フワちゃん 自宅撮影CMがヤバい!動画はこちら!おうちでラブとポップ

芸能
スポンサーリンク

フワちゃんがリモートワークで自宅撮影したCMが話題になっています。

どのように作成したの?

動画を見てみましょう。

スポンサーリンク

フワちゃん 自宅撮影CM

フワちゃん 自宅撮影CMのニュースは、次のように報道されています。

DJ和によるミックスCD「ラブとポップ ~大人になっても忘れられない歌がある~ mixed by DJ和」のCM「おうちでラブとポップ」編にフワちゃんが出演している。

CMは打ち合わせ、撮影、編集がすべてリモートで行われた。自宅で撮影に臨んだフワちゃんはテレビ電話で指示を受けたり、自分で背景をセッティングしたり、慣れない作業に苦労したというが、撮影後には「テレビ電話でみんながずっと見ててくれて、どうしたらいいのかいつも指示をくれて、本当に1人じゃないんだなって実感した。こうして電波があるだけでみんなとずっと繋がってられるっていうのが実感できて、しかも最高のクオリティに仕上がったから本当にとってもとっても満足です」と語った。

出典headlines.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

フワちゃん おうちでラブとポップCM 動画

それではさっそく、フワちゃんが全てリモートで作成したSM動画を見てみましょう。

昨年8月に発売された「ラブとポップ ~大人になっても忘れられない歌がある~」は、2000年代にヒットしたJ-POPを中心にセレクトしたミックスCD。浜崎あゆみ「Voyage」、モーニング娘。「恋愛レボリューション21」、三木道三「Lifetime Respect」、EE JUMP「おっととっと夏だぜ!」、ブラックビスケッツ「タイミング~Timing~」、m-flo「come again」など38曲が収録されている。

 

CM「おうちでラブとポップ」編は本日4月28日にYouTubeで公開され、5月2日よりテレビでも放送される。楽曲に合わせてノリノリで歌うフワちゃんの姿をぜひチェックしよう。

スポンサーリンク

フワちゃん 自宅撮影CMは不安だった?

フワちゃんはリモートでCMを撮ることに不安があったようですが・・・

なんか最初リモートでCM撮るって聞いたときは、1人きりでやるから、1人で撮ってやり直してっていう孤独な戦いだと思ってたのね。そうしたらテレビ電話でみんながずっと見ててくれて、どうしたらいいのかいつも指示をくれて、本当に1人じゃないんだなって実感した。こうして電波があるだけでみんなとずっと繋がってられるっていうのが実感できて、しかも最高のクオリティに仕上がったから本当にとってもとっても満足です。最高のCMになっていると思います!

スポンサーリンク

フワちゃん 自宅撮影CMに世間の反応は?

最近よく名前聞くからどんな人かなと思ってテレビとかYouTubeで見てみようと思ったけど、どうしても外見の感じが苦手で視聴を辞めてしまう。可愛くないとかそんなんじゃくて生理的に無理なんだよね。だからいまだにどんな子なのかしらない。

 

この子もだけど、最近の常識のないヤツが多すぎる
目上の人への態度とか、とにかく悪い
YOSHIとかいうガキなんか代表だよな
それを許してしまっている周りにも嫌気がさす
結局は話題性、数字が取れればいいという事か
自分が観なければいい、という事なんだよな

 

フワちゃんはYOUTUBERなんだよね。
最初は若手のお笑い芸人かと思った。

 

仕事が多忙で世の中について行けてない自分です。たまたまこのニュースを見たのですが、今の日本は下品になりましたね。この方はメディアに露出する価値はありますか?

 

テレビとYouTubeの境界線はなくなったよね。
まあ、今のテレビ制作側が能無しだから安易に人気?YouTuberを使いだしてる結果なんだろうけど、やっばり面白くないんだよね。
YouTuberはやっぱりYouTubeの箱があってるよ。
テレビもYouTubeも相互効果で面白くなればいいけど、そうはならなさそうだけど。

 

おばちゃんの私にはにはふわちゃんとやらの良さは全く分かりませんが、これで元気が出る人がいるなら素敵な事だと思う。

 

稼げる時に、思う存分稼いでください。
この人の良さがわかる人は、離れるのも早い人たちだと思います。余計なこと言ってすみません。
いや本当に何が面白いのかまったくわからないから、一度ちゃんと向き合って理解するよう努めます。人気あるんだから何かあるんだろう。

スポンサーリンク

フワちゃん 自宅撮影CM おわりに

全部自宅で企業のこのクオリティーのCMが出来るのですね。

驚きました!

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント