清水圭 恫喝告白がヤバい!吉本・岡本社長にブチギレ!ブログは?

芸能
スポンサーリンク

清水圭が吉本・岡本社長に恫喝されていたことを告白しています。

清水圭のブログから見ていきましょう。

スポンサーリンク

清水圭 恫喝告白

   出典headlines.yahoo.co.jp

清水圭 恫喝告白のニュースは、次のように報道されています。

 吉本興業所属のお笑いタレント・清水圭(58)が22日、自身の公式サイト内のブログを更新。一連の“闇営業騒動”について会見した同社の岡本昭彦社長(53)から、18年前に恫喝されていたことを明かした。

清水は「忘れもしません。私は18年前の2001年、ドラマ『明日があるさ』第1話において、準備稿に書かれていた私のセリフと出番が、決定稿では半分ほどになり、さらに自分で一番の見せ場だと思っていたシーンが跡形もなくカットされていることを見て、正直憤りました」と回想。当時のマネジャーに「なんでこうなったのかの説明がなかったら俺出られへんわ」と訴えると、後日それまでほとんど面識のなかった岡本氏が突然控え室に現れたという。

「マネージャーを楽屋の外に出し、ふたりきりになってから、私の説明を聞くこともなく、『いきなりなにが文句あるんですか?言うときますけど、テレビ局もスポンサーも清水圭は要らんと言うてるんです。それを吉本がお願いして出られるようにしてあげてるんです。会社のやり方に文句があるなら、いつ辞めてもらってもいいんですよ』と恫喝されました」と告白。「私は『おまえ、所属タレントに向かってそんなひどいことよう言うなぁ。わかった。ドラマには出るけど、もう出て行ってくれ』と言って、帰ってもらいました」と振り返った。

「あれから18年。社長になっても岡本氏はなにも変わっていませんでした。まず人払いをして、話を聞かずいきなり恫喝する。このパターンは私の時と全く同じです。以上のことから考えても、宮迫の言葉は信じるに値します」と断言。「今日の会見においても岡本氏は何度も『コンプライアンス』と口にしました。ひとを平気で恫喝する人間が芸人のコンプライアンスの話をするってどの口が言うとんねん!」と怒りをぶちまけた。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

清水圭 恫喝告白ブログ

現在アクセス集中して清水圭のブログが読めない状況ですが、

こちらが清水圭のブログの画像です。

ニュース記事になった部分以外にも、

こんな指摘もありました。

松本さんと東野の意見はすばらしかったけど
ちょっとズレてるところがあるなぁという部分はありました
誤解を恐れず言うと
若い頃から大崎氏・岡本氏とチームを組んでやってきた
ダウンタウンさんや今田、東野、板尾、木村祐一などは
おそらく他の数多の芸人が感じているであろう吉本の恐ろしさを
あまり知らないまま、今まで来たのだろうなと思いました

 

所属タレントに向かってヤ○ザまがいの恫喝をする人間が
所属タレント6000人、社員1000人を抱える
吉本興業ホールディングスの代表取締役社長でいいんでしょうか
私はこの恫喝だけで、十分辞職していただく理由になると思います

スポンサーリンク

清水圭 明日があるさ 動画

ドラマ「明日があるさ」は吉本興業の芸人さんがメインで起用されたドラマでした。

元々は吉本芸人がドラマ仕立てで出演したジョージアのコマーシャルが好評で、

ドラマ化したものです。

元となった動画を見てみましょう。

引き続きドラマ版でも清水圭が出演しましたが、

出番カットで文句を言ったら、

岡本昭彦氏に恫喝されたと告発しています。

スポンサーリンク

清水圭 恫喝告白に世間の反応は?

清水さんの告白は、吉本の拝金主義、芸人を育てず使い回す、酷い実態を裏付ける点で、貴重な内容だ。
宮迫は擁護する必要はないが、吉本は経営陣交代しか道はない。

 

ひどい話だと思うけど、逆に言えばそこまでしてスポンサーに尽くせば、吉本で出世できるということなのかもね。

 

次から次と、タレントさんからの社長への不満が出ますが、宮迫さんの件と会社、社長 吉本の事は、別々に考えないといけないと思います。宮迫さんが悪い事をしたのは本当の事です。100万円を懐にいれたんですよ、一般人から見れば年間、100万円で苦労しながら暮らしている人も居ます。社長の会見で社員からの不満が一人出て 二人出て もっと もっと これから出て来るでしょう。又 先にたつひとが、社員を 引っ張って行かないといけないので社員には厳しさも必要です。吉本の社長さんとは別に。宮迫さんの問題と吉本の会社の事を別々に考えないといけないと思います。

 

清水は運が良かった 4時ですが人気爆発した流れでけいしゅー5の番組してた ほんま面白くなかった 東京でクイズ番組出たり
吉本の力なくてはテレビに出なかった人と思う

 

これは恫喝というより、出番減ったと駄々をこねるタレントを説得したとも取れるけどな。
マネージャーを外に出したのも、清水のメンツを潰さないようにと。
今回の反社営業で嘘発覚から後手後手の対応は岡本のミスだが、それと清水の件は全く別だよ。
人が落ち目の時に後出しでdisる人間は器量が狭い。
だからいまの清水は落ち目で地上波キー局で露出が少ないんだろうね。
いまだに吉本に所属しているのに。

スポンサーリンク

清水圭 恫喝告白 おわりに

次から次へと芸人側から岡本社長、吉本の体質が糾弾されています。

この流れは、今までの積もり積もったものがあるとしか思えません。

いつどのように終息するのか、

今後新しいニュースが入り次第、お知らせします。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
adminをフォローする
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント