかなか認められずにいる。なんでも、小室さんに対して、うやむやにしてほしくない件があるようなんです」(前出・別の芸能関係者)

大きな理由は小室氏の「借金問題」にあるという。

「小室さんは昔から派手な生活を送る一方で金銭トラブルが絶えなかった。過去に香港で立ち上げた音楽制作会社は70億円以上の損失を被ったとされています。

2008年には、音楽著作権の譲渡を巡る詐欺事件で、会社社長から5億円をだまし取ったとして詐欺容疑で逮捕されました。小室さんは被害者への返済などのため、懇意にしていたエイベックスの松浦勝人会長CEOやKEIKOさんの実家からも多額の借金があるとされています」(前出・芸能関係者)

引退会見で小室氏は「これからどれほど生活水準とか、そういうことが下がったりとかは、計り知れません」と語ったが、収入面はいまだ“セレブ水準”だ。

「ヒットメーカーである小室さんが受け取るカラオケなどの印税を含んだ収入は年間1億円に達すると聞きます。昨年の会見後には港区にある家賃100万円超の高級マンションに引っ越して、今も住み続けています。高額収入があるのに、関係各所への返済がまだ済んでいないそうなんです」(音楽業界関係者)

離婚調停でも、そうした小室氏の金銭問題がネックになっているという。

「年収1億円もあるのに婚姻費用を月額8万円と、“過小申告”している小室さんの態度に、KEIKOさん側は全く納得できていません。実家への借金について、彼女がどれだけ把握しているかはわかりませんが、いまだ返済されたとは聞いていない。

小室さんのセコすぎる対応に同じく個人的にお金を貸して返済されていない松浦会長も呆れ果て、ついには携帯電話の電話帳から“小室哲哉を削除した”と言っている人もいます。四面楚歌の小室さんですが、KEIKOさんとの離婚調停がこのまま不成立ならば、裁判という可能性も充分ありえます」(前出・音楽業界関係者)

スポンサーリンク

KEIKO  インタビュー

KEIKOは女性セブンのインタビューに次のように答えています。

――小室さんの金銭トラブルで離婚が進まないそうで?
「ハハハ(苦笑)」

――小室さんと直接お話しされることは?
「…(無言で首を振る)」

――KEIKOさんの気持ちは離婚で固まっている?
「そうですねぇ…」

――小室さんが抱えるKEIKOさんのご実家への借金は、億単位とも聞いていますが。
「いやぁ…ハハハ(苦笑)」

返答に窮するKEIKOに代わり、横にいた彼女の姉がこう答えた。

「どうなんだろう、そこはちょっとわからないですけども。そこまで(の額)はもうないのかなと思います」

KEIKOも姉も「詳しい話ができず心苦しい」や「いつかタイミングが来れば…」などと繰り返し話しており、離婚調停がうまく進んでいない現状をうかがわせた。

2002年に5億円挙式をしたふたりの関係に、いつピリオドが打たれるのだろうか。

なかなか確信には迫れなかったようですが、

争点は慰謝料ではないのでしょうか?

もう離婚の腹積もりはできているようです。

スポンサーリンク

KEIKO 復縁否定に世間の反応は?

お元気そう。離婚の話は別として何か安心しました。

 

KEIKOさんにはお金をかけないってあまりにもセコくて問題だと思う。妻が闘病中に離婚を切り出すのは男として最低という気がする。今彼と付き合ってる看護師も何かのきっかけで次は自分の番になると思った方がいいと思う。KEIKOさんはこれを機にこんな薄情な男と別れて第二の人生を頑張って欲しいと思う。

 

元気そうだね!!
離婚に同意してるなら、あとは慰謝料と財産分与ですね。
あ、実家への返済もあるのね…
まぁ、裁判になった方が良いね。

 

想像以上にKEIKOが元気そうで本当に良かった。
今更だけど小室さんが引退会見した時に語っていた様子も今となれば大げさに言って、いかに介護する自分の立場が大変か同情集めの為に嘘と演技ぶっこいたようにしか思えないですけどね。

 

まずKEIKOさんが元気そうでなにより。
言っても仕方ないことだけど、やはり小室氏が逮捕されたときに離婚すべきでした。
KEIKOさんの献身的な支えがあったのを忘れ、恩を仇で返してきました。
小室氏はサイテーだと思います。

 

基本的に女性に対して飽きやすい男なんだと思う。過去の女性遍歴から見ても。そして別れ方が下手なんだと思う。プロデューサーに口説かれたらなかなか断りにくい事もあるでしょうし。そして付き合い始めて飽きたらポイで女性はボロボロになる。KEIKOさんに至ってはあの事件であんなに心労を重ねなければ病気にもならなかったかもしれない。小室としてはあの時に離婚してくれた方が楽だったかもしれないけど、最後まで責任取れよって思う。

 

小室哲哉が言っていたKEIKOさんの様子とは全く違くて良かったです
よくもまあそんな嘘を堂々と言えるもんですね。
お金が絡むと離婚の意思があっても簡単には行きませんね
KEIKOさんへ払わなくてはならないであろう
不倫に対する慰謝料、名誉毀損に対する慰謝料
実家への謝金の返済
婚姻費用など相当な金額になるでしょうから
それらも含めきちんと精算してもらい
一日も早く新たな人生を送れると良いですね。

 

釣った魚には餌をやらない。
ケチすぎる。
これが稀代のヒットメーカー小室哲哉のやってることとしては器が小さすぎる。
せめて、自分の罪悪感から、最後くらいは慰謝料をポンと奮発してカッコよく円満に離婚して欲しかったよ。
それが元々イメージしてた小室哲哉像だったけどな。

 

小室さんは素晴らしい才能をお持ちなだけに残念でならないです。
KEIKOさんには是非健康で幸せに過ごしていただきたい。

スポンサーリンク

KEIKO 復縁否定 おわりに

KEIKOさんが元気そうで安心しました。

まともに話せないレベルと報道されていたので。

 

ここからは小室哲哉さんとKEIKOさんにしかわからない世界ですので、

お互いにしっかりと話し合って欲しいと思います。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント