岡本夏生 1円訴訟がヤバい!ふかわりょうとのトラブルまだ続いていた!

芸能
スポンサーリンク

岡本夏生の1円訴訟が話題になっています。

2016年のふかわりょうとのトラブルがまだ続いていました。

スポンサーリンク

岡本夏生 1円訴訟

出典headlines.yahoo.co.jp

岡本夏生 1円訴訟のニュースは、次のように報道されています。

 元祖レースクイーンで“お騒がせタレント”として過激な言動でしばしば注目を集めてきた岡本夏生(54)。ここ数年は鳴りを潜めていた彼女が、水面下である芸人と法廷バトルを繰り広げていた。

発端は2016年、岡本がレギュラー出演していた『5時に夢中!』(TOKYO MX)を電撃降板した後に開催されたトークイベント「ふかわと夏生のガチンコ・スプリング~ガチハル!~」で、同番組のMCだったお笑いタレントのふかわりょうと“大喧嘩”になるトラブルが勃発。同年10月には岡本がふかわを強制わいせつ、名誉棄損、暴行罪で刑事告訴し、ふかわも岡本を名誉棄損で刑事告訴する事態となっていた(ともに不起訴処分)。

ふかわは現在も『5時に夢中!』MCとして活躍、一方の岡本はこの騒動以来、テレビ露出が減っている。そんななかで、岡本が今度は民事でふかわを「強制わいせつ」などで訴えていたのだ。

「今年4月8日付の訴状によると、2016年のイベントで、ふかわが原告(岡本)の意思に反してステージ上に押し倒し、3度にわたり計1分近くキスをするなどした強制わいせつ行為と、番組降板の経緯に関連して人格を貶めるような発言を繰り返し、名誉を著しく棄損したとして“1円”の慰謝料と謝罪広告などを求めています。1円はお金目当てじゃないという意味だとか。ふかわは弁護士を立てていますが、岡本は本人訴訟となっています」(ジャーナリスト)

岡本に取材を申し込むと「現在訴訟中のことであり、私から申し上げることはございません」と言う。

一方、ふかわの代理人弁護士は、「ふかわ氏としてもこれに断固として対応すべく、岡本氏に対し民事訴訟を提起しており、現在2つの民事事件が係属している状況です」と回答した。

喧嘩の代償は、1円では済まなそうだ。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

ふかわりょう 岡本夏生 ケンカ

ふかわりょうと岡本夏生は、

昔は仲が良い印象でしたが、

度重なるトラブルが二人にはあり、

今や訴訟相手となっています。

 

2016年、

ふかわと岡本夏生が絶縁した事件が次のように報道されています。

レギュラー番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)を先月29日に電撃降板した後は音信不通となり“失踪”していた岡本が11日、都内で行われたトークイベントに突如、姿を現した。メディアの取材は不可とされた現場で飛び出したのは逆ギレの罵詈(ばり)雑言のオンパレード。これには温厚なふかわりょう(41)も「もう支えきれない!」と絶縁を通告。客席からブーイングが吹き荒れ、ふかわに土下座謝罪までさせた岡本の傍若無人過ぎる爆弾トークを緊急リポート!

「もうあなたを支えきれない!」とふかわが言えば、岡本も「このツーショットは今日が最後よ!」とやり返す。

売り言葉に買い言葉。イベントは、舞台の幕が下ろされ中断する事態に陥るなど、最後まで大荒れとなった。

不穏な空気はイベント開始前から漂っていた。 岡本は先月29日をもって「5時に――」を降板。その後ブログの更新は途絶え、コメント欄はファンからの生存確認であふれ返った。実際、岡本とは連絡がつかない状態で、本紙記者がケータイを鳴らしても「電源が入っておりません」とアナウンスが流れるだけだった。

11~13日には同番組で共演した盟友のふかわとトークイベント「ふかわと夏生のガチンコ・スプリング~ガチハル!~」を行う予定だったが、音信不通のため、主催者サイドは岡本の欠席を想定。チケットの払い戻しを告知するなど対応に追われていたが…。

ところが岡本は何の前触れもなく会場にやって来た。これにカンカンなのが主催者サイドだ。

「岡本さんは音信不通の理由について『携帯電話を紛失した』と言っているが、たとえそうだとしても、連絡を取る方法はいくらでもある。こっちは返金対応するなどバタバタ。自由気まま過ぎます」

そんななか始まったトークイベント。昨年12月に行われた前回は、レオタードを着用するほどノリノリだった岡本だが、この日は黒のダウンジャケットにスエットパンツという普段着で、顔はほぼスッピンだった。

台本では今年のこれまでの芸能ゴシップをブッタ斬ることになっていたが、岡本が真面目に答えたのは最初のベッキー(32)まで。続いて映し出された加藤紗里(25)の顔写真を見るや「なんでこんな女やるのよ。聞いていないわよ。打ち合わせしなさいよ」と激怒した。

そうは言っても、本人がしばらく音沙汰なしだったのだからどうしようもない。それでも岡本は「そんなの関係ない」の一点張りで、これには温厚なふかわもイラッ。

「ここから2人のマジ喧嘩が始まりました。岡本さんの発言に、ふかわさんが『いや、それは違うって!』と制止するパターンがほとんど。あれはネタではなく、ガチンコでしたね」とは会場にいた本紙記者の知人だ。

「5時に――」の降板についても、岡本が番組プロデューサーとの“確執”をニオわせ、ふかわは「芸能界には定められた枠ってものがあるんですよ!」と反論していたという。

異様だったのは、岡本の立ち位置。用意されたイスには座らず、ステージ上に敷かれたござの上であぐらをかきながらトークを展開。疑心暗鬼になっているのか、ござの上に数台のレコーダーを並べ、ふかわに「家で一字一句、文字を起こして出るとこ出るか、オイ!?」と“脅す”場面もあったという。

あまりの不穏な空気に客席からは「2人とも冷静になれ」と大ブーイング。

「ギャラの話にもなって、岡本さんが『このイベントのギャラの取り分も聞いていない』『グッズの収益がいくらなのかも知らされていない』と不満を言いだし、ふかわさんは『結局お金の話か』と不快感をあらわにしていました。見ていて、ふかわさんがかわいそうで仕方がありませんでした」(同)

最後は、とうとうふかわもサジを投げ「自分と同じニオイを感じて好きでしたけど、もうあなたを支えることはできません」と決別宣言。これに岡本も「今日であんたと会うのは最後。このツーショットは見納めよ!」と返し、イベントはかみ合うことなく終了した。

「ギャラの話なんかは、お客さんに聞かせる話ではない。ふかわさんは客席に土下座してわびていました。岡本さんはイベントタイトルを引き合いに出し『これがガチンコなんだよ』と叫んでいましたね」(同)

出典www.tokyo-sports.co.jp/entame/529470/

スポンサーリンク

ふかわりょう 岡本夏生 有吉のコメントは?

当時の事件があった時のニュース動画です。

この揉め事には、

有吉弘行もラジオでコメントしていました。

スポンサーリンク

岡本夏生 1円訴訟に世間の反応は?

「ちょっと変わった人」と評されてた女性がある程度の年を重ねて急に病的に変わってしまうの、かなり多くない? 芸能人だと岡本夏生や松井一代、泰葉や石原真理子とか。ホルモンバランスとかも関係あるのかな。自分も女だしこれから更年期を迎えるのが怖い

 

ふかわは岡本夏生が返却した出演料をネコババして、その事を岡本夏生に指摘されたら岡本夏生が貰ったことにしておいてと言っていたと何かで見た記憶があるのですが。
それが本当ならば訴えたら良いのにとずっと思ってる。

 

本人訴訟ということですが、まともな裁判になるのでしょうか?
ふかわさんに対する嫌がらせのように思います。

 

ふかわさんって、この間もストーカー被害にあってたような…
岡本夏生もしつこいし。
変な人に執着されやすいですよね。
お気の毒です。

 

誰得なことをするとは、、、
もっと頭の良い方だと思ってました。

 

五時夢で仲良くしてた時が懐かしいな

 

岡本夏生に弁護士がついていないのは、誰も弁護できないと判断したからでは?絡まれたら最後って感じのヤバイ女性ですね、、。

 

ただの危ない人になっちゃいましたね

 

ふかわさんも面倒なのに取り憑かれたね。

 

地雷を踏んでしまったのではないか…

スポンサーリンク

岡本夏生 1円訴訟 おわりに

2016年にふかわりょうと岡本夏生のトラブルがあったのは記憶していますが、

まだ訴訟が続いていたのですね。

なんだかなぁ~という感じですが、

こんなことしていても誰も得しないですよね。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント