ジャガー横田・夫 反論がヤバい!パワハラ無かった?木下医師、教育でやったこと?

芸能
スポンサーリンク

ジャガー横田・夫が、

パワハラ報道に反論です。

どんなパワハラだった?

反論とは?

スポンサーリンク

ジャガー横田・夫 反論

ジャガー横田・夫 反論のニュースは、次のように報道されています。

プロレスラー、ジャガー横田(58)の夫で、タレント活動もする医師の木下博勝氏(51)が19日、勤務先の病院でパワハラをしていたなどと報じた週刊文春デジタルに対して、所属事務所を通して文書で反論した。

17年4月から19年8月まで勤務した「医療法人社団 颯新会」で被害を受けたという看護職員が告発。慰謝料300万円の損害賠償請求と、応じない場合は法的措置を辞さないという内容証明郵便を送ったという。

木下医師は書面で「事実と異なる点が多数あります」として、内容証明郵便は18日に受け取り、今後は「弁護士に依頼し、話し合いを行いたいと考えています」としている。

また、文春デジタルからの質問と、それに対する回答も公開。暴言や暴行に対して「暴言や、まして暴行など、事実無根です」。運転中の医療スタッフに対して、後部座席からシートを蹴ったり、頭を小突くなどしたという指摘には「そのような記憶はありません。言葉で注意することはありました」としている。

その他のパワハラと指摘された件についても、看護師を目指す医療スタッフに対して「医療事故に〓(繋の車の下に凵)がらないように指導してきたつもりです。怒ったり、ほめたり、なだめたり、怒鳴ったり、注意したり、彼にとって有益になる方法を模索して試しました」などとしている。

出典headlines.yahoo.co.jp

木下博勝氏側は、

文春のパワハラ報道には対して、

否定をしています。

 

つまり医療スタッフに対する言動や行動は、

彼のためにやったこと、

としています。

スポンサーリンク

ジャガー横田・夫 パワハラとは?

「木下先生と仕事をした約2年間、毎日のように高圧的に怒鳴られ続け、時には暴力を振るわれたこともありました。ビクビクしながら過ごし、心が休まることはありませんでした。この2年間で『木下先生とは仕事をしたくない』と言ってドクター2人、ナース3人、事務員2人が辞めています。

今、木下先生の度重なるパワハラに対して、訴訟の準備を進めています。弁護士さんに相談して、12月16日付で内容証明郵便も送りました。この2年間、僕がどういう気持ちだったか、どれだけ我慢したかを本人に伝えたくて。慰謝料300万円の損害賠償請求と、それに応じない場合には法的措置も辞さないということも通告しています」

木下医師の実態は、

パワハラ医師だと元従業員が訴訟準備をしています。

スポンサーリンク

ジャガー横田・夫 パワハラ 何をされた?

ジャガー横田の夫の木下医師は、

何をして訴訟騒ぎになったのでしょうか?

「ほぼ毎日木下先生と行動を共にしていて、そのたびに木下先生から厳しい叱責を受けていました。頭を小突かれたり、蹴られたりすることも日常的にありました。地獄のような日々でした」

 

「新人助手の教育も兼ねていたので、3人で訪問診療へ行ったのですが、いつも通り木下先生の当たりはきつかったです。でも、特に理不尽だなと感じたのが、診療が終わって車に戻ったときの木下先生の発言です。新人助手が診療バッグを車のトランクに積んでドアを閉めたら、閉めたときの音が気に食わなかったのか、木下先生が僕に対して突然怒りだしたんです」

 

以下は音声の文字起こしです。

これが日常的な木下医師のパワハラだとのことです。

ドン(ドアを閉める音)

木下氏「そういう風に閉めたら耳がおかしくなるだろ、お前。考えろ」

Aさん「はい、すいません」

木下「『はい』って言ってるけどな、鼓膜破れたらお前金払えんのか? 医者の給料なんぼだと思ってるんだよ。お前、払えると思ってんのか慰謝料」

Aさん「すいません、払えません」

木下氏「絶対払えないよ、お前。反省してる風に見えないんだよ、お前」

新人助手「すいません、先生、私が乗ったから」

木下氏「いや、普段から注意しないと。こいつは軽く注意しても分からない人間だから。こいつのためなのよ。とんでもない人生送ってきたからこう言ってるから」

 

 木下先生は医者が一番偉いという考えなんです。助手の僕が気を遣うのは当たり前で、『おれを誰だと思っているんだ』が先生の決まり文句でした。病院には内科の先生が多いのですが『外科医であるオレは内科医よりも偉い』と話すこともありました。『外科医は体育会系なんだ』と僕への暴言や暴行を肯定するような物言いをすることもありました」

 

「木下先生と訪問診療に回る朝は、必ず30分早く出勤して車のエアコンを季節に合わせて調整しておきます。そして忘れてはいけないのが“木下セット”。先生専用のスリッパ、車に乗るとき用のクッション、『にっぽん烏龍』のペットボトルを2本用意します。この“木下セット”が用意できていないと『診療には行かない』と機嫌を損ねてしまうんです。

 

 以前、にっぽん烏龍が用意出来ず、他のお茶で代用したことがあったんです。すると『あの烏龍茶がないと診療に出られない。買ってこい』と言われて……。周辺の店では見つからず、あらゆるコンビニや量販店に電話をして、隣の市まで買いに行きました。烏龍茶を探している約2時間、患者さんをずっと待たせてしまいました。もちろん患者さんは激怒され、僕が謝罪しました」

スポンサーリンク

ジャガー横田・夫 パワハラで、クビ

ジャガー横田の夫は、

病院側から実質的にクビになっていました。

「医師としての責任感のなさや患者さんへの冷たい態度、Aさんへの暴言などを目の当たりにした患者さんから『木下先生には診察してもらいたくない』といったクレームが頻繁に寄せられました。病院自体を替えるという患者さんも1カ月に4、5人はいました」(同前)

心労を重ね憔悴していくスタッフや、患者からのクレームを見かねて、経営陣は木下氏に対して2019年5月頃に自主退職するよう求めたという。

「スタッフへのパワハラや患者さんからのクレームが問題になっていますと伝え、辞めてくれないかとお願いしました。すると木下先生は『なんでそんなひどいことを言うの?』と自分には非がないという態度で、なかなか辞めてくれなかった。それでも退職を求め続けた結果、なんとか2019年8月31日での退職が決定しました。しかし木下先生は周囲に『(勤め先の)鎌倉女子大学から他の仕事はするなと言われたから辞めた』と話しているようです」

スポンサーリンク

ジャガー横田・夫 反論に世間の反応は?

傲慢な夫だとは随分以前から報じられていたけれど、医者としても傲慢なんですね。
こんなのはタレントとしても医者としても消えて欲しいけれど、ジャガーさんは良い人そうですしね。。
離婚したほうがいいかもよ。

 

もちろん事実と異なる点もあるでしょうが、概ね正しいのではないでしょうか。実はジャガーより恐ろしいオッサンとは今まで気付かなかった。パッと見分からないものですね。

 

ジャガーの相手としてのキャラを作っていたので、今更って感じだけど、よくあるケースですねー。意外に家庭では亭主関白なのかも知れませんね。

 

TVで観る姿はまさにカカア天下のように装ってますが、ある番組で密着撮影してた時の息子がジャガーに対しての振舞いは、父親が母親に対しての姿を浮き彫りにしていたような感じがしていました。
外では、ひ弱な旦那、家では嫁に対しモラハラ全開だったんでしょうね。

 

ちょっと前に、ジャガーさんテレビで観たとき余りにも疲れはてた容貌になっていて、大丈夫?!って思っていたので驚かなかった。こんなことだろうなと。この医者お金持ってるから幾らでも強い弁護士付けて反撃してくると思うけれど、被害者は他にもいるみたいだし、ちゃんと裁かれて欲しいです。弱い立場の者に対して威張るのは、自身が小者な証拠です。

 

魚の骨も全部取ってあげないと食べないってジャガーさんは言ってた。
ものすごい亭主関白とも。
息子さんも子供の可愛らしさを感じないし、ジャガーさんは男性に甘いのかもしれないね。

 

実際に高圧で高飛車な医者は未だに多いな

 

言い方悪いけど
子供を見たら解りました。
母親を明らかに見下している感じ
この方も高圧的な態度なのでしょうね。

 

ジャガーさんは、以前夫は何もできない!
と言っていたけど、何もしないのではなく、命令させられていたのかな?
子供が欲しかったらしく、年齢が年齢だったから、焦っていたのかな?
ジャガーさんは離婚しても良いと思う!

 

やはり医者と言う名の権力を傘にきて高圧的な態度をとっているのではないでしょうか?
テレビに出る時は演じているように思いますが、いかがでしょうか?
何から何までつくっているように思えるのですが皆さん騙されてはいけません。

スポンサーリンク

ジャガー横田・夫 反論 おわりに

ジャガー横田の夫、木下医師。

ワイドショーでコメンテーターをやっていますが、

今後影響が出るのではないでしょうか?

誤解ならば早期に穏便に解決をされた方が良いと思いました。

芸能
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ErimakeeニュースWEB

コメント